コロナ ショック サバイバル。 コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

NHK スペシャル出演で大反響の冨山和彦氏『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』5月9日緊急出版!4月30日から電子版の先行配信決定

コロナ ショック サバイバル

4月23日の予約段階で、すでにAmazonのランキング上位になるなど、大注目の一冊です。 日本の企業のかたち、会社のかたち、金融のかたち、それからもっと広く言うと社会保障制度等々。 その典型がロックフェラーとか、ああいう世界です。 そんなリーダーがいてはじめて、最前線を担う現場は思い切り闘える。 冨山和彦の本「コロナショック・サバイバル」の評判は? 新型コロナウイルスが今だに収束しない中、緊急出版された富山和彦さんの著書「コロナショック・サバイバル」 今後、コロナ禍で経営が窮地に追い込まれていくことを予想し、どのように生き残るかの指標が示されています。

次の

コロナショック・サバイバル(その2) :: アイネックス税理士法人

コロナ ショック サバイバル

いつまで続くんですかね~」って、5人の男性と似たようなメッセージになるに違いない。 37%でなく、3. 修羅場の経営者のための8つの心得 過去の経済危機の歴史において、同じ業種でも企業の生死を分けたのは、要するに危機到来時における、手元流動性 現預金 の潤沢さ、金融機関との従来からの信頼関係、そして平時における稼ぐ力 特に営業キャッシュフローの厚み と自己資本の厚みである。 コロナショックに日本企業がどう対峙すべきか?という点について論じた本です。 コロナショックは、20年前のバブル崩壊後の金融破綻、10年前のリーマンショックとその後の東日本大震災といった危機に続く大きな危機だが、これまでの危機とは大きく異なる点がいくつかある。 それで、いざというときにお金を渡そうと思ったら「雇用調整助成金だ」と。 小規模事業者の苦肉の生き残り戦略である。 この本は儲けのために書かれている訳ではない(と推察する)ので、既に冨山さんが各メディアで語っている内容も多分にあり、NewsPicksやNHKで冨山さんが出演されたコロナ特番をご覧になられた方は最初ほどの衝撃はないと思いますが、提言の根拠となる実体験が詳細に書かれており、よりリアリティと納得感をもって読めると思います。

次の

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

コロナ ショック サバイバル

コロナによる経済的影響がどのような段階で進んでいくのかが構造的に理解でき、経営者は今何をすべきかがまとめられています。 さらにこの状況下では、悪い情報を恐れず、短期のPLよりキャッシュを重視しつつ、「何を残し何を削るか、トリアージ」が判断基準が難しいところなので苦労する箇所です。 「今後の見通しや企業が危機を乗り越えるための方策を提言。 会社が個人の生活を支えるという前提で全部設計されています。 悪い情報をあからさまにする。 ・危機の時代はリーダーの時代。

次の

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画 (文春e

コロナ ショック サバイバル

どの分野においても、知名度と実力が必ずしも一致しないのが日本型社会の特徴なのかもしれない。 経済同友会政策審議会委員長• 目先のPLなんか後回し。 東京大学法学部卒。 東京大学法学部卒。 インテリと金持ちに、さらなる富の集中が起こる それで第4章のポストコロナです。 日本においてはすべての企業倒産は悪である それに加えて、過去の危機における克服のモデルというのが、やっぱり基本的に現状維持型のお金の入れ方をしています。

次の

『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』心ある日本の経営者たちへ、事業再生のプロからの提言

コロナ ショック サバイバル

格差が広がらないので、ある意味では変なストレスが起きないんですよね。 冷静かつ説得力ある情報整理と向き合い方の示唆が、適切過ぎて読むとただただ頷く事しか出来ません笑。 経営者は全員必読です。 誰よりも体を張り、リスクを取り、ハードワークし、結果責任を背負うべきはリーダーである。 詳しくは本を読んでいただいたほうがいいんですけど(笑)、基本的な構成として、第1章から第2章は「今回相当厳しいことになりますよ」ということが書いてあります。 具体的な提言について、著者は続編を準備しており、6月にも刊行予定だという。 株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、冨山和彦氏著 『コーポレート・トランスフォ ーメーション 日本の会社をつくり変える』電子書籍版を6 月 12 日 金 より、電子書店で先行配信いたします。

次の

コロナショック・サバイバル

コロナ ショック サバイバル

経営危機に際して、 企業に致命傷を与えかねない重大なBad Newsこそが 重要なThe Newsなのである。 ということは貸す側からすると、不良債権化することになるんです。 産業崩壊、金融崩壊、雇用崩壊、経済崩壊の危機との戦いにどう勝ち抜くかを解説する。 先ほどご紹介に預かった本(『コロナショック・サバイバル日本経済復興計画』)を書いたんですね。 「飲食店の営業時間が時短になっているみたいですが、〇〇さんは外食派ですか?自炊派ですか?」 「ご自宅でお仕事できる業務なんですね。 今回の経済危機という観点での深刻さは、明らかにリーマンショックとは質が違っています。 本書は「事業再生のプロ」冨山和彦のビジネスマン人生の集大成ともいうべきものである。

次の