全国 安全 衛生 週間。 職場のあんぜんサイト:全国労働衛生週間[安全衛生キーワード]

全国安全週間、全国労働衛生週間|安全衛生情報センター

全国 安全 衛生 週間

福山分会までご来局頂く場合、用品が揃い次第、分会よりご連絡を差し上げますので、ご来局ください。 01日~ 07日 -• お願い 商品の交換、返品はできません。 3 全国安全週間及び準備期間における実施事項 主唱者及び協賛者は、全国安全週間及びその準備期間において、安全広報資料の作成・配布、広報、安全パトロールなど全国安全週間にふさわしい行事などを行います。 10月• 第34回 昭和36年度 作業設備をととのえて 職場の安全をはかろう 第35回 昭和37年度 設備を点検整備して 職場の災害をなくそう 第36回 昭和38年度 整理整頓を徹底し 良い作業環境をつくろう 第37回 昭和39年度 作業の環境を点検整備して けがのない明るい職場をつくろう 第38回 昭和40年度 設備・環境を改善整備して 無災害の職場をつくろう 第39回 昭和41年度 設備・環境を点検整備して 災害のない職場をつくろう 第40回 昭和42年度 安全のルールを守って 無災害の職場をつくろう 第41回 昭和43年度 立場・持場で点検して 設備・環境を整備しよう 第42回 昭和44年度 立場・持場で設備・環境の安全化を徹底し 無災害の職場をつくろう 第43回 昭和45年度 設備・作業の安全化と環境の整備をすすめ けがのない明るい職場をつくろう 第44回 昭和46年度 みんなで見なおそう 設備と作業の安全を! 第45回 昭和47年度 さらに進めよう 設備と作業の安全を! 第46回 昭和48年度 みんなで進めよう 設備と作業の安全を! 第47回 昭和49年度 みんなで考え みんなでつくろう安全な職場を! 第48回 昭和50年度 みんなの工夫と努力で さらに進めよう 職場の安全を! 第49回 昭和51年度 みんなで組み込もう 作業の中に安全を! 第50回 昭和52年度 みんなで見直し みんなで考え 先取りしよう職場の安全を! 第51回 昭和53年度 新たな気持で取り組み さらに高めよう職場の安全を! 第52回 昭和54年度 設備と作業を見直し 定着させよう職場に安全を! 第53回 昭和55年度 設備と作業の改善を進め 定着させよう職場に安全を! 第54回 昭和56年度 災害ゼロはみんなのねがい 徹底させよう職場に安全を! 第55回 昭和57年度 災害ゼロはみんなのねがい さらに進めよう職場の安全を! 第56回 昭和58年度 決意を新たに努力と工夫を重ね 進めよう職場の安全を! 第57回 昭和59年度 努力と工夫を重ね さらに進めよう職場の安全を! 第58回 昭和60年度 みんなで考えみんなで築こう 災害ゼロの明るい職場を! 第59回 昭和61年度 みんなで取り組み達成しよう 災害ゼロの明るい職場 第60回 昭和62年度 自主的に取り組もう職場の安全 進めよう設備と作業の改善 第61回 昭和63年度 決意新たに見直そう設備と作業の安全を! 第62回 平成元年度 決意新たに みんなで築こう災害ゼロの明るい職場を! 第63回 平成2年度 災害ゼロはみんなのねがい あなたのために家族のために 第64回 平成3年度 みんなで決意 みんなで努力 前進させよう職場の安全 第65回 平成4年度 設備と作業の安全で 実現しよう 災害ゼロの明るい職場 第66回 平成5年度 "災害ゼロの安全職場!トップの決意・現場の実行" 第67回 平成6年度 職場の安全 家族の安心 災害ゼロはみんなの願い 第68回 平成7年度 つみとろう危険の芽 トップの決意 みんなの努力 第69回 平成8年度 『危なかった』は赤信号 つみとろう職場に潜む危険の芽 第70回 平成9年度 安全はトップの決意とあなたの努力 めざそう災害ゼロの明るい職場! 第71回 平成10年度 今一度確認しよう「安全第一」 つみ取とろう職場にひそむ危険の芽 第72回 平成11年度 見逃すな危険の芽 さらに高めよう職場の安全 第73回 平成12年度 災害ゼロから危険ゼロへ みんなで築こう新しい安全文化 第74回 平成13年度 世紀をこえて「安全第一」 めざそう職場の危険ゼロ 第75回 平成14年度 めざすゴールは危険ゼロ 進めよう職場の安全管理 第76回 平成15年度 危険をみつけて進める改善 高めよう職場の安全管理 第77回 平成16年度 危険をみつけて取り組む改善 トップの決意とみんなの実行 第78回 平成17年度 トップの決意とみんなの創意 リスクを減らして進める安全 第79回 平成18年度 全員参加でリスクの低減 確立しよう「安全文化」 第80回 平成19年度 組織で進めるリスクの低減 今一度確認しよう安全職場 第81回 平成20年度 トップが率先 みんなが実行 つみ取ろう職場の危険 第82回 平成21年度 定着させよう「安全文化」 つみ取ろう職場の危険 第83回 平成22年度 みんなで進めようリスクアセスメント めざそう職場の安全・安心 第84回 平成23年度 安全は 家族の願い 企業の礎 創ろう元気な日本! 第85回 平成24年度 ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害 第86回 平成25年度 高めよう 一人ひとりの安全意識 みんなの力でゼロ災害 第87回 平成26年度 みんなでつなぎ 高まる意識 達成しようゼロ災害 第88回 平成27年度 危険見つけてみんなで改善 意識高めて安全職場 第89回 平成28年度 見えますか? あなたのまわりの 見えない危険 みんなで見つける 安全管理 第90回 平成29年度 組織で始める安全管理 みんなで取り組む安全活動 未来へつなげよう安全文化 第91回 平成30年度 新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災 第92回 平成31年度 新たな時代に PDCA みんなで築こう ゼロ災職場. 22 NEW! 全国労働衛生週間の準備期間においては、各事業場で労働衛生水準の向上を図るため、日常の労働衛生活動に係る総点検を行います。 01日~ 07日 -• このような状況の中、令和元年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2019」において「サービス業で増加している高齢者の労働災害を防止するための取組を推進する」ことが盛り込まれるなど、高齢者が安心して安全に働ける職場環境作りなどがこれまで以上に社会的課題となっております。

