税関 検査 事件。 税関検査官・今井陽子 密輸ダイヤモンド殺人事件!

【憲法】検閲(税関の検査、教科書検定)についての試験対策・要点まとめ

税関 検査 事件

社会悪物品の確認(覚醒剤等、拳銃、偽ブランド品など)• なお、憲法上検閲を禁止する旨の規定が置かれている国を含め、諸外国において、一定の表現物に関する税関検査が行われていることも、右の結論と照応するものというべきである。 1 犯則物件 金地金 14塊(合計14,000. 税関検査を回避するには? 税関検査は、職員が疑義を感じるときです。 もし、輸入許可を持っている場合は、の中にある申告区分を確認してみてください。 犯則嫌疑者両名は、香港から金地金を税関長の許可を受けずに輸入し、これに対する消費税及び地方消費税を免れようと考え、平成29年11月3日、自動車用サスペンションに隠匿した金地金200キログラムを税関長の許可を受けることなく不正に輸入し、消費税及び地方消費税を免れ、また同月6日、自動車用サスペンションに隠匿した金地金220キログラムを税関長の許可を受けることなく不正に輸入しようとし、消費税及び地方消費税を免れようとしたが、税関職員に発見・摘発されたものである。 犯則嫌疑者甲は、平成30年8月から同年9月の間、 アップル イン コーポレイテッドの商標権を侵害するケーブル等 4433個 を収納した航空小口急送貨物を計5回に亘り中国から輸入しようとしたが、東京税関職員による輸入検査で発見されため、その目的を遂げなかったものである。 前坂俊之 『言論死して国ついに亡ぶ・戦争と新聞』社会思想社 1993年• ・マクリーン事件 憲法21条1項・外国人の人権 ・定住外国人地方選挙権訴訟 外国人の地方参政権 ・東京都管... 後に行われた記事差止めがに解除されたことを受けて朝鮮人による暴動事件を報じる付。

次の

札幌税関検査事件 控訴審

税関 検査 事件

【犯則物件】 覚醒剤 50,161.11グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、タイ王国来海上コンテナ貨物に覚醒剤を隠匿し、輸入しようとしたが、平成30年10月1日、横浜税関の検査により発見され、その目的を遂げなかったものです。 したがつて、これが憲法に違反するものでないことは別として、右規定の文言をそのままに放置することは相当でなく、一読その意味を理解し得るような文言に改正されることが望ましい。 [10] 3 原判決は、輸入者が自分だけで見る目的でわいせつ表現物を輸入した場合でも、「将来にわたつてその翻意、変動がないことについては、何等客観的保証がないから」輸入の段階で事前に取締まる必要があるかのように判示するが、これは人民を全く信用しない国家主義的、取締優先の思想であつて、憲法の精神に反する。 例えば、我が国民が猥褻書籍の版元を外国に置き、国内からの注文に応じて当該物品を注文者の手元にいわゆるダイレクトメールの形で送るといつた行為は刑法175条にいう猥褻文書の頒布販売に該当するといえる(このような行為は刑法1条の国内犯に当たると解される。 31発見) 【横浜税関】大麻リキッド密輸入事件の告発について(平成31年2月22日発表) 横浜税関は、関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室と共同調査中であるアメリカ合衆国来の大麻リキッド密輸入事件について、平成31年2月21日、日本人男性1名を関税法違反事実で横浜地方検察庁に告発しました。

次の

各税関の摘発事件発表(平成30年) : 税関 Japan Customs

税関 検査 事件

[33] 本件決定によつて本件通知が確定すると、本件物件は被控訴人に引渡されないという法的効果についていえば、右効果は、万国郵便条約29条1項 g 、同条2項、外国郵便規則75条2項に基づく効果であつて、本件通知あるいは本件決定自体の効果ではない。 [20] 3 右の次第であるから、所論憲法21条2項前段違反の主張は理由がない。 )が開かれているのであつて、輸入者に対する司法的救済に欠けるところはないのである。 【横浜税関】麻薬密輸入未遂事件の告発について(平成30年7月9日発表) 横浜税関は、麻薬密輸入未遂事件について、平成30年7月9日、ベトナム人男性1名を関税法違反事実で横浜地方検察庁へ告発しました。 883 グラム(正味数量) (薬物乱用者の通常の使用量 約96回分) 2 事件の概要 犯則嫌疑者は、マレーシアから覚醒剤をハードディスクドライブ内に隠し、国際宅配貨物を利用して本邦宛に発送させ、密輸入しようとしたが、平成30年2月15日、税関職員の輸入貨物検査により、発見されたものである。 不正薬物 【東京税関】米国人男女による覚醒剤密輸入事件を摘発(令和元年12月27日発表) 東京税関成田税関支署と千葉県成田国際空港警察署は、令和元年12月9日、メキシコ 合衆国から入国した米国人男女が、大量の覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して、関税法違反、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月11日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。

