鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう。 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の句の出典は何か?

参考資料集 藤原定家『拾遺愚草全釈』 和漢朗詠集・新撰朗詠集

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

柿本人麻呂は相次いで失った二人の妻のために、哀切きわまる挽歌を作っている。 沼津アルプスの一つに徳倉山があり、別名を動物のゾウに似ていることから象山(ぞうやま)と呼んでいますが次の歌が気になっていました。 夕にはまた、舟に木をこりて入れて居たれば、北の風吹きて家に吹きつけつ。 當此之時、雖有良朋、不過爲之長歎息而已。 (1818)61歳の時、乙子神社境内の草庵に居を構えた。

次の

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

假寝かや 道行 「露時雨。 「来ず」「からし ひどい・つらい 」を響かせる。 鶴帰旧里、丁令威之詞可聞。 我戍未定、靡使歸聘。 當是時豈不思歸乎。 卽靑蒿也。

次の

和漢朗詠集P011

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

五更の夜、猿が哀しげに月に向かって叫ぶ。 羣は、衆なり。 華降り下り。 嵩嶽有秘書之谷、雲霞栖其隠居。 風景之最好、嫌曲水之老鶯花。

次の

ぬまとう

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

程子が曰く、此れ皆極めて其の勞苦憂傷の情を道うなり。 臣勞於事而不自言。 初句とのつながりから「思ひ入る」ことの深い意を兼ねる。 ・・・・・ 以前に石川啄木の歌は眼にしたことがありましたが、自分としては(なんとめそめそした歌を歌う人だ〉と思っていましたが、今回の記事をみて、再度検討してみることにしました。 日吉奉納五十首 夏 ちかき 音 ね もほのかに聞くぞ哀れなる我が世ふけゆく山ほととぎす (壬二集) 【通釈】程近い声も、ほのかに聞こえるのが哀れだ。 君のからだは死んで竜門山の上に埋められてしまいましたが、君の不朽の詩名までも埋めてしまうことなどできはしません。 『江談抄』巻六には「張賛」の作として見える。

次の

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の句の出典は何か?

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

この歌では難波江がイメージされる。 煙葉蒙籠として夜の色を侵す。 One winter morning when Nobunaga was going out, he didn't have his own zori shoes. 昔を返す舞の袖。 この題は「秋雁」。 豈日々に相警戒せざらんや。

次の

ぬまとう

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

そよそよと吹く秋風の中、山の蟬が鳴いて離宮の庭園の樹は紅く色づいている。 力或不能相及也。 眞如の月の澄める世に。 三章但言急難、則淺於死喪矣。 瓊娥偸薬、奔兎魄於泰清之中。 「うら」を導くはたらきもする。 巴山で、月に向かって歌いながら、人が遠く旅して行く。

次の

都々逸作品集

鳴か ぬ なら 鳴く まで 待 とう

是れ究め是れ圖れば、亶[まこと]に其れ然らん。 1歳の時に父が渋民村・宝徳寺の住職となり同村が啄木の「ふるさと」になる。 孝養の心空に知られぬ。 雖有兄弟、不如友生。 【補記】建久四年 1193 頃の六百番歌合、春上十七番右勝。 疚、病也。 入りにけり 469 琴の音に峯の松風かよふなり いづれのをより調べそめけむ 琴を奏でる夜の調べに、松風の音がかよいあってひびきます。

次の