転移 したら 山 の 中 だっ た。 [B!] 転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。(じゃがバター)

第7話 商業ギルド

転移 したら 山 の 中 だっ た

敵が魔法を使ってきたり、突然現れることに慣れるのが先だ。 海沿いに歩く。 夢だってことにして、じゃあやることなんだっけ? 一つ、火の確保。 森の浅い場所に入る、こっちは普通のウサギのほうが少ない。 煮沸するのがいいんだろうけど、鍋がない。 「ナルアディードはあらゆるモノを扱っているんですよ」 金色にそそのかされて、ナルアディードの奴隷商へ。 とても島っぽい。

次の

第161話 頼りになるのは

転移 したら 山 の 中 だっ た

不思議なことに水の中でも木の乾燥はするらしい。 ここもとても島っぽい。 地図を見て【転移】してきた。 精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー。 149• 』著者のじゃがバター先生にインタビュー! 作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました! 小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは? 2015年ごろからです。

次の

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。 ツギクルブックス : じゃがバター

転移 したら 山 の 中 だっ た

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など) イラストを見せていただいた時です。 225• 小枝を焼べて一安心。 巻き込まれた代償として、神から複数のチートスキルと家などのアイテムをもらう。 明日にしよう。 787• ウサギを解体というか、ツノを取り魔石の有無を確かめ袋に収めるディーン。 これは執事におしつけてくる案件。 受付の人が書いてくれたのは、鑑札がなくても魔物の査定の受付をしてくれるように、鑑札がわりの証明書だ。

次の

『異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。 (ツギクルブックス)』のレビュー じゃがバター (ツギクルブックスさん)

転移 したら 山 の 中 だっ た

164• フェア• 思わず半眼でディーンを見る。 287• 荷物そのままだし。 の商標です。 体力と腕力が今すぐ欲しい、いや、なんでもできる魔法のほうが欲しいか。 周囲にウサギ穴がないことを確かめて踏み込む。

次の

転移したら山の中_試読版

転移 したら 山 の 中 だっ た

フェア• 327• 次回は香草も持ってこよう。 うん、そうしよう。 4894• 翌日はやっぱり明け方の鳥の鳴き声で起き、行動を始める。 三本ツノの狼の爪より遅い。 魚の油が使われていて、けっこう臭う上に 煤 ( すす )もひどい。 『斬全剣』を使っているが一応柔らかいところを狙ってみた。

次の

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。

転移 したら 山 の 中 だっ た

もう一度振り返ればあったはずの車もない。 文字が絵になるのは感慨深いですし、うれしいです。 「ギルドに卸させてください」 「はい、ではこちらを持って隣の建物にある10番の窓口で査定を受けてください」 とても事務的だけど、それがいい。 こういう融通が利くのはいいよね。 「匂い……美味くなるのか?」 俺の問いにさあ?とばかりに肩をすくめてみせるディーン。 カロリーはコーラでしばらく保つけど食べられないの覚悟した方が良さそうだ。 反動で強さよりも快適さを選びました。

次の

第161話 頼りになるのは

転移 したら 山 の 中 だっ た

生えてこなくなると困るので半分は残す。 採れる時期も短く、春を告げるものとして人気、商業ギルドにおろしてもいい値がつきますよ」 ここに住んで間がないので、俺が個人相手に商売することはできないが、商業ギルドに卸すことはできる。 ウサギ穴に気をつけて先に進む。 仕事が不規則なので変な時間に書いています。 異世界に転移したら山の中だった。 反動で強さよりも快適さを選びました。

次の

第202話 材木調達

転移 したら 山 の 中 だっ た

冒険者の手引きによれば森に入る手前から兎の魔物が出るはずだ。 さて、どうやって引き上げようかな? 根元を切って【収納】してしまえばいいのだが、何せ湖の底が見えない。 野菜を適当に切って、鶏と一緒に煮炊き用の壺に放り込み暖炉にかける。 291• 中にある10番のカウンターで袋ごと渡す。 本当に鉈にしとけばよかったと思いながら、小枝や硬い草を手足を使って払いながら進む。 245• イラスト:岩崎美奈子 ライトノベルなどで活躍するイラストレーター。 そして暖炉でもらったソーセージを焼きながら食べよう。

次の