次の

[行政事件]札幌税関検査事件について相談があります。

税関 検査 事件

したがつて、集団示威行進等を事前規制することもまた、概念的には一種の検閲であるといい得ることになるが、周知のように、最高裁判所は、いわゆる公安条例による右の事前規制を公共の福祉の下に許容されるとしているのである(・刑集8巻11号1866頁、・刑集14巻9号1243頁)。 を没収されたものではの『』、の『仕懸文庫』、の『金々先生栄華夢』などが有名である。 A「今回の申告外貨物は金額的にも大きい。 この規定自体が表現の自由と公共の福祉の調和点を示したものである。 わいせつ表現物の公然陳列等は、刑法上の犯罪であるから、通常は行われないと考えるべきで、もしあえて敢行されたら、その段階で事後的に取締ることにより規制の目的を達するしかないのであり、これが現行法の基本的立場である。 常に輸出入申告のデータが記録されているため、違反事例が高い貨物や国などの傾向をつかめます。

次の

日本における検閲

税関 検査 事件

」と規定する。 1 犯則物件 コカイン 990. 【横浜税関】大量覚醒剤密輸入既遂事件の告発について(平成30年1月15日発表) 横浜税関は、東京税関、神戸税関、茨城県警察、警視庁、神奈川県警察、千葉県警察、京都府警察、岡山県警察、高知県警察、福岡県警察、長崎県警察、鹿児島県警察、沖縄県警察、海上保安庁国際組織犯罪対策基地、第三管区海上保安本部及び関東信越厚生局麻薬取締部の合同捜査本部と共同捜査中である覚醒剤密輸入(既遂)事件について、平成30年1月15日、日本人男性1名を関税法違反で水戸地方検察庁に告発しました。 すなわち、第一に、関税定率法21条1項3号に規定する輸入禁制品の制度は、我国の公の秩序並びに善良の風俗を維持するうえで極めて重要な制度であるが、税関規制は、この制度の実効を確保するうえで必要不可欠であるとともに事理に適つたものであり、第二に、税関規制は、旧憲法下における検閲制度と対比するとき、その管掌主体である行政機関の本来の所掌事務を全く異にするほか、検査の本来の目的及びその方法、態様において著しい径庭があることである。 【金地金密輸重量及び消費税等ほ脱額(関税は無税)】 金地金 約38キログラム 課税価格 約1億7000万円 消費税 約1,000万円 地方消費税 約300万円 【事件の概要】 嫌疑者らは共謀のうえ、平成29年12月6日から同月7日の間に、香港からの航空小口急送貨物として2つの輸入者を名義とした輸入申告貨物計7件に、上記金地金を、ガラス製置物を内包する化粧箱の底部に分散隠匿し、税関長の許可を受けないで輸入しようとするとともに、上記消費税等相当額を不正に免れようとしましたが、東京税関職員による検査で発見されたため、その目的を遂げなかったものです。 【犯則物件】 第1の事実 指定薬物である亜硝酸イソブチルを含有する液状物5本(39.24グラム) 第2の事実 指定薬物である亜硝酸イソブチルを含有する液状物6本(45.37グラム) 第3の事実 指定薬物である亜硝酸イソペンチルを含有する液状物4本(71.6グラム) 第4の事実 指定薬物である亜硝酸イソペンチルを含有する液状物6本(40.39グラム) 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、指定薬物をチェコ共和国、ハンガリー、又はスロベニア共和国から、4回に亘り、国際郵便を利用して輸入しようとしましたが、平成27年9月24日から、平成28年3月3日までの間に、それぞれ川崎外郵出張所税関職員に発見され、その目的を遂げなかったものです。 [13] 5 一 検閲の禁止は絶対的である。 【犯則物件】 (1)麻薬であるコカ葉 約30.97グラム (2)麻薬であるコカインを含有するオリーブ色植物片 約21.20グラム (3)麻薬であるコカインを含有するセピア色キャンディ様のもの 約37.02グラム (4)麻薬であるコカインを含有する黒色キャンディ様のもの 約26.29グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、上記犯則物件を密輸入しようと企て、平成31年3月4日、中華人民共和国上海浦東国際空港から佐賀空港に到着した際、携帯していたリュックサックに隠匿し密輸入しようとしたが、入国時の税関検査において発見され、その目的を遂げなかったものである。

