ジュエル オーキッド 育て 方。 【ジュエルオーキッドのまとめ!】販売禁止の理由や種類等11個のポイント!

葉の模様を楽しむ蘭、ジュエルオーキッド(宝石蘭)。マコデス・ペトラの育て方と増やし方

ジュエル オーキッド 育て 方

夏場も要注意です。 スポンサーリンク ジュエルオーキッドの楽しみ方 ジュエルオーキッドは園芸店のほか、熱帯魚店でも販売されています。 置き場所については、 高温多湿を好みますので、気温と湿度を指標に決めるとよいでしょう。 葉の形や葉脈、花も個性豊かなジュエルオーキッド。 真夏以外においては半日陰が良いとされます。 原生地が東南アジアな植物だけに、寒さには強くありません。 次は、 ジュエルオーキッドの枯れる原因と対策についてお伝えします! この3つを押さえて、上手に育てていきましょう。

次の

ジュエルオーキッドの育て方|種類、特徴は?

ジュエル オーキッド 育て 方

こちらは開花したジュエルオーキッドの花です。 ですので、強い光は非常に苦手です。 寒い地域では室内で育てるとよいでしょう。 そうなってしまった葉は基本枯れ落ちてしますので、しばらくは水を与えず、他の葉も痛んでしまわないようにケアをするのがいいのかと思います。 ジュエルオーキッドを挿し木で増やす際に必要になるのは、 挿し木用の用土と 枝になります。 一口にランと言っても非常にたくさんあります。 山野草の販売会などに出かけると出会うこともできます。

次の

ジュエルオーキッドの育て方| 植え替えや水やりは必要?増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ジュエル オーキッド 育て 方

また、多湿にしすぎたまま通気性の悪い室内に置いたままにしておくとカビが生えることもあるので注意してください。 やり方は非常に簡単で、挿し木用の土に、枝を挿して終わりです。 丸みを帯びた葉に網目模様が美しい「マコデス」の仲間と、シックな黒に縦縞が映える、細長い葉が特徴の「シュスラン」の仲間があります。 気温と湿度に気をつけましょう。 エアコンで温度を保つときは、乾燥しすぎないように注意してください。

次の

ジュエルオーキッドの育て方|種類、特徴は?

ジュエル オーキッド 育て 方

まずは、最もメジャーな種類の マコデス・ペトラ。 これを用いて、増やすことができるんです。 葉の色が濃く、つやがあるものを選びましょう。 ツイッターで写真や動画を頻繁に投稿しているので、よければフォローお願いします!• 【肥料】 特に肥料は必要ありませんが、月に1回程度を目安に液体肥料を少量与えても良いでしょう。 その中で、花よりも葉っぱを楽しむランとして知られるのがジュエル・オーキッドと呼ばれる種類になります。 蒸れやすいという特徴がありますが、乾燥が苦手なジュエルオーキッドにはぴったりなんです。 スポンサーリンク ジュエルオーキッドの特徴 ジュエルオーキッドは南アジアから東南アジアなどを原産とするラン科の多年草です。

次の

テラリウムにも最適!ジュエルオーキッドの育て方。「グリーン好き夫婦オススメの珍植物」第6回|Zing!

ジュエル オーキッド 育て 方

若葉が茶色っぽくなってきたときは枯れ始めているサインです。 土壌には通常の培養土でも構いませんが、ここでは扱いやすい水苔での仕立て方をご紹介します。 花がついた茎については枯れてしまうことがあります。 株が弱る原因となるので、発見したらすぐに霧吹きや粘着テープなどで取り除きます。 ハダニは、葉の裏などに住みついて植物を弱らせてしまいます。 たまに霧吹きと、まれに活力剤をやるだけで、ほぼ放置で割と上手くいってます。 70%程度の湿度を理想とする植物なので、冷暖房などの乾いた風が当たらないよう気をつけてください。

次の

【ジュエルオーキッドのまとめ!】販売禁止の理由や種類等11個のポイント!

ジュエル オーキッド 育て 方

ですから備え付けタイプで行うとよいでしょう。 施肥はまだしてませんが、鉢カバーの水をハイポネックス原液の1万倍液にする予定です。 空気の流れが無いと、ムレてしまうので、空気を送る設備を何かつけましょう。 生息地も同様です。 鮮やかな緑色のマコデス・ペトラと異なり、赤紫色を帯びた葉の色が印象的です。

次の

テラリウムにも最適!ジュエルオーキッドの育て方。「グリーン好き夫婦オススメの珍植物」第6回|Zing!

ジュエル オーキッド 育て 方

寒い時期はそれ程生育しません。 ジュエルオーキッドの育て方では、蘭の栽培向けに販売されている土を用いたり、水苔を使ったりして、簡単に栽培ができます。 害虫の付いた株を買ってしまうと後になって株が弱ったり、他の植物へ被害が及んだりする可能性があります。 3日でこれだけ状態が改善されたのですから、適した環境で育ててあげることがどれだけ大切か実感しました。 蓋があればめったに乾くことがないので、水やりの目安は月に1回程度。 通年を通して直射日光ではなく、高温多湿で適度に明るい場所を好みます。

次の

ジュエル・オーキッドの育て方

ジュエル オーキッド 育て 方

直射日光のあたるような場所での育成には適していません。 とても小さく目立たない花ですが欄を思わせる花を付けました。 お店などでよく見かけるもので、深緑色の幅が広めの葉が特徴です。 真冬でも窓際の日向は案外温度が上がります。 お気に入りものを見つけてみてください。 花は一応ついていますが、葉っぱよりもかなり小さいです。

次の