三菱 エクリプス クロス 中古。 エクリプスクロス(三菱) ディーゼル車の中古車

エクリプスクロス(三菱) ディーゼル車の中古車

三菱 エクリプス クロス 中古

5Lの直列4気筒直噴がラインナップされています。 7万円 支払総額(税込) 305. TV:フルセグ• アイドリングストップ• そして、CX-30にも従来通りマツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」が採用された。 4WDの制御にはオート、グラベル、スノーと3種類のモードが用意されている。 エクリプスクロスはやや高値傾向なので、「値引き次第では買ってもいいかも」という曖昧な感じで、大幅値引きが前提であることを理解させるといいだろう。 JAFに加入していただきますと、会員特典ございます。

次の

エクリプスクロス

三菱 エクリプス クロス 中古

指定工場完備!車検や点検、修理や板金・塗装まで幅広く対応致します。 エクリプスクロスのガソリン車には、FF(前輪駆動)車が用意されているが、やはり三菱車ということもあり4WD車が注目される。 アルミホイール• 低中速域での力強さは、やはりディーゼル車。 5Lガソリンターボエンジンの出力は、150ps&240Nmを発揮。 三菱の世界戦略車である新型エクリプスクロスは、今後約80カ国での展開が計画されています。

次の

三菱 エクリプスクロス 1.5 G プラスパッケージ 4WD(価格:288万円, 北海道, 物件番号:18039513)|中古車の情報・価格【MOTA】

三菱 エクリプス クロス 中古

ところがCX-30は、内外装デザイン共に、マツダ3とは全く異なる。 クルーズコントロール• 運転席エアバッグ• 5Lガソリンターボと2. CX-30は見た目は都会派だが、総合力の高いSUV。 また、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備に関しても、新型エクリプスクロスでは全車標準装備となっているのに対し、RVRでは上位グレードのみに標準装備されます。 それでも独自性を高める理由は、こだわりを持ってCX-30を選んだ顧客の満足度だ。 年式 2019 R1 走行距離 27km 法定整備 法定整備付 納車前法定12ヶ月点検整備付 当店の12ヶ月点検は、70項目に及ぶ点検整備を実施致します。 7 万円 プランなし:304. リフトアップ• 基本装備• 両車のエンジンを比較すると、排気量こそRVRの方が大きいものの、とトルクは完全に新型エクリプスクロスが上回っています。

次の

エクリプスクロス(三菱)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

三菱 エクリプス クロス 中古

これら先進のコネクティビティ装備は、「Apple CarPlay(アップルカープレイ)」や「Android Auto(アンドロイドオート)」との連携が可能です。 タフネス&スポーティ系のエクリプスクロス 自動ブレーキは、義務化の流れにある。 CセグメントのSUVは、世界的に高い人気を誇っており、世界中のメーカーが優れたモデルを投入している激戦区だ。 ただ、世界的にSUV人気ということもあり、高値安定となることは十分に予想できる。 50万円以下• お金をたくさん出して上級グレードを買った人は安全、そうでない人は危険、というクルマの売り方をしていない。 Wエアコン• コストを抑え、より安く提供するということであれば、外観を少し変更した程度に抑え、SUV化するケースも多い。 しかし評価すべきは、グレード間で安全装備の差がないこと。

次の

【三菱新型エクリプスクロス vs RVR】コンパクトSUVライバル車徹底比較!

三菱 エクリプス クロス 中古

後席モニター• 電動格納サードシート 外装• シートヒーター• CX-30のエントリーグレード20Sは、2,392,500円。 ディーゼル車もガソリン車同様で、エクリプスクロスには前走車追従式クルーズコントロールや後側方車両接近警報などが装備されていない。 CDナビ• 4 4WD:14. カセット 動画プレイヤー• チップアップシート• 高速道路などと相性がよく、気持ちよくクルージングできる。 一方、RVRの先進安全装備は「衝突被害軽減ブレーキシステム」「 車線逸脱警報システム」「 オートマチックハイビーム」の3つしかない上に、上級グレード以外には標準装備されません。 いわゆる電子制御カップリング式の4WDだ。 6万円 14. 任意保険の取扱もございます。 高回転域では、ややノイジーだが十分なパワーとトルクをもつ。

次の

エクリプスクロス(三菱)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

三菱 エクリプス クロス 中古

エアコン• 両車でも全く同じサイズとなっています。 助手席エアバッグ• エアコン・クーラー• 上の画像はダイナミックシールドを採用した現行モデルです。 8名 エンジン種別• 全長4. レーンアシスト• TV ワンセグ• また、前席エアバッグや、アンチロックブレーキといった安全機構が備えられています。 本革シート• エクリプスクロスのMはやや装備が物足りなく選びにくいが、CX-30は十分に納得できるレベルになっている。 エクリプスクロス フェイスデザインは、三菱のデザインアイコンでもある「ダイナミックシールド」を採用。 8Lディーゼルターボ、そして世界初となるマツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」が採用されたガソリンエンジンSKYACTIV-Xだ。 30万円以下• しかも、マツダはどのモデルも値引きせずに売る姿勢を崩していないので、値引き商談はかなり厳しい戦いになる。

次の