次の

全国労働衛生週間に実施する活動のポイント教えます!!

全国 安全 衛生 週間

また、新しく創設されたストレスチェック制度を使ってを推進することや、を充実させること、そして一定の化学物質の管理についての対策も念頭におかなければなりません。 ご希望のお客様は下記のページをご覧ください。 01日~ 07日 - 全国山火事予防運動• 厚生労働省のホームページに新型コロナウイルス感染症に関する情報が掲載されています。 04日~10日 -• 10月• 労働衛生週間の取組 労働委聖週間の主唱者である厚生労働省、中央労働災害防止協会は、下記の取組を実施することになっています。 過去の「労働安全標語」 「労働衛生標語」 年度 労働安全標語 労働衛生標語 昭和52年 安全帽は 必ずかぶりましょう 整備万全 快適作業 53年 ソナエあれば ウレイなし 守ろう 健康の バロメータ 54年 安全は 基本動作の くりかえし 大切な健康 小さな振動 55年 安全は 合図と 確認から 健康のため 手工具を 56年 守ってますか 安全ルール 目立てよくして 元気な父ちゃん 57年 手順を守って 安全作業 徹底しよう 保護具の着用 58年 木は心 安全も心から! 目立て良好 今日も快調! 59年 こだまも応える 確かな合図 健康づくりは 日ごろから・・・ 60年 合図しっかり 応答はっきり 健康で 笑顔の職場 61年 指を差し 声を出し 安全確認 笑顔で作る 健康家族 62年 今日も安全 職場に安全旗 みんなそっろて 職場の体操 63年 作業の前に 安全点検 健康は 働く者の免許証 平成元年 ニコニコと安全暦 今日も丸 笑顔と健康 職場の誇り 2年 ゼロ災を 目ざして励む 危険予知 受けよう検診 守ろう健康 3年 やってるかい指差呼称 守ってるかい基本作業 快適に 今日も明るい 我等の職場 4年 おこたるな 基本動作と 正しい手順 健康は 仕事にゆとり 家族のほこり 5年 「なれ」に頼るな 守ろう基本動作 健康は あなたの財産 家族の宝 6年 今日もまた 初心に戻り 安全作業 流す汗 明るい笑顔で ナイスDAY 7年 身につけた 指差し呼称で ゼロ災害 自分のからだ自分で管理 今日も体操 いちにっさん 8年 ゼロ災害 危険予知の 積み重ね みんなでつくろう 健康職場 9年 安全を すべてに優先 指差し呼称 ここちよい 汗を流せる 快適職場 10年 ゼロ災は 職場みんなの 合言葉 健康管理 さわやか笑顔で 家族も安心 11年 「危ないよ」 その一声が 事故防ぐ 快適な 職場目指して 健康管理 12年 習慣にするのが大事 指差し呼称 健康で いつも清潔 あかるい職場 13年 新世紀 みんなで築こう 安全文化 快適職場 体も健康 心も健康 14年 無災害 一人ひとりの 心がけ 健康を みんなで目指す いきいき職場 15年 忘れるな 基本動作と危険予知 よい仕事 まずは 健康管理から 16年 確認を態度で示そう ヨイカ? ヨシ! 快適職場 つくろう心と身体の健康を 17年 忘れるな 基本動作と 危険予知 健康で 元気はつらつ 快適職場 18年 危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう 明るい職場 心と体の健康管理 19年 かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全 つくろう快適職場 まもろう 心と体の健康 20年 危険な作業 リスクアセスで事前にキャッチ 見直そう 生活習慣 自分の体 21年 あなたです かくれた危険 摘みとる主役 心と体の健康管理 今から 自ら 職場から. 厚生労働省は、10月1日(火)から7日(月)まで、令和元年度「全国労働衛生週間」を実施します。 昭和36年からのスローガン復活は、科学的、組織的な安全管理の推進を呼びかけようという動きを反映させたものである。 また、協力者に対し、支援や協力を依頼します。