次の

札幌税関検査事件とは

税関 検査 事件

・憲法判例 ・民法判例 条文別 ・民法判例 事例別 総則 ・民法判例 事例別 物権 ・民法判例 事例別 債権 ・民法判例 事例別 相... [3]二 そこで、前示の控訴人税関支署長のした本件通知及び控訴人税関長のした本件決定が、抗告訴訟の対象となる行政処分に該当するかどうかの点について、以下検討を加える。 【犯則物件】 ・大麻草 合計1496. [4] そして、右の税関検査は、 一 他の法令の規定により必要とされる場合に所定の許可、承認等を受けていることの証明があるかどうか、また、所定の検査の完了等につき確認を受けたかどうか(同法70条)、 二 原産地を偽つた表示等がされていないかどうか(同法71条)、 三 関税等を納付したかどうか(同法72条)のほか、 四 当該貨物が輸入禁制品に当たるかどうか(関税定率法21条1項)の点についても行われるのであつて、この検査の過程で当該貨物が輸入禁制品に当たることが判明した場合には、税関長は、1、2、4号物件に該当する貨物については、これを没収して廃棄し又はこれを輸入しようとする者に対してその積みもどしを命ずることができ(同条2項)、3号物件に該当すると認めるのに相当の理由がある貨物については、その旨を輸入しようとする者に通知することを要し(同条3項)、これに不服のある者には税関長に異議の申出をさせ(同条4項)、それを受けた税関長は、輸入映画等審議会に諮問した上、異議の申出に対する決定をして当該申出人に通知するものとされている(同条5項)。 ただしこの報道の取材源である司法省発表は信憑性が疑われている(の項も参照のこと)。 2016年2月、で抗議するの様子を撮影した動画などが、としての指導によりなどから削除された。 『ひげとちょんまげ』(、毎日新聞社刊)• 犯則嫌疑者は、外数名と共謀の上、税関長の許可を受けないで金地金20個(約20キログラム)を不正に輸入し、これに対する消費税及び地方消費税を免れようと考え、平成27年6月22日、成田国際空港において、身辺に金地金合計20個を隠匿して税関長の許可を受けないで輸入し、消費税及び地方消費税約764万円を免れたものである。 (その他の上告理由は省略する。 憲法第21条第2項が検閲の禁止として事前抑制禁止の法理を定めているとする学説によれば、憲法第21条第2項前段の「検閲」の主体は「行政権に限らず公権力と考えるべきで、司法権も含まれる」と主張し、裁判所による事前差し止めもこれに含むとしつつ、裁判所による事前差し止めは公正な法の手続によるものであることから厳格な要件のもとで例外的に許容されるとする。

