トーヨー テクノ。 会社概要

会社概要

トーヨー テクノ

本来ならば修理はお断りしておりますが、今回は大昔に弊社と間接的にお取引いただいたミシン業者様のご依頼でありまして何度か現場へ足を運んで色々と調べていただき手持ち部品で直る範囲での基盤のセンサー回路部の故障であるとが予測できたため "直る保証はできないですが" という条件付で受けさせていただきました。 極力ユーザー様にご負担をかける事なく早く修理を完了させるためモーターの取寄せ交換はせず最寄りのホームセンターで材料を購入して部品を製作しました。 なんと電源周波数が50Hzのギャーヘッドがついており60Hz地域では2割ほど速度が上がりオーバーランすることが判明。 [修理先] 直送修理 (北海道 函館市) [故障内容] 自動が入らない(ランプ点灯しない)。 業界随一の調整設備が完成した。 [修理先] 秋田県 由利本荘市 [故障内容] 耳揃えが時々効かない。 基盤パータン焼け。

次の

会社案内

トーヨー テクノ

それぞれの工法により、模様が違ってきます。 [修理先] 愛媛県 喜多郡 [故障内容] カッター走行不良。 帰国後独立。 [原因] 経年劣化による走行ドライバーの故障だと考えられる。 私もその話を聞きまして恐る恐るの試運転となりました。 03-5244-7171 FAX. [原因] 原点リミットスイッチの誤配線及びカッターが惰性で原点を超えてしまう。 [原因] 耳揃え基盤の不良。

次の

瓦葺き替え・瓦塗装・瓦止め・雨もり対策・外壁塗装・住宅塗装・フローリング・水廻りなど、総合リフォーム 増改築

トーヨー テクノ

[修理内容] 走行モーター及びアンプ交換。 一部スイッチの反応が悪いとの相談がありましたが現時点では即対応ができないのでまたの機会とさせていただきました。 パターン保護のためICピンは1本1本ピンセットで外し今後のためにソケット式に交換しました。 高評を得る。 即処理、即対応、日々一生懸命がモットー。 月日が経つにつれて徐々に故障範囲が増え最終的に本体走行ができず仕事にならない状態になりました。 2001年 7月 ISO 9001 認証取得。

次の

トーエーテクノ株式会社

トーヨー テクノ

高評を得る。 [修理時間] 16時間 (1週間ほどお預かり) [担当者より] 予定では納期は2日ほどいただいておりましたが予想以上に破損しており100%直る保証がなくギブアップしようか迷いましたがディラー様にその旨を伝えところ他で修理できる業者はなく直るまで時間をいただけるとの事でしたので考えられる部品を手配しほぼ全部品交換をして修理完了となりました。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 お問い合わせはコチラへ!. 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 解反しない。 2005年 8月 電子整準器を開発、マニュアル機能付は業界発、しかも超コンパクト設計とし他社の追従に差をつけた。

次の

会社概要

トーヨー テクノ

株式会社トーヨーアドテクノは、創業以来、一般住宅をはじめマンション・ビル・公共施設などの 建築物壁面の防水・塗装改修施工に携わって参りました。 当て止め取付け。 1990年12月 東京都足立区千住曙長31-6に本社社屋を購入、移転する。 他にも原因があったのです。 センターリング装置のガタつきで時々手前オーバーリミットが働いてしまう時がある。 紙管を巻き込んでしまってから調子が悪くなったそうです。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。

次の

出張修理規定

トーヨー テクノ

2009年 6月 耐衝撃レーザー墨出し器を開発。 [修理時間] 5時間 [担当者より] 毎回最初のスタート時に動かすとそのまま高速加速して当り止めに激突する事が何回かあり怖くて使用していなかったとの事です。 社名 トーヨーテクノ株式会社 TOYO TECHNO CO. (スイッチ交換) 現場距離 5km 作業時間1時間 基本出張料 10,000円 部品代 2,000円 技術料 6,000円 合 計 18,000円 【例3】 J900(初代式) 全く動作せず。 1949年6月 神戸市長田区にて伊藤善吾が履物縫製業を創業 1951年3月 神戸市長田区に東洋糊引工業所を設立 1956年8月 静岡市若松町に東洋糊引工業所静岡工場を設立 1959年10月 神戸市長田区神楽町に本社工場を新設 1963年3月 東洋糊引工業所を東洋化学糊引株式会社 資本金2,500万円 に改組 1968年2月 静岡市寿町に東洋化学糊引静岡工場を新設し若松町より移設 1971年6月 群馬県館林市に東洋化学糊引株式会社関東工場を新設 1979年7月 東洋化学糊引静岡工場を東洋コーティング株式会社 資本金2,500万円 に改組 1980年1月 兵庫県加古郡に東洋化学糊引株式会社土山工場を新設 1981年2月 静岡県藤枝市に東洋コーティング株式会社藤枝工場を新設 1981年7月 大阪市に東洋コーティング株式会社大阪営業所を開設 1986年1月 神戸市兵庫区高松町に東洋化学糊引株式会社神戸工場を新設し長田区神楽町より移設 1987年2月 東洋コーティング株式会社 代表取締役社長に松岡淳也が就任 1987年10月 東洋コーティング株式会社静岡工場を増設 1988年6月 東洋化学糊引株式会社を東洋ケミテック株式会社と改称 1989年5月 神戸市長田区神楽町に本社社屋新設 1992年11月 東洋ケミテック株式会社関東工場を増設 1997年6月 東洋ケミテック株式会社土山工場を増設 1998年7月 東洋コーティング株式会社藤枝第2工場を新設 1999年11月 東洋コーティング株式会社藤枝第2工場を新設 2000年1月 東洋ケミテック株式会社 代表取締役社長に松岡淳也が就任 2004年4月 東洋ケミテック株式会社・東洋コーティング株式会社 代表取締役会長に松岡淳也が就任 東洋ケミテック株式会社・東洋コーティング株式会社 代表取締役社長に伊藤世一が就任 2005年3月15日 東洋コーティング株式会社 藤枝工場ISO9001認証取得 2005年5月13日 東洋ケミテック株式会社 土山工場ISO9001認証取得 2008年3月13日 東洋コーティング株式会社 藤枝工場ISO04001認証取得 2008年8月18日 東洋ケミテック株式会社 神戸工場ISO9001認証取得 2008年9月1日 東洋ケミテック株式会社 関東工場ISO9001認証取得 2010年4月1日 東洋コーティング株式会社静岡工場を東洋コーティング株式会社藤枝工場に統合 2016年4月1日 東洋コーティング株式会社と東洋ケミテック株式会社を株式会社テクノフローワンとして合併 資本金を9,800万円に増資 関東工場を館林工場と改称. 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 [修理先] 奈良県 橿原市 [故障内容] 耳揃えが動作しない。 [原因] 基盤のコネクター部焼損、リレー劣化。

次の