次の

安全用品・ポスター等のご案内

全国 安全 衛生 週間

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施しているもので、今年で70回目になります。 01日~ 07日 -• 当協会の職員等には時差出勤や在宅勤務を推奨するとともに、政府の基本的対処方針を踏まえた取り組みを実施しています。 総点検は、各事業場の実情を踏まえて行われ、その内容は、メンタルヘルス対策、過重労働による健康障害防止対策、労働衛生管理体制の確立、作業環境管理、作業管理、健康管理、労働衛生教育などについてです。 2 主唱者、実施者等 全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱者となり、これに、各労働災害防止協会が協賛し、関係行政機関、地方公共団体、安全関係団体、全国安全会議、地方安全会議、労働組合、経営者団体が協力者となり、実施者である各事業場が各種の行事や安全活動にかかる総点検などを行います。 11月• (2)準備期間中に実施する事項• 第1回 昭和3年度 一致協力して怪我や病気を追拂ひませう 第2回 昭和4年度 健康は身の為 家の為 國の為 第3回 昭和5年度 締めよ心 盡せよ設備 第4回 昭和6年度 安全は協力より 第5回 昭和7年度 國の礎 我等の健康 第6回 昭和8年度 國の護りぞ 身を守れ 第7回 昭和9年度 守れ安全 日本の飛躍 第8回 昭和10年度 産業安全 祖國の守護 第9回 昭和11年度 國の礎 産業安全 第10回 昭和12年度 興せ産業 努めよ安全 第11回 昭和13年度 安全報國 銃後の護り 第12回 昭和14年度 興亜の偉業に 輝く安全 第13回 昭和15年度 守れ安全 輝く日本 第14回 昭和16年度 總力戦だ 努めよ安全 第15回 昭和17年度 誓って安全 貫け聖戦 第16回 昭和18年度 必勝の生産 鉄壁の安全 第17回 昭和19年度 決戦一路 安全生産 第18回〜33回 昭和20〜35年度 戦後は、戦時中の産業報国運動に対する批判もあり、安全週間から統制色を払拭したいという気持の現れからも、スローガンによる呼びかけを行わず、以来、第33回(昭和35年)まで、スローガンなしの安全週間がつづいた。

次の

職場のあんぜんサイト:全国安全週間[安全衛生キーワード]

