フルイトラン 添付 文書。 医療用医薬品 : クエストラン

医療用医薬品 : フルバスタチン

フルイトラン 添付 文書

・以前はヒドロクロロチアジド(ヒドロクロロチアジド)をよく処方していたが、小用量の剤型がないので、最近は小用量の剤型のあるトリクロルメチアジド(フルイトラン他)をよく処方している。 コレスチラミン 利尿降圧作用が減弱される。 [7]グリチルリチン製剤、甘草含有製剤[血清カリウム値の低下があらわれやすくなる(これらの薬剤は低カリウム血症を主徴とした偽アルドステロン症を引き起こすことがあり、本剤との併用により低カリウム血症を増強する可能性がある)]。 グリチルリチン製剤、甘草含有製剤[血清カリウム値の低下があらわれやすくなる これらの薬剤は低カリウム血症を主徴とした偽アルドステロン症を引き起こすことがあり、本剤との併用により低カリウム血症を増強する可能性がある ]。 注意点 降圧により、めまいやふらつきが現れる事があるので注意が必要です。 [4]肝臓:(0. クロニジンを中止する場合には、本剤を先に中止し、その後数日間観察した後、クロニジンを中止すること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 2. 連用する場合、電解質失調があらわれることがあるので定期的に検査を行うこと。

次の

フルイトラン錠2mg

フルイトラン 添付 文書

[9]リチウム(炭酸リチウム)[<臨床症状>リチウム中毒<振戦・消化器愁訴等>が増強される;<措置方法>血清リチウム濃度の測定を行うなど注意すること(チアジド系利尿剤は遠位尿細管でナトリウムの再吸収を抑制するが、長期投与では近位尿細管で代償的にナトリウム、リチウムの再吸収を促進し、リチウムの血中濃度が上昇する)]。 糖尿病用剤 SU剤、インスリン 糖尿病用剤の作用を著しく減弱するおそれがある。 これらの薬剤による肝代謝酵素阻害作用及び胃内pHの変化による影響が考えられる。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 3, 3629-3670, 1992 , New York,Raven Press• 4.チアジド系薬剤又はその類似化合物(例えばクロルタリドン等のスルホンアミド誘導体)に対する過敏症の既往歴のある患者。

次の

フルイトラン錠2mg の添付文書情報

フルイトラン 添付 文書

高齢者への投与 アテノロール錠25mg「タイヨー」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ2錠(アテノロールとして50mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 〈逆流性食道炎〉再発の既往歴、症状の程度等を考慮して維持療法の用量を選択すること。 本品は光によって徐々に黄色となる。 無尿の患者[本剤の効果が期待できない]。 むくみも多少改善させたい というケースにおいて有用です。

次の

フルイトラン錠2mg

フルイトラン 添付 文書

0%)に15%以上の血清総コレステロールの低下が認められた。 嘔気、腹部違和感• Brest,A. (50歳代病院勤務医、腎臓内科)• [10]コレスチラミン<経口>[利尿降圧作用が減弱される(コレスチラミンの吸着作用により、利尿剤の吸収が阻害される)]。 2 68. 溶出性 改訂履歴 2014年1月 改訂 2016年10月 改訂(社名変更等に伴う改訂) 第13版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。 なお、通常、8週間までの投与とする。 聞いといてアレですが、まぁ割とどうでもいいですしね。 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

次の

フルイトランの効果と副作用【降圧剤・利尿剤】

フルイトラン 添付 文書

阿部裕ほか, 最新医学. 近位筋脱力、CK(CPK)高値、炎症を伴わない筋線維の壊死、抗HMG-CoA還元酵素(HMGCR)抗体陽性等を特徴とする免疫介在性壊死性ミオパチーがあらわれ、投与中止後も持続する例が報告されているので、患者の状態を十分に観察すること。 (40歳代病院勤務医、一般内科)• また、ジヒドロピリジン系薬剤でも低血圧、心不全が発現するおそれがあるので注意すること。 特に高齢者では転倒、骨折により寝たきりになる事もあり注意が必要です。 10). コレスチラミン<経口>[利尿降圧作用が減弱される(コレスチラミンの吸着作用により、利尿剤の吸収が阻害される)]。 北島省吾 他, 基礎と臨床, 16 11 , 5760, 1982. 昇圧アミン ノルアドレナリン、アドレナリン 昇圧アミンの作用を減弱するおそれがあるので、手術前の患者に使用する場合には、本剤の一時休薬等を行うこと。 レフルノミド製剤投与による重篤な副作用発現時には、本剤1回18g(コレスチラミン無水物として8g)を1日3回服用し、服用期間は11日間を目安とすること。 5)にやや溶けにくく、アセトニトリルにほとんど溶けない。

次の

フルイトラン錠1mgの添付文書

フルイトラン 添付 文書

フルコナゾール ホスフルコナゾール エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇することがある。 et al. この状態が続くと血管にたまった水分は次第に血管外に漏れ出していくため、浮腫が生じます。 (保管上の注意) 気密容器。 この平滑筋の収縮は、平滑筋細胞内に Ca2+が流入する事が刺激になって生じます。 禁忌・併用注意 ・無尿患者(効果が期待できない為) ・急性腎不全患者(腎機能のさらなる悪化可能性の為) ・Na・Kが減少している患者、過敏症既往歴あり患者 (電解質失調のさらなる悪化可能性の為) 副作用 重大な副作用 再生不良性貧血、低ナトリウム血症、低カリウム血症 *類薬(ヒドロクロロチアジド・HCTZ)で間質性肺炎、肺水腫の副作用発現あり 発生頻度の高い副作用としては、発疹、顔面潮紅、光線過敏症、、電解質失調、血清脂質増加、高尿酸血症注、高血糖症などであり 一番発生頻度が高い副作用は 発疹,顔面潮紅,光線過敏症で5%以上又は頻度不明という確率になっています。 , The Kidney Second Ed. [類薬で母乳中に移行することが報告されている。

次の