中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン。 サイバーセキュリティ経営ガイドライン(METI/経済産業省)

中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

「情報セキュリティ5か条」とは、OSやソフトウェアを常に最新の状態にすること、ウイルス対策ソフトを導入すること、パスワードを強化すること、共有設定を見直すこと、脅威の手口を知ることの5つを指します。 「指示7」と「指示8」は、有事に備えた体制構築です。 経営者が行うべき7つの取り組み ガイドラインでは経営者の立場から行う情報セキュリティ対策の取り組みが7つ定められています。 情報セキュリティ対策を行うのは誰? 情報セキュリティ対策は、社内の誰かがリーダーシップをとり推進していく必要があります。 1版 IPA(独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター)発行. 情報セキュリティ対策の不備は企業に大きな損失をもたらす 情報セキュリティ対策を後回しにしてハッキングなどのサイバー攻撃を受けた結果、以下のような不利益を被るおそれがあります。

次の

中小企業向け情報セキュリティ対策 : 中小企業における組織的な情報セキュリティ対策ガイドライン:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

PaaS Platform as a Service パース型 AWS や GCP など• この機会に、ガイドラインをもとにして自社の情報セキュリティ対策を進めてみてはいかがでしょうか。 情報セキュリティ対策の必要性 経営者が認識すべき「3原則」と、経営者が実行すべき「重要7項目の取組」がまとめられています。 なお本ガイドラインの付録には、本ガイドラインで挙げた対策の観点で、自社の情報セキュリティの状況をチェックするための情報セキュリティ対策チェックリストがあります。 ひな型をそのまま使うだけでなく、自社の具体的業務に応じた内容を付け加えていくのが理想です。 ガイドラインに沿って対策を進めてみては? 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインに書かれている内容は、企業経営者と情報セキュリティ対策の管理担当者の双方にとってとても有益な情報ばかりです。

次の

IPA が「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の第3版を公開

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

経済産業省は2018年2月に「情報セキュリティサービス基準」を策定しており、IPAが「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」としてベンダー名を公開しています。 「5分でできる5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で実施状況を把握します。 システム部署に対して「うちは大丈夫か?」と聞くのはダメなトップ。 募集の始まったIT導入補助金を申請する際、今回から新たに必須条件として加えられれた「SECURITY ACTION」も、このガイドラインが基準となっています。 「情報セキュリティに関する組織全体の対応方針を定めること」「予算や人材などを確保すること」「必要と考えられる対策を検討させて実行を指示すること」の3つは初期に必要な取り組みです。 実はそれこそが企業にとって大事なことです。

次の

中小企業の情報セキュリティガイドライン 3.0 について

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

クラウドサービスのセキュリティ対策 クラウドサービス安全利用のための 15 項目 No 項目 内容 1 どの業務で利用するか明確にする どの業務をクラウドサービスで行い、どの情報を扱うかを検討し、業務の切り分けや運用ルールを明確にしましたか? 2 クラウドサービスの種類を選ぶ 業務に適したクラウドサービスを選定し、どのようなメリットがあるか確認しましたか? 3 取り扱う情報の重要度を確認する クラウドサービスで取り扱う情報が漏えい、改ざん、消失したり、サービスが停止した場合の影響を確認しましたか? 4 セキュリティのルールと矛盾しないようにする 自社のルールとクラウドサービス活用との間に矛盾や不一致が生じませんか? 5 クラウド事業者の信頼性を確認する クラウドサービスを提供する事業者は信頼できる事業者ですか? 6 クラウドサービスの安全・信頼性を確認する サービスの稼働率、障害発生頻度、障害時の回復目標時間などのサービス品質保証は示されていますか? 7 管理担当者を決める クラウドサービスの特性を理解した管理担当者を社内に確保していますか? 8 利用者の範囲を決める クラウドサービスを適切な利用者のみが利用可能となるように管理できていますか? 9 利用者の認証を厳格に行う パスワードなどの認証機能について適切に設定・管理は実施できていますか?(共有しない、複雑にするなど) 10 バックアップに責任を持つ サービス停止やデータの消失・改ざんなどに備えて、重要情報を手元に確保して必要なときに使えるようにしていますか? 11 付帯するセキュリティ対策を確認する サービスに付帯するセキュリティ対策が具体的に公開されていますか? 12 利用者サポートの体制を確認する サービスの使い方がわからないときの支援(ヘルプデスクや FAQ)は提供されていますか? 13 利用終了時のデータを確保する サービスの利用が終了したときの、データの取り扱い条件について確認しましたか? 14 適用法令や契約条件を確認する 個人情報保護などを想定し、一般的契約条件の各項目について確認しましたか? 15 データ保存先の地理的所在地を確認する データがどの国や地域に設置されたサーバーに保存されているか確認しましたか? 4 つのリスク分析手法• 情報漏洩が内部からの不正であれば、「所詮この程度の会社か」と働く意欲を失ってしまったり、全体のモラルが低下することも考えられます。 このガイドラインでは、中小企業にとって重要な情報を、漏えい、改ざんや消失などの脅威から保護するための情報セキュリティ対策の考え方や実践方法について説明しています。 次から次へといたちごっこのように湧いてくる最新の脅威に対応するためには、企業や個人などのユーザーも常に最新の情報に触れ、対策のアップデートを図ることが重要です。 10~49名以下 100~299名 1000名以上• 全員が情報セキュリティ対策の必要性を理解し、自分は大丈夫と思わず、定められたルールを守ることが欠かせません。 業務と情報を委託する先の情報セキュリティ対策がしっかり行われているか、普段からしっかりと確認しておきましょう。 つまり「お金」と「人」を手当しなさいという意味。 単にポリシー文書を作りなさいという意味ではなく、長期的な「企業としてのセキュリティ方針」を決めることが重要です。