全国 安全 衛生 週間

全国安全週間は、昭和3年に初めて実施されて以来、戦時中も含め、一度も中断することなく続けられており、事業場における自主的な安全管理活動を通じた労働災害の防止などに大きな役割を果たしています。 そのときの課題、施策等を踏まえたスローガンが公表され、週間中は看板、ポスター等として広く事業場に掲示されます。 20日~26日 -• 全国労働衛生週間の期間において、各事業場では、事業者などによる職場巡視、安全旗の掲揚、スローガンなどの掲示、労働衛生に関する表彰、労働衛生に関する作文、標語などの掲示、緊急時の訓練など労働衛生の意識高揚のための様々な行事を行います。 FAX:084-924-4331• なお、 期日指定の場合、別途2,000円必要となります。 (1)本週間に実施する事項• 2009. 受講者の健康状態の確認、身体的距離の確保、マスクの着用、フェイスガードの使用など個々の事業の実態に即した新型コロナウイルス感染予防対策を徹底します ので、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 全国安全週間の期間において、各事業場では、経営トップによる安全への所信表明、安全パトロール、安全に関する職場の集い、安全表彰、安全旗の掲揚、安全に関する作文や標語などの発表、緊急時の訓練など安全週間にふさわしい様々な行事を行います。

次の

安全用品・ポスター等のご案内

全国 安全 衛生 週間

12月• 全国安全週間 1 全国安全週間とは 全国安全週間は、「人命尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的とした取り組みを行う週間です。 令和2年度スローガン エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減 令和2年度 全国安全週間実施要領 全国安全週間実施要領の頒布に関するお知らせ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、建災防本部窓口(安全衛生総合会館7階)での実施要領の対面頒布を休止し、 FAXでのご注文のみのお受付となります。 11月• 1 厚生労働省PDF)12月1日よりストレスチェックの実施が義務化(労働者50人未満の事業所は当分の間努力義務)となります。 2011. このような社会的な取組が現在までの長い期間にわたって続けられてきたことは素晴らしいのですが、近年の労災の認定状況や社会をにぎわせたブラック企業の問題などを考えると、まだまだ労働者に対する健康上の配慮が十分だとは言えません。 全国安全週間の準備期間においては、各事業場で安全活動の定着と安全水準の向上を図るため、安全活動に係る総点検を行います。

次の

安全衛生標語集

全国 安全 衛生 週間

17日~23日 - 薬と健康の週間• また、協力者に対し、支援や協力を依頼します。 関係者の皆様にはご不便・ご面倒をおかけしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 01日~ 07日 - (2009年6月廃止)• 17日~23日 - 3月 [ ]• 2019年 安全衛生行事予定表 (クリックして開く). 過去の安全衛生行事予定表はこちらからご覧いただけます。 今年の標語は『無事故で締めよう 行く年を 無事故を誓おう 来る年に』詳しくは• 01日~ 07日 - 法の日週間• 11日~17日 -• (労働安全衛生マニュアル)を開設いたしました。 余裕をもって注文をお願い致します。 2 「春の全国交通安全運動」実施時期:4月6日より5月7日まで 詳しくは• 10月• 安全衛生行政の行事 全国安全週間 日程 7月1日〜7月7日 内容 全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ることを目的として、昭和3年から実施されています。 あなたのスローガンが日本中の職場で使われるかもしれませんよ。

次の

全国安全週間の歴代スローガン一覧|安全衛生情報センター

全国 安全 衛生 週間

全国労働衛生週間は、昭和25年から実施されています。 土、日、祝日(当協会が指定する休業日、年度末棚卸期間を含む)の発送業務は行っておりません。 04日~10日 -• 10日~16日 -• 全国労働衛生週間 日程 10月1日〜10月7日 内容 全国労働衛生週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、国民の労働衛生に関する意識を高揚し、さらに、事業場における自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康の確保と快適な職場環境の形成を図ることを目的として、昭和25年から実施されています。 01日~ 07日 - 文化財保護強調週間• 11月• このような状況を踏まえて、改正労働安全衛生法(平成31年4月1日施行)に基づく、労働時間の状況の把握や長時間労働者に対する医師の面接指導等の実施の徹底、病気を抱えた労働者の治療と仕事の両立支援を社会的にサポートする仕組みの整備、化学物質対策については、ラベル表示・安全データシート(SDS)の交付・入手の徹底に取り組むこととしています。 全国安全週間 準備期間:令和2年6月1日~6月30日 本週間:令和2年7月1日~7月7日 全国安全週間は、労働災害を防止するために産業界での自主的な活動の推進と、 職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的とした厚生労働省主催の運動です。 この機会に自主的な労働衛生管理活動の大切さを見直し、積極的に健康づくりに取り組んでみましょう。 30日~9月5日 -•。

次の