路線 バス 共同 経営。 熊本のバス5社、共同経営への移行合意 路線再編などで:朝日新聞デジタル

熊本のバス5社「共同経営」に合意 重複路線調整し運行効率化|【西日本新聞ニュース】

路線 バス 共同 経営

東海・甲信越• 準備室は熊本都市バス内に設置し、各社が常勤社員を派遣。 今日の段階では、その「もやもや」を書き残しておこうと思います。 共同経営の方向で合意した熊本のバス5社社長と熊本市の大西市長 右 ら(27日、熊本市役所) 2019年10月の政府の未来投資会議で、地銀とともにバス再編も議論され、現在の独占禁止法に抵触する共同経営の規制を緩める特例法案が今通常国会に提出される見通しになっている。 《レスポンス編集部》. 県と熊本市も交えた検討会で共同経営を決めた。 熊本電気鉄道はこれまで、九州産交バスとの重複路線で共通時刻表の導入などを進め利便性向上を図ってきた。

次の

熊本県の路線バス5社が共同経営へ 利用低迷や運転手不足で

路線 バス 共同 経営

(和田剛). 5社は九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス。 。 複数のバス事業者が乗り入れる重複路線は熊本市中心部に多く、利用者からは「バスが連なって来て、もったいない」「交通渋滞の原因になる」と批判があった。 政府は、地方のバス会社や銀行を地域経済に欠かせないインフラと位置付け、経営統合や共同経営に独禁法を適用しない特例法案を整備。 今通常国会に改正案を提出する。 バス5社は、2020年度中に共同経営計画を策定し、国の認可を受けたい考え。 私たちが「お客様」でいいのであれば、どんなしくみだって構わない。

次の

熊本県の路線バス5社が共同経営へ 利用低迷や運転手不足で

路線 バス 共同 経営

成立すれば10月にも施行の見通しで、5社は2020年度に国に認定申請し、施行に合わせて共同経営に移行する。 路線バスは車両30台以上を保有する全国232社の7割超が赤字で「地域住民の足」の維持が課題となっており、県内5社は競合路線の調整など、経営合理化による収支改善を目指す。 この日の検討会では今年夏までに路線バスの利用データを精査し、秋にはバスと熊本市電の一律100円運賃の実証実験を実施することも公表された。 シビアにそのサービスの良否を判断し、便利であれば使う、不便であれば使わない、それだけなのです。 熊本県内のバス事業者5社は27日、2020年度中に「共同経営」の事業形態に移行する方針で合意した。 (和田剛). バス路線網の再編や運行体制、利便性の向上施策などを検討してきた。 しかし、政府は地方の生活インフラ維持のため独禁法の適用を緩和する方針を決め、今通常国会に特例法案を提出する予定だ。

次の

熊本のバス「共同経営」〜私たちが「お客様」でいいのであれば答えは一つ|さいばとしゆき|note

路線 バス 共同 経営

さらなる支援をお願いしたい」と求めた。 最適な運行計画を立案する。 一方で、人口減少などによって基盤的サービスを持続的に提供することが困難な状況となっている。 乗客の少ない地方路線を小型のコミュニティーバスや乗り合いタクシーに移行し、捻出した運転手を他路線に投入することを目指す。 熊本のバス5社は九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス。 (1)(7)以外は「できるのにしてこなかったこと」でもありますし、それにしても「共同経営だけが唯一解なのか」ということは知りたいところです。 主な内容を各紙記事からまとめると、 (1)それぞれの事業者は独立したまま (2)事業者間で調整のしくみを作り (3)バス路線の重複区間の最適化 (4)バスレーンの導入 (5)バス路線の幹線・支線の整備 (6)共通定期券・均一運賃の導入 (7)運転手や車両の最適配置 を行い、収益面・運用面で都市圏路線の効率を改善し、そのことで過疎地路線の維持も行おうということのようです。

次の

バス存続へ危機感あらわ 熊本5社「共同経営」、路線譲渡で活路探る|【西日本新聞ニュース】

路線 バス 共同 経営

九州産交バスの森敬輔社長は「各社単独での効率化では生き残れない。 課題の乗務員不足にはバス各社で人員を融通することも今後議論していく。 (独禁法?しかし「とさでん交通(土佐電気鉄道+高知県交通)」の事例あり) (2)「船頭が多くて物事の決定が遅い」状況が起きないか。 誰のための何のための「共同経営」なのか。 1日約4000台のバスが発着する=熊本市中央区桜町で2020年1月27日午後3時59分、清水晃平撮影 熊本県内のバス事業5社は27日、利用低迷や運転手不足で経営難が続く路線バスの共同経営に合意した。

次の

熊本のバス5社、共同経営への移行合意 路線再編などで:朝日新聞デジタル

路線 バス 共同 経営

(4)バスレーンって、特例法案とか事業共同経営とは全く関係ないですよね。 準備室での具体的な検討項目はこのほか、共通定期券や均一運賃を導入したり、利用者の少ない路線は自治体と連携して乗り合いタクシーなどの導入を促したりする。 5社に共同経営の議論を呼び掛けてきた大西一史熊本市長は「バス交通を維持、発展させるためには事業者の枠を超えた取り組みが重要。 共同経営に移行しても自治体からの支援は必要だという。 政府は、地域の路線バスの維持を図るため、経営が厳しい乗合バス事業者同士の合併や共同経営をしやすくするため、一定の条件の上で独占禁止法の適用を除外する法案を閣議決定した。

次の

熊本のバス「共同経営」〜私たちが「お客様」でいいのであれば答えは一つ|さいばとしゆき|note

路線 バス 共同 経営

しかし情報不足で今回の取り組みの良し悪しが判断できないところも多く、また個人的には「もやもや」するところもあります。 ICカードも、バス無料も、今回のことも、私たちはいつも「お客様」扱いです。 長距離路線を持つ熊本バスは、他社との重複路線が比較的少ない。 バス5社は現在、全体の運営費が年約90億円で、そのうち自治体から30億円弱の補助金を得ている。 県内のバス事業者の九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バスの5社と県、市は19年3月に「熊本におけるバス交通のあり方検討会」を発足。 5社は昨年3月から、県や熊本市と過疎地でのバス路線網の確保や運転手不足の解消のため再編に向けて協議を続けていた。 お客様にバスの存廃が「自分ごと」として捉えていただくよう、声を聞き、一緒に考える機会を設ける必要はなかったでしょうか。

次の

熊本のバス5社、共同経営で合意 独禁法特例法で課題に対処:時事ドットコム

路線 バス 共同 経営

(6)共通定期も今だからできるようになったことではなく、実際楠団地線の産交・電鉄など実施例があります。 路線譲渡に前向きな姿勢を示す一方、譲渡で運賃収入が減る事業者に対する公的支援の必要性も訴えた。 政府が今通常国会に提出予定の独禁法特例法案の成立を見据え、4月に準備室を設置し具体策の検討を進める。 共同経営は独禁法に抵触するため、政府が通常国会に提出予定の規制除外特例法案の成立・施行を待ち、早ければ2020年度中の計画の認定申請を目指す。 (5)路線網再編は2008年「バスのあり方検討会」から論じられてきたことであり、これも独占禁止法にふれるものではなく、なぜ今なのか。 国土交通省によると、バス事業者が共同経営の方針を発表するのは全国初。 乗合バス事業は、国民生活の基盤となる「基盤的サービス」で、他の事業者による代替が困難な状況にある。

次の