コンサル ビッグ 4。 Big 4 + α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2019年度版]

日本におけるビッグ4の違い。(KPMG, DTC, PwC, E&Y) 外資系コンサルティングの志望動機の書き方1

コンサル ビッグ 4

念のため繰り返しておきますが、これは今は昔のお話で、現在の話ではありません。 ワークライフバランスも考えて、自分に合わせた成長をしたい方はPwC これでほぼ間違いないと思います。 PwCの採用プロセス NYSE上場企業の大半をクライアントに抱えるとても強いファーム。 官公庁向けの案件が多い• もう3つ目は、大手と比べると経営的不安があり、倒産リスクが高いということです。 ここでのランキングなどは意味がない。

次の

【2020完全版】BIG4比較(デロイト・PwC・KPMG・EY)+アクセンチュアの数字・口コミで見る違い

コンサル ビッグ 4

デロイトと比較をすると、新人を育てる風土は根付いておらず、特に中途にとっては能力が無いと厳しい環境。 ということで 上司とソリが合わなければムリして続けず転職先を探しましょう。 ある程度、転職活動に慣れていて、あまり転職エージェントに依存せず、年収の高い求人情報を求めて登録するには有効です。 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング ・国内監査系は、数年前までは2強2弱体制。 1993年頃からサービスを開始しており、世界的に大きな会計事務所であるデロイトの傘下にあります。 その知見を基にして、企業の経営「方針」にまでアドバイスを行うコンサルティング業務を行うようになっていったのです。

次の

Big 4 + α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2019年度版]

コンサル ビッグ 4

「ツーストライクアウト」は、言葉としてあまり使われてなかったかもしれません。 アクセンチュア:Accenture ・グローバルで40万人以上、 日本でも1万2,000人以上を抱える コンサルの総合商社。 結果、どのファームも似たり寄ったりな感じに。 新人コンサルタントはまずプールに入って業界を絞らずに沢山の種類の案件にアサインできる事がHPにのっている• ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。 この理由は明確にはわかりませんが、MBAが経営学に関連すること、上位ランキングには、急成長を遂げて注目度の高いIT系企業、PEファンドや投資銀行、戦略系コンサルティングファームなど、 経営学や金融分野の知識を活かせそうな企業が多くランクインしていることから、ファイナンスやアカウンティング、もしくは、IT・業務プロセスコンサルティングをメインとするBIG4のビジネスは、経営学を学んだMBAホルダーたちには魅力的には写りにくいのかもしれません。 本部はオランダ。 本社はアイルランド。

次の

総合系コンサル会社で働くこと|本多尚 / Honda NAO|note

コンサル ビッグ 4

外資系企業のように、社員の持分を外国人・外国法人が支配しているという意味ではない。 コンサルタントになるときに利用するエージェントは、「質」にこだわることをおすすめします。 これは大手ファーム同士の合併の引き金となった。 なぜかと言うと、上場しているファームが無いからです。 普通なら最高評価がつけられるべきなのですが… 上司から変なイチャモン、たとえば 「それって運よくマーケットが伸びただけで偶然だよね?」 「何もガンバってないよね?」 こんなのを食らったら平均的な評価になってしまいます(経験あり)。 まあファームが上場する意味ないですしね・・ (じゃあ売上高の項目作んなよっていうツッコミは勘弁してください) グローバルの売上高は公開されているので、手が空いたときに更新します。

次の

【業界研究:総合コンサル】コンサル志望者必見!総合コンサル5社(アクセンチュア、デロイト、PwC、アビーム、KPMG)の事業・社風の比較、戦略コンサルとの違いまで徹底まとめ|就活サイト【ONE CAREER】

コンサル ビッグ 4

また、最近では複数のAI(人工知能)サービスを束ねて効果的に活用するツールである「AI Hubプラットフォーム」を独自開発するなど、「ITコンサル」の枠を超えた活動も目立っています。 E&Yの面接はもう少しテクニカルな質問が多い。 デロイトコンサルティング• 日本の四大監査法人については「」をご覧ください。 このように、現在では、従来の会計という領域を離れて、幅広い領域を融合する中で、コンサルティングファームとしても、非常にユニークかつ強力なプレイヤーになりつつある状況です。 PwCはメンバーファーム制を採用しており、世界各国にPwCのメンバーである会計事務所などが多く存在しているため、財務会計領域では国内でもトップクラスの会社だといえます。 定量面+定性面のまとめ(面接で使える各ファームの違い) ざっくり下記画像にまとめてみました。

次の

BIG4内定者監修

コンサル ビッグ 4

ただ、成長を強く促されることはありませんから、後は本人の意志次第になります。 コンサルタントに向いてないという意味で「貴方には他にもっと合った仕事があるんじゃない?」と、面談ではいわれます。 会計事務所のころの特色が色濃く残っている。 文化も日本的官僚な所あり、勉強が出来て、真面目な人が多い。 この記事の目次• (面接官)米州副統括 トライステート統括リーダー: 彼との面接は、少し変わっていて、自分のレズメに書かれていることを、上から順序を追って、5分でPRするように言われる。 (今回、日本のランキングで挙げられている社名も明確には記載されていませんが、BIG4系の コンサルティング会社だと思われます。 更に、付加価値のつけ方としても、プロジェクトの人員が多いことをレバレッジして、実行支援を手厚く実施することで、戦略系ファームとの差別性を生み出せているという点もございます。

次の

4大会計事務所

コンサル ビッグ 4

2014年時点で従業員数は500名規模でしたが、2020年に2000人規模にすることを目指している アクセンチュア• 設立 デロイト 1993年 PwC 1998年 KPMG 2014年 EY 2010年 アクセンチュア 1995年 いずれも、日本法人の設立年です。 日本でも超存在感のあるファーム。 総合系コンサルティング会社も、戦略系コンサルティング会社と同じように、企業や官公庁などの戦略策定を支援するチームも存在しますが、基本的には、 個別戦略からシステムまでが、総合系コンサルティング会社が担当する事業領域となります。 ただ戦略コンサルの難易度には当たり前だけど及ばない。 何故このオフィスなの?• 総合系コンサル会社の現在 旧会計系コンサルティング会社の現在の社名は、以下のようになってます。 このページでは、コンサル就活でよく耳にする「BIG4」について解説します。

次の

【外資コンサルが語る】外資系コンサルティングファームBig4+アクセンチュアの評判は?

コンサル ビッグ 4

他の大手の転職エージェントは、面接対策などのサポートもしてくれるところが多いので、そこと比較すると少し物足りなさを感じるかもしれません。 戦略と総合の違いや詳しい業務解説は「」という記事にまとめたので、少しあやふやな方は参考にしてください。 ・実システム開発やアウトソーシングを除き、コンサル対応人数として4 ,000~5,000人ぐらい。 後で集めるはずだった50%のお金が集められなくなりそうです。 ただあくまで過去のものなので多少の違いはあるかもしれない。 成長は鈍化傾向。

次の