次の

札幌税関検査事件 上告審

税関 検査 事件

これは、テロや戦争に転用される可能性のある物品は輸出しないでね、という法律です。 さらに、表現の自由を規制する法律の規定が明確かどうかを判断するには、より明確な立法をすることが可能かどうかも重要な意味を持つと解されるが、多数意見のいうように、同号の「風俗を害すべき書籍、図画」等という規定が猥褻表現物の輸入のみを規制しようとするものであるとするならば、右規定を「猥褻な書籍、図画」等と規定することによつてより明確なものにすることは、立法上容易なはずである。 【名古屋税関】大麻密輸入事犯を告発(平成31年3月26日発表) 名古屋税関中部空港税関支署は、香港人男性旅客が香港から大麻を密輸入しようとしたところを摘発し、愛知県警察との共同調査により、平成31年3月26日、関税法違反嫌疑で名古屋地方検察庁に告発しました。 【犯則物件】 大麻(電子タバコ用カートリッジ) 2.258グラム 【事件の概要】 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、国際郵便路線を利用して上記不正薬物をアメリカ合衆国から輸入しようとしたが、平成30年6月12日、横浜税関川崎外郵出張所職員に発見され、その目的を遂げなかったものです。 なぜならば、本件通知及び本件決定の行政処分性を否定することは、これらに対する出訴可能性を閉ざすものであるからである。 二 控訴人税関長の行つた本件決定の取消請求について [38] 1 被控訴人は、本件決定の理由には、「風俗を害すべきもの」の意味及び本件物件が何故に風俗を害するのかその理由を明示していないから、理由不備の違法があると主張するが、関税定率法21条5項に基づいて行う税関長の決定の理由に、「風俗を害すべきもの」の意味を明示すべきことを定めた規定はなく、右の意味を表示すべき合理的理由もないから、これを表示する必要はないものというべきであり、当事者間に争いのない本件決定の各決定通知書に記載された各決定理由は、当該物件が風俗を害すべきものと認める理由の記載として、欠けるところはないものということができるから、被控訴人の右の主張は理由がない。 」とありました。

次の

札幌税関検査事件 上告審

税関 検査 事件

【犯則物件】 金地金24塊(合計重量約24キログラム、鑑定価格114,695,788円) これに対するほ脱消費税額計7,225,600円、ほ脱地方消費税額計1,949,600円 【事件の概要】 犯則嫌疑者らは、運搬役の韓国人男女5名と共謀の上、韓国から金地金を輸入するに当たり、これに対する消費税及び地方消費税を免れようと考え、平成30年2月1日、 運搬役の韓国人男女5名のうち 一組(女3名)に12塊、もう一組(男女2名)に12塊 を隠匿携行した上、韓国金海国際空港から航空機に搭乗して福岡空港に到着させ、同空港内福岡空港税関支署入国旅具検査場において、それぞれ入国に伴う税関検査を受けるに際し、同支署職員に対し、金地金を輸入する事実を秘し、その申告をしないまま同検査場を通過させ、もって税関長の許可を受けないで 前記記載の犯則物件である金地金計24塊を密輸入するとともに、 これに対する消費税及び地方消費税合計9,175,200円を免れた ものです。 被疑者は、令和元年11月24日、ドイツ連邦共和国から成田国際空港に入国した際、スーツケース底部を二重工作して隠匿したMDMA錠剤10,063錠及び破砕片(合計約5キログラム)を密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。 【横浜税関】覚醒剤、大麻及びコカイン密輸入未遂事件の告発について(平成30年3月23日発表) 横浜税関は、神奈川県緑警察署と共同調査中の、覚醒剤、大麻及びコカインの密輸入未遂事件について、平成30年2月19日及び同年3月23日、犯則嫌疑者1名を関税法違反事実で横浜地方検察庁に告発しました。 【犯則物件】 覚醒剤 約1.8キログラム(薬物乱用者の通常使用量で約6万回分) 【東京税関】スペイン人男性によるコカイン密輸入事件を摘発(令和元年12月27日発表) 東京税関成田税関支署と千葉県成田国際空港警察署は、令和元年12月3日、ブラジル連邦共和国から入国したスペイン人男性が、液状のコカインを密輸入しようとしたところを発見・摘発して、関税法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反で現行犯逮捕し、同月5日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。 【犯則物件】 覚醒剤 20.66グラム (薬物乱用者の通常の使用量688回分) 【神戸税関】液状大麻密輸入事件を告発(令和元年5月20日発表)】 神戸税関は、スペイン王国来通常郵便物を利用した大麻である茶色液状物の密輸入事件に関して、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室と共同調査(捜査)を実施し、本日、スペイン人女性を関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。 【犯則物件】 覚醒剤 1,987.85グラム(薬物乱用者の通常使用量で約6万6千回分) 【事件の概要】 犯犯則嫌疑者は、氏名不詳者らと共謀の上、関税法規定の輸入してはならない貨物である覚醒剤を輸入することを企て、氏名不詳者をして、国際スピード郵便物内に上記の犯則物件を隠匿の上、アメリカ合衆国所在の郵便局にて、福岡市内宛に発送させたが、平成31年3月2日、門司税関福岡外郵出張所職員による郵便物検査により発見され、その目的を遂げなかったものです。

次の