プロ サバンナ 事業。 無内容・無価値な「報道」:モザンビーク共和国におけるプロサバンナ事業について、現地農民から反対の声が上がっている事案|ボルボラ|note

池上彰と歩く「アフリカビジネス」「新参者」ニッポンにチャンス!

プロ サバンナ 事業

農民組織の代表であるエステバンさんは、 「農民の意見を聞かずに事業が進められている」などの理由で反対。 また、(3)に関連し、これまで実施してきた、栽培技術の指導や組織運営・販売支援の結果、農作物の収量の増加や農家の所得向上が確認されており、こうした取り組みをもっと進めてほしいという多くの農民の声が聞かれます。 2017年4月、ガイドライン違反を主張するモザンビーク住民による異議申立がなされ、異議申立審査役(注2)が調査を行いましたが、同年11月、ガイドライン違反は認められないとの結論が出されています。 「賛成者は一人もいない」か「賛成者も一人以上はいる」かなど、どうでも良い。 日本の外務省からその後、「未来永劫ビザを発給しないと決定したわけではない。

次の

政府のODA事業の実態は――続く「土地収奪と言わざるをえない状況」 日本が推進するモザンビーク・プロサバンナ事業の現地報告

プロ サバンナ 事業

プロサバンナの正式名称は「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発プログラム」。 また、モザンビーク政府との間では、賛成派・反対派を問わず、可能な限り多くの地域住民・農民の方々の意見を計画に反映させることについて合意しています。 さらに、モザンビーク政府職員とJICA職員は、州代表である私にこの事業への同意を強要した。 我々がアクセスできた複数の関連文書によると、プロサバンナ事業は、モザンビーク、ブラジル、日本政府による巨大事業で、ニアサ州・ナンプーラ州・ザンベジア州内19郡の1450万ヘクタールを対象とし、ナカラ回廊沿いの熱帯サバンナにおいて農業開発を行うためのものといいます。 「支援」のあり方にも、現地の農民たちを尊重する姿勢が必要だと津山氏は強調。

次の

池上彰と歩く「アフリカビジネス」「新参者」ニッポンにチャンス!

プロ サバンナ 事業

プラスアルファで地域全体で考えていくということと理解。 対象地域には1400万ヘクタールの農地が存在し、400万人が居住する。 そして渡辺さんが「土地収奪の現状は、探すのに苦労しないほど頻発していました」と振り返るように、小農たちは自分たちの土地も奪われるのではとの不安に置かれていたのだ。 JICAは声明を「UNACの誤解」と述べたが,どう解決するのか,そのような団体こそ意思決定に含めることが肝要である点。 小括 2009年の合意当初から日本政府は、モザンビーク北部には、ほぼ手つかずの広大な余った農業適地が存在しているという主張をしており、ブラジルのセラード開発で得た知見を活かしてモザンビークで大規模農業開発とアグリビジネスを推進することとされていた。 これ以外に、現地NGOや研究機関からのものが6本ある」と話し、その一部を紹介した。

次の

「JICAに人権侵害を訴えても『確認する』と言うだけ。私たちは侮辱されたと言わざるを得ない」 〜モザンビークの農民が緊急来日、日本のODAプロサバンナ事業の問題点が浮き彫りに

プロ サバンナ 事業

中止を求めているのは、日本のODA事業「プロサバンナ事業」です。 モザンビークでは、農民には土地の所有権がないが、10年間暮らし、耕した土地については、生涯にわたる利用権が与えられる。 ODAのため,日本政府やJICAがビジネスをしたいわけではない。 Hirano Masahito - Japan International Volunteer Center-Japan• しかしプロサバンナ事業の支援対象としている北部地域は肥沃な土地が広がり、雨量に恵まれていることから、高い農業生産性向上の可能性が期待されています。 Associacao Nacional de Extensao Rural AENA• 来日した農民組織の代表者らは直接、安倍晋三首相に書簡を手渡した。

次の

モザンビークの農家たちと共に10年:プロサバンナ事業で農村振興を目指す

プロ サバンナ 事業

「プロサバンナ事業の推進は正しいか」を検討する上ではどうでもよいことである。 )違反はありません。 これはいわば、外部からの特定の仕組みの強要だ。 (なお、強調は引用者による) 「プロサバンナ事業に賛成している農民など一人もいません。 Mitsutaka Hirano - SJF-Japan• 同声明で,失敗したセラードモデルをモザンビークに取り入れるのは困るという主張されるが,ブラジルのセラード開発モデルをそのままモザンビークに適用しようと表現したことはない。 特に、以下の4点を挙げ、提言としてまとめています。

次の

JICAの「プロサバンナ」事業はモザンビークの農民を貧しくする? NGOが現地調査報告会

プロ サバンナ 事業

Mariko Hayashi - Japan• 出荷直前のニワトリを世話する農家 女性たちの農家グループのメンバー 一面に広がるキャッサバ畑 2013年からは、事業対象地域の農家グループごとに、農業技術の普及に加え、作物の加工技術の指導や農業協同組合の設立などにもJICAは協力しています(注2)。 コメンテーター 池上甲一氏(近畿大学農学部教授)、松本悟氏(法政大学准教授、メコンウォッチ顧問、アジア太平洋資料センター理事)、高橋清貴氏(恵泉女学園大学教授、日本国際ボランティアセンター調査政策提言担当、ODA改革ネット世話人)• 「ならば当事者である小農がなぜ話し合いに参加できないのか。 農民は排除され、人権侵害が生じている。 Uniao Nacional de Camponeses-UNA 賛同団体(国際)• 補償金もほとんどもらえなかった。 2009年からおよそ34億円を投入。 渡辺氏は、農民の権利を守る仕組みがないままでは、プロサバンナ事業推進には限界があると指摘。 大学に進学させられるはずだった娘は働かざるを得なくなったという。

次の

政府のODA事業の実態は――続く「土地収奪と言わざるをえない状況」 日本が推進するモザンビーク・プロサバンナ事業の現地報告

プロ サバンナ 事業

豊かとは人間の安全保障のこと。 このプロジェクトのモデルとなったのは、1970年末から日本の支援で進めたブラジルの「セラード開発」だ。 Forum Mulher• こちらでも大筋は変わらないが、グローバル資本主義に基づく搾取構造の形成が懸念されていることが窺える。 Comissao Pastoral da Terra MT -Brazil• しかし、実情は変わらないまま、2015年4月に「プロサバンナ-PD」でマスタープランのドラフト(草案)が公表され、直後に公聴会が強行開催されて、大きな批判が巻き起こった。 プロサバンナ事業の基礎を、家族経営農業による生産システムを破壊し、農民男女を巨大多国籍企業や国際金融機関による排他的にコントロールされた生産プロセスに統合することを企図する、輸出のためのモノカルチャー生産(とうもろこし、大豆、キャッサバ、綿花、サトウキビ等)に基づいた生産や生産性の増大に置くこと•。

次の