デート アライブ 21。 デアラ(デートアライブ)の最新刊(22巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

デート・ア・ライブ 21|橘公司, つなこ|キミラノ

デート アライブ 21

話しかけるだけで好感度がゴキブリ以下に下落していくほどの極度の男嫌いで、かわいい女性が大好きないわゆる。 本来は同僚であるジェシカたちのやり方には燎子と同じく反発を覚え、折紙に愚痴と共に情報を洩らした。 似たような名前が縁で仲良くなった。 養護施設にいた後に星宮家に引き取られ、義理の両親と義姉の 星宮朝妃(ほしみや あさひ)に大切に育てられる。 〈ナイトメア〉こと狂三とは深い因縁があり、自らの意思で人間を殺戮する狂三を抹殺することが自身の使命であり、存在理由だとしており、過去何度も殺してきた。 DEM社の空中艦〈アルバテル〉との戦闘では神業的な顕現装置の操作技術を持って〈アルバテル〉を一方的に退け、折紙とエレンの戦いの時には〈フラクシナス〉の砲撃でエレンの注意を逸らし、折紙を援護した。 身長148㎝。

次の

デート・ア・ライブ21 十香グッドエンド 上 (ファンタジア文庫)

デート アライブ 21

その際、「……時崎狂三。 霊装はドレスとスカート(白色)、頭部を囲う浮遊するリングから流れるベールのウェディングドレスのような天使型霊装 〈神威霊装・一番()〉。 。 かつての事件当時よりも冷酷なまでに人格が一変していて、折紙と真那からはDEMに加わっていることを疑念視された。 その後、六喰の霊力が封印された後で、「興が冷めた」として自ら士道にキスをして反転状態を解除、その際に「私を、『十香』をあまり哀しませるな」と告げた。

次の

デート・ア・ライブ22 十香グッドエンド 下(最新刊)

デート アライブ 21

消滅したはずだったが、再び開かれた〈凶禍楽園〉で実体を伴って凜緒と共に現れる。 五河 琴里(いつか ことり) 声 - 14歳になる士道の義理の妹。 12巻で暴走し忘我の域にあった士道が口にした台詞から、澪が士道と彼女の共通の過去に関わっており、失った過去の中で彼女がDEMに拉致された結果、記憶を消されてDEMに所属するという状態になったようであると推測されていた。 そして、二度目の2月19日では一連の真実を聞き、〈フラクシナスEX〉内部に侵入してきたエレンを迎え撃ち、士道と琴里の三人でウェストコットたちと交戦する。 岡峰 珠恵(おかみね たまえ) 声 - 士道たちのクラスの女性担任。 その正体は であり、 でもある。 その自分の元の姿を嫌うという強迫観念には「そういう風に決まっている」という別のものがあるが、本人にもわかっていない。

次の

アニメ『デート・ア・ライブIV』公式サイト

デート アライブ 21

DEM社の実質的なトップで、各国の上層部に顔が利く。 そうした過程からか、短編では分身に結構舐められている。 そして、〈フラクシナスEX〉の装甲を切り裂いて内部に侵入し、士道を殺そうとするが、真那に阻止される。 その前に去年のファンタジア祭で入手したデアラ21巻が当初は怖くて読めませんでしたが最後まで見届けてありがとう!って言えるくらいの気持ちを込め意を決してこれから読みます! 皆さんの力を貸してください! 皆の反応 最終巻、読ませていただきました。 対峙した者からすれば、自分達人間をそもそも同じ生物として見てはいないと評される。 狂三が何度殺されても蘇るのは、このためである。

次の

デート・ア・ライブ

デート アライブ 21

校内での「恋人にしたい女子ランキング」は第3位。 五河士道の戦争が今、始まる! 本来は表裏一体である〈神蝕篇帙〉と〈囁告篇帙〉が同時に存在するという矛盾が生じていて、〈囁告篇帙〉から〈神蝕篇帙〉へ向けて検索の妨害・遅延によって牽制することができる。 そして、交戦の末に自身の切り札である〈ロンゴミアント〉をエリオットに放つが、エリオットの切り札である〈ゴングナー〉との衝突に撃ち負けて敗北する。 彼女の大好物は、基本人格がパン好きなのに対して、ツナマヨおにぎり。 これからもゲームやアニメ等でもこの作品の世界を楽しんでいきたいです。 そして、二度目の2月19日に美紀恵やミリィと共に天宮駐屯地にいるところを数体の〈バンダースナッチ〉に襲撃され窮地に陥るが、六喰の〈封解主〉によって瞬間移動した折紙に助けられた。

次の

デート・ア・ライブ22 十香グッドエンド 下(最新刊)

デート アライブ 21

細分化された玉座を剣ではなく、全身に鎧の様に纏う 【装(レートリヴシュ)】も存在する。 ノルディックブロンドの長髪が特徴の美女。 略称は「 デアラ」。 識別名は 〈プリンセス〉。 現在の士道は澪によって再組成されて産み直された存在であり、精霊の力を封印する力はその時に与えられたものである。 前回のラストから一年。

次の