アーカム の 天測 儀。 ヨーリオンinレガシー! 80枚軍団の進撃(レガシー)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

アーカムの天測儀/Arcum's Astrolabe

アーカム の 天測 儀

氷雪を利用するデッキでは1でを減らさずにを増やせるのは便利。 Making Magic 2019年8月26日 その他。 0一しま 12月22日 23:08• 月刃の忍び ちょいと重たいけど、新忍者。 危うく《Taiga》も買うところだった。 で、買い足したvolcanic islandとボブとレンは結局どうすんの、というのはおいおい考えるとしよう。

次の

禁止制限告知:スタンダードにて《死者の原野》が禁止、パウパーにて《アーカムの天測儀》が禁止に

アーカム の 天測 儀

Goblinlackey1 - 「ヨーリオン・ゴブリン」 レガシー 2020年4月23日 4 《》 1 《》 2 《》 2 《》 4 《》 3 《》 1 《》 4 《》 1 《》 1 《》 4 《》 4 《》 1 《》 -土地(32)- 4 《》 1 《》 1 《》 4 《》 3 《》 3 《》 2 《》 4 《》 3 《》 2 《》 1 《》 1 《》 1 《》 4 《》 2 《》 1 《》 1 《》 1 《》 1 《》 -クリーチャー(40)- 4 《》 4 《》 -呪文(8)- 1 《》 -相棒(1)- 4 《》 2 《》 1 《》 1 《》 3 《》 3 《》 -サイドボード(14)- 《》を出し入れして盤面から相手のクリーチャーを蹴散らし、《》などで生成したゴブリン・トークンを《》で投げつけてからトークン再生成して一気にフィニッシュに持って行ったり、線が細く見えるゴブリンたちも爆発力は十分に備えている。 流浪のドレイクのときと比べて、公式のPauper環境の注視具合が強まっていることを感じます。 URデルバーは《若き紅蓮術士》を採用できるようになり、RUGと仲良く、レン6普及以降上り調子にあったコンボを牽制している。 特に、下環境で青緑系が環境にいないことはしばらく無さそうですし、 まあ、妥当な予想ですね。 Maples 8月20日 23:16• カードの選択肢が非常に多い種族なので、あれも使いたいこれも使いたいと構築の時点でもう楽しい。 おそらく一番強いと思います。 ビー玉を回収することで、ドローの高速連射を行うことができる。

次の

MOチャレンジ(モダン):優勝はスゥルタイウルザ、トップ8にはタイタンシフトやドレッジ、5色白日ニヴやバーンなど

アーカム の 天測 儀

1マナ除去枠の 4枚には稲妻を 3。 とりあえず《きらめく鷹》・《コーの空漁師》を軸にしたデッキや3色以上のデッキの弱体化は避けられません。 相手の動きを止めるか、ドローで手を進めながら展開するかの二択を 2ターン目から選択できるわけです。 1 , T :好きな色1色のマナ1点を加える。 啓示の雨 インスタントで3枚カードにアクセスできるのは破格の性能。 また、の変換だけでなく通常マナを氷雪マナへ変換するという使い方も可能。

次の

購入報告: たった1マナで1ドローできる置物

アーカム の 天測 儀

そういえば、英語名かっこいいよね。 1枚100円を切っており,さすがに底値なのでお買い得だった。 もっともパウパーでは2019-10-25から禁止されている。 ボロスデッキに有利でない青フェアリー系のデッキは禁止カードも相まって数を減らすでしょう。 今、天野リリアナのFoilを求めて灯争大戦を剥く人がどれだけいるのか?ここ最近ヒットした対策カードと言えば《夏の帳》なわけだが、強力すぎて対策の域を超えているという声も聞こえてくる。 2色デッキもこのカードで色マナが安定するので安定性が増しますが、回収シナジーがないといらないかも。 でも蛆たかりは対象を取らないのが偉い。

次の

【モダンホライゾン】pauper注目カードをレビュー!!

アーカム の 天測 儀

戦いの舞台。 わざわざ色を増やす理由は、 ゴブリンの技師。 受けたくは無い しかし、モダンホライゾンがカラーパイを破壊した。 待てよ…我々はそんな前例を見たことがあるはずだ。 総じての潤滑油として優秀な1枚である。

次の

【MTG 高騰】氷牙のコアトル メリット4つの氷蛇

アーカム の 天測 儀

これからも活躍できるカードだと言えると思います。 割りとサイド後のWillの枚数がシビアになるが、それでもロングゲームを求められるデッキに消費期限の短いカードを入れたくないという思いが強い。 大分、安定するようになったので備忘録として。 青いカードはまあまあ入ってるのでいいかな。 もう1枚パウパーからの天測儀が禁止されました。 とりあえずどれくらい強いのか試してみたいですね。 これまでは選択肢がなかったというだけで、実のところモダンに集まっていたプレイヤーたちはそれぞれ違う要素をモダンというフォーマットに求めていたのだろう。

次の

アルーレンデッキ:ジョニーのMagic Onlineレガシー日記

アーカム の 天測 儀

が、蓋を開けてみれば、フェッチとの組み合わせで色の概念を破壊。 後ゾンビ感が少ないのがマイナスポイント。 ペスト 実は何に強くて何に弱いのかすら知らないので不明。 そうでなくとも、何気にこの土地、素引きすると後々フェッチで持って来る土地の選択肢が大分緩くなることに最近気がついた。 精神の掻き寄せ マッドネスで使いたいディスカード手段。

次の