ハロルド ロイド。 Opticien Loyd

【柳下美恵のピアノdeシネマ2016】第4回『ロイドの福の神』ゲスト新野敏也さん

ハロルド ロイド

だから世間でも前情報が一段と少なくなっていたのだ。 『 ()』 (1938年)• 『 ()』 (1920年)• もう一つ関係ないのですが、何年か前に三宅裕司が出てるクイズ番組で「キートンが映画で笑わなくなったのは?」という問題の答えは「父親のジョー・キートンの言葉が原因だ」という事でした。 そんな悩める若きジャッキーの転機になったのがユエン・ウーピン監督との出会いとウーピン監督作『』 78 『』 78 である。 現在観ることのできる「化物屋敷」には、そのシーンは残っていないので、まったくもって無駄な怪我になってしまったようだが…。 。

次の

バスター・キートンとチャップリンとロイド

ハロルド ロイド

喜劇からドラマの女優へ転身し、『男性と女性』 1919年)、『四十二番街』 1933年)等に出演。 あの男はやはりハロルド・ロイドで間違い無かったのだ。 映画の前半でフットボールの試合が出てくるのでHalfbackとなっています。 本作が手をつけた大学スポーツものは、が『の大学生』'27であらゆる運動部かけもちという趣向、が『ご冗談でショ』'32で徹底的ないんちきをやりますが、ロイドの本作はクライマックスの試合は最初だけギャグ混じりながら、すぐに超人的な活躍をするロイドに豹変してまともな真剣試合になり馬鹿にされていたロイドの名誉挽回になります。 しかし、キングコングが悪評で高層ビルから足を滑らして落っこちるのに呼応して『プレイ・ロイド』までも轟沈したではないか! こんなメチャメチャな上映で前評判も情報もなかったから、島ちゃんと僕はガラガラの劇場に入った瞬間、「やはりチャップリン、キートンは時代を超えても評価されるけど、三番手のロイドは誰も相手にしない程度の、昔はウケたけど今はダメな代物かもね」「とりあえず、古典映画の勉強には役立つと思って見るだけ見てみよう」と喋っていた。 - (英語)• レガシー [ ] この映画はにによりに加えられた。

次の

ハロルド&クマー クリスマスは大騒ぎ!? : 作品情報

ハロルド ロイド

(講談社『週刊ヤングマガジン』連載、単行本全12巻)• 最近の「マイノリティ・リポート」(2003年米)に至るまで、様々な作品に様々な形で再現されている。 (左の写真)『ロイドの水平』 ミルドレッド・デイビスと ・4作目の長編 1923年)は、その年の興行成績で第4位の大ヒットとなり、ロイドの一番の代表作となった。 近年は『 ロイドの要心無用』(ロイドのようじんむよう)のタイトルで知られている。 『 ()』 (1923年)• それに対して疑問を持ったのが、プロデューサーのハル・ローチとハロルド・ロイドです。 - (英語)• 彼らも最初はこのようなドタバタ劇を作っていましたが、いつまでも同じことをやっていたら、自分たちは埋もれてしまうのではないかと思ったのです。 「命知らずの喜劇王」には、彼の指の欠けた右手が映ったホーム・ムービーが挿入されていて、大変貴重である。 初長編『ゴリラーマン』はなユーモアと、シリアスな展開の混在を特徴とした作品であったが、第2作『』でアメリカン・系の絵柄に変えて、作風を大幅に変更した。

次の

【柳下美恵のピアノdeシネマ2016】第4回『ロイドの福の神』ゲスト新野敏也さん

ハロルド ロイド

もっとも、ロイドも最初からこの格好をしていたわけではない。 また、『』など日本のテレビ番組にゲスト出演した。 日本では1970年代の後半に、「ロイド小劇場」()としてのナレーション入りで放送している。 それでも見栄を張り、故郷のミルドレッドに高価なプレゼントを送り続ける。 キートンは何度かノイローゼやアル中などの問題で映画制作会社からの信用が無くなって仕事も無くなった。

次の

ハロルド・ロイド

ハロルド ロイド

3em;margin-right:. そういえば、この「要心無用」も、アメリカに住んでいた頃にテレビで観た記憶がある。 上流階級を演じたキートン、下層階級を演じたチャップリンとはその点でも異なっている。 つまり挙式予定の婚約者の結婚式をいわゆる「どたキャン」して恋人ラルストンと挙式した模様。 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. Ebert, Roger. 原題に合わせ、かつ恋愛の仲立ちをするという内容もふまえ、強引に『ノートルダムの仲立ち男』というタイトルを付けさせていただきました。 ハロルドは友人のビルが壁のぼりしているのを思い出し、売り込む。 自身が、漫画家を志したきっかけから連載に至るまでを語っている。

次の

ハロルド・ロイドの映画作品

ハロルド ロイド

『 ()』 (1932年)• ロイド喜劇には動物がただ顔を見せに出てくるわけではない。 また『』や『』はキャター映画と言うだけあって、ギャグ映画では長編全編で10枚前後の挿入字幕がキャター映画ではその倍くらいには増えていました。 彼女が遠くから叫ぶと、字幕の文字もまた小さくなっている。 現在でもリバイバル上映され、などから映画史に残る傑作コメディ映画の1本と評価されている。 隣に座るロイドが覗きこみ、店の名前をペギーと交互に読み上げます。 ところがせっかくの新婚生活も災難続き。 売り場の上司; ウェストコット・クラーク• 「要心無用」では、ロイドが時計の針にぶら下がるシーンがある()が、後に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年米)に引用されていた。

次の