ソロモン エクスプレス。 ナイトファイター

ナイトファイター

ソロモン エクスプレス

敵対勢力である「軍」のMSの多くを凌駕する性能を持ち、パイロットのアムロの成長と相まって「」で伝説的な戦果を上げる。 なお、テレビ版第1話でアムロが拾ったガンダムのマニュアルに描かれた図版は準決定稿をもとにしており、完全に没になっていた訳ではない。 5メガワット)が用意されていたとする資料もある。 ジオン軍の一連のMSに単一機種で対抗可能なよう設計され、装甲材はRX-77から引き続きを採用。 『』2009年12月17日放送の1コーナーで語られた実物大ガンダム解体後の現状をサンライズに電話取材した際のコメントによると、「複数のブロックに分解して、国内数カ所の某所に保管されており、マニアに場所を突き止められないように定期的に保管場所を移動している」とのこと。 展示ステージの解体も4月11日から開始され4月20日に完了した。 FA-78-2• 0』付属解説書にも「広域を焼却するためのものと考えられる」という記述がある。

次の

Solomon Express

ソロモン エクスプレス

有効射程は短く、近接戦闘用である。 頭部は・などの精密機器の体であり、の・の負担を減らすために搭載されたコ・セッサーが補助を兼ねている。 劇中で使われることなくボツとなった設定としてがある。 -1では新機軸のや、の粒子をIで収束・形成する「・」、さらにのを的に織り込んでいる。 0m 42. 8号機については『MSV』以外の設定はない。 ランドセル 背部ランドセルにはタキム社製NC-5型をサブジェレーターとして2基内蔵する。

次の

ナイトファイター

ソロモン エクスプレス

2t 材質 ルナ・チタニウム合金 RX-78-2と同様 搭乗者 (小説版) 『MSV』で設定された。 のシールドとは同じもの という説と、材質など細かい部分が異なるという説がある。 のイラストによれば、シンプルな下半身はほぼジムそのもので、額のV字アンテナがなく、代わりに側頭部から2本のアンテナが伸びている。 RX-78ガンダム系 - エムペ!無料ホムペ作成. 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 ビームライフルのデザインもテレビ版と異なる形状であったが、ベルファスト出港後からはテレビ版と同じ形状に変更されている。 設定の変遷 初出である『MSV』(1984-1985年)では、6-8号機はジムの母体となったことと、実戦参加記録は残されていないらしいことが記述されたのみで、デザインは起こされていない。

次の

【ガンダム】ソロモンエクスプレス 破壊のバーゲンセール!?禁忌に触れた幻の仕様とは・・・(音声対応版)

ソロモン エクスプレス

RX-78SP• 飢饉の最中にも関わらず聖武天皇がを造ったように、歩くガンダムは国の象徴になる。 。 テレビ版『』第12話のエンディング映像のラストでは、本仕様の頭部をもつが登場する。 ジオン軍は設計補助にしかコンピュータを使わず、可変生産システム「FMS」でMSの開発製造をしていた。 発表時点では技術的な目処が立っているわけではなく、実現のためのアイディアを世界中から募集するという状態で、2019年にその成果を公開する予定としていた。 - MSN産経ニュース 2010年12月18日(2010年12月20日時点の)• 『ケイブンシャの大百科211 完全版機動戦士ガンダムプラモ2大百科』勁文社、1985年2月、41頁。 RX-78NT-1• これは新たな敵と対峙した場合、コンピュータが自らプログラムを更新するもので、パイロットは攻撃と回避に集中することが可能となった。

次の

ナイトファイター

ソロモン エクスプレス

1号機の2週間後に2号機が完成し、ともに走行・戦闘テストが繰り返されている。 シールド 伸縮機構を持ち、格闘武器としても使用可能。 4t 全備 60. 2018年の実写映画。 題名では「水中型ガンダム」だが、作中では「アクア・ガンダム」または「ガンダム」と呼ばれる。 この際、左腕と頭部を失いながらも仁王立ちとなり、上方を飛ぶジオングの頭部をビームライフルで撃破したシーンは「 ラスト・シューティング」と呼ばれ、ポスターなどに多く描かれる有名なシーンとなる。

次の

プロトタイプガンダムとは (プロトタイプガンダムとは) [単語記事]

ソロモン エクスプレス

さらに総生産数8機の設定も継承された。 RX-78AN-01• ガンナーガンダム [ ] 諸元 ガンナーガンダム GUNNER GUNDAM 型式番号 RX-78SP 全高 18. FA-78-3 (フルアーマーガンダム3号機)• 同ゲームで登場するキャスバル専用ガンダムに比べ立体化される機会は少なく、わずかに玩具「」の「ガンダム(セカンドバージョン)」、プラモデル「」の「ゼータガンダムMSコレクション」、香港バンダイ限定商品「可動戦士ガンダム」の「ティターンズカラーバージョン」程度である。 メインジェネレーターであるタキム社製NC-3型核融合ジェネレーターはコア・ファイターに2基内蔵し、ランドセルのコ・ジェネレーターと組み合わせることでザクの5倍の出力を発揮する。 腰部 各部マウントラッチを有するほか、NC-7型のサブジェネレーターを内蔵する。 以前のものと違い、台座がなくなり、主構造の鉄杭を地下数十mに打ち込んでいる。

次の

ナイトファイター

ソロモン エクスプレス

ガンプラを題材とした2013年のテレビアニメ『』の最終話では、クライマックスの場面で主人公の父親、のガンプラとして登場し、主人公を援護する場面が描かれた。 宇宙世紀0082年に設立されたMSパイロット訓練学校「トップガンダム」に在籍するシェイド・ノヴォトニー中尉が搭乗し、に乗りバグダッドのジオン残党の3機と交戦、機体にダメージを受けながらも奇策により殲滅に成功する。 式番号の-1はを示している。 - Narinari. 分離してGブルとなってア・バオア・クーの地表に降り立ち、メガ粒子砲で穴を開けて部隊に内部への進入口を作っている。 カメラ・アイはジム系のゴーグル・タイプ。 これにともない、腰回りに出力強化用の補助システム、膝に冷却ユニットが装備されるといった仕様変更がおこなわれている。 設定の経緯 テレビ版とは設定が異なる小説版『機動戦士ガンダム』に登場する、のとの戦いで乗機のガンダムを失ったアムロ・レイに与えられた機体が原典で、「G3」または「ガンダム」と呼ばれる。

次の

Solomon Express

ソロモン エクスプレス

原作小説『ア・バオア・クー攻防戦』ではジオン軍の試作型MA・ビグロ改との戦闘で大破しており、帰還したかどうかは不明である。 『機動戦士ガンダム』の総監督であったは、当初本機のカラーリングを白一色にしようとしたが、それでは玩具化した際にカラフルな他のものに負けてしまうため、最終的には赤・黄・青のになった(白一色のロボットはのちの『』で実現する)。 実物大ガンダム [ ] 実物大ガンダム(じつぶつ・だい - )は、RX-78-2ガンダム像を設定通りに頭頂高18mサイズで作った立像モデル。 3t 全備 84. 1号機はサイド7での運用試験のあとは記録がなく 、同地でのジオン軍の奇襲により破壊されたとする説もあるが 、真相は不明とされる。 ハーフガンダム [ ] 漫画『』に登場。 写真で詳細を紹介したい。 プラモデルのマスターグレード「RX-78-2 ガンダム Ver. 予算は税金ではなく奈良の大仏と同様国民の浄財で賄う。

次の