次の

IPAの中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインと今後の進め方

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

50~99名 300~999名. 0の策定にあたって、平成29年7月11日から10月31日にかけて経済産業省とIPAにて「サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂に関する研究会を開催しました。 これが企業のセキュリティ対策と緊急時対応を強化するのです。 この2つがあれば、企業のセキュリティ対策・サイバー攻撃対応の指針決定から、セキュリティポリシー策定、実践的な対策までをフォローできます。 ステップ3ではこれまでのステップを踏まえ、情報セキュリティポリシーを策定します。 なお、ガイドラインは参考資料などと共に、以下のIPAのWebサイトにまとめられています。 管理者層が行う情報セキュリティ対策の進め方 経営者が示す情報セキュリティ対策方針を実行するのは、主に管理職とその部下たちです。 関連情報 東京都の取り組み 東京都では、都内中小企業者等を対象とした、サイバーセキュリティに関する相談窓口を設置しています。

次の

関連報告書・ガイドライン類一覧(METI/経済産業省)

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

IT人材の育成• 0で改訂されており、ランサムウェアの被害が出る中でデータ消失などに対する復旧策が重要だとしています。 情報処理推進機構 IPA 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン Weekly Report に掲載. STEP2 「情報セキュリティ基本方針」を作っていきます。 最後に手順4で「情報セキュリティポリシーを策定」します。 本ガイドラインおよび「SECURITY ACTION」制度の活用によって、ITを利活用している中小企業が情報セキュリティ対策に取り組み、経済社会全体のサイバーリスク低減につながることを期待しています。 必要と考えられる 対策を検討させて実行を指示する• そして社内のセキュリティ責任者・担当者とも定期的にコミュニケーションを図り、サイバー攻撃被害にあった場合に円滑に行動できる下地を作ることが重要です。

次の

第13回 最新版ガイドラインでわかる企業のセキュリティ方針

中小 企業 の 情報 セキュリティ 対策 ガイドライン

更に、法令間で情報セキュリティ対策の詳細について調整されている訳ではありませんので、 ある法令で求められていると想定して実施した情報セキュリティレベルを高めるための措置が、 他の法令に準拠していないという状況が存在する可能性があります。 。 情報セキュリティガバナンスとは経営者が企業戦略として情報セキュリティ向上に取り組むためのフレームワークです。 0でも変更はありません。 ガイドライン等のダウンロード 2019年12月19日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン普及チラシの公開 2019年9月2日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第3版、付録7:リスク分析シートの更新 2019年7月4日 付録5:情報セキュリティ関連規程(サンプル)の更新 2019年4月9日 ガイドライン説明資料の公開 2019年3月19日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第3版掲載 2019年1月24日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインの引用についてを追記 2017年12月26日 ガイドライン本編、付録2:5分でできる!情報セキュリティ自社診断の更新 2017年11月8日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第2. 本ガイドラインの内容は以下の通りです。 まずはステップ1「情報セキュリティ5か条」についてです。 「SECURITY ACTION」は中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。

次の