中国 コロナ。 中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

中国が新型コロナ対応をまとめた白書を発表 事実上の勝利宣言か

中国 コロナ

そのうち1人は危篤、1人は重体となっている。 昨年12月末に実施されていた新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果はなぜ早期に対外公表されなかったのか? その全容を1万3000字超の長編記事にまとめた。 中国政府の情報操作や工作活動に通じる外事関係者が語る。 例として武漢市を「封鎖」したことや、中国人女性がドイツから帰国後に感染が判明した際、直ちにドイツに知らせたことなどをあげた。 ネットには「中国は教科書だ」、「宿題を書き写すように」と自らを手本にすべきだとの声が見られる。 例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。

次の

中国が新型コロナ対応をまとめた白書を発表 事実上の勝利宣言か

中国 コロナ

最先端技術で個人を監視して移動履歴まで把握し、軍や党組織を総動員して規制を徹底させる。 また、中国政府当局者や中国メディアが「ウイルスの感染は中国から始まっていない可能性がある」などと述べていることに対し、補佐官は「ウイルスは武漢市が発生源だ」と言明した。 習政権は問題があったことを認め、医師の名誉回復には応じたが、その後も政府に批判的なSNS上の発信を削除するなど社会統制を強化している。 中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。 アジア太平洋トレードセンター(ATC)入社。 仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。

次の

失踪した中国人研究者の「消されたコロナ論文」衝撃の全訳を公開する(時任 兼作)

中国 コロナ

また中国はイランやイラクにも専門家を送り、日本や韓国にも物資を送っていると強調する。 世界の名無しさん 台湾でもマスクの値段はいつも通りだ。 その一方で、日本や韓国、イタリアなどのヨーロッパ諸国、イラン、アメリカなど世界各国の感染者数は日ごとに増えていき、対応に追われている。 これは「財新」渾身の調査報道だ。 関連記事 次に、冒頭でも紹介したように、短時間公開されたインドの研究チームの論文が人工ウイルス説の根拠として使われた。 データの信頼性に疑問はあるが習近平国家主席が10日に武漢を訪問した裏には安全との判断があるはずで、一定程度抑え込んだのは間違いないだろう。

次の

コロナ危機、中国人が闘う「もう一つの厄介な相手」【洞察☆中国】:時事ドットコム

中国 コロナ

なお、董宇紅氏について過去の言動を検索してみたところ、法輪功のメディア「大紀元」のインタビュー記事(2016年6月10日)に登場しており、 「法輪功の気功は末期がん患者に延命効果がある」と発言している。 否定された情報を丹念に検証してみると、最初からバイアスがかかっていたり、意図的な印象操作だったり、科学レベル的に不足していたりすることが見えてくる。 中国生物兵器説の根拠となっている情報は主にふたつある。 約4万3000人が除外され、実際は12万人を超える可能性があるという。 ただし、現場の医師や研究者らの権限が弱く、通報システムなどに問題があった点は認め、「重大伝染病の早期発見につながるよう改善を図っていく」とした。 すなわち、昨年12月1日にはヒトからヒトへの感染があることは確認されていた。 中国のしたことを私が認めて何がおかしいのか」などと中国政府の働きかけを否定。

次の

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

中国 コロナ

1か月以上抑え込んだ武漢でも 実際に、震源地の武漢では4月8日に都市封鎖が解除される4日前、4月4日から5月8日まで1か月以上新たな感染者が出ていなかった。 「偶然作られた」と答えた6%を合わせると、29%が「人工ウイルス説」を信じている。 言うまでもなく、中国はこうした中国への賠償訴訟について「事実にも法律にも基づかないでたらめ」などと反論していますが、中国は武漢で新型肺炎が発生し中国に拡大していった2月初旬、アメリカが申し出た支援提案を拒否しています。 中国の行動は最初から間違っていた」と述べ、感染が全世界に拡大したのは中国の責任であるとの認識を明らかにした。 欧米では緊急事態宣言など法的な手続きが必要なのに対し、共産党一党支配の中国は民主的なプロセスを経ずに強硬措置を取ることができる。 今回、3月中旬に中国に戻って14日間の隔離生活をした、ある上海駐在の日本企業の社員の方にインタビューすることができた。

次の

外国人「これが日本と中国の民衆の差だよ」新型コロナウイルスで大混乱の中、日本と中国のドラッグストアの対応の差がこれ!

中国 コロナ

武漢に感染を持ち込んだのはアメリカ軍かもしれない。 中国は、国内の感染との戦いに勝利し、国際社会に貢献する大国として振る舞い始めている。 出典:林原チャンネル 杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。 一方、中国は「いかなる代価も惜しまない」という政府の決意により、強制的な措置を講じ、事態は収束しつつある。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 5兆ドル、イタリアは1,000億ユーロ、エジプトでは10兆ドルなど、各国で個人または集団訴訟が起こされようとしているということです。

次の

中国・新型コロナ「遺伝子情報」封じ込めの衝撃

中国 コロナ

3月に開かれる予定だった全人代(全国人民代表大会)は開催の目処も立たず、4月の国賓としての訪日は流れ、習近平国家主席は窮地に追い込まれた。 「論文には、遺伝子レベルで新しいウイルスが開発されていたことを示唆する記述などがあった。 中国の対外宣伝を担う徐麟国務院新聞弁公室主任は7日に記者会見し、「ウイルスはまだ世界でまん延している。 単一の情報源を鵜呑みにすることなく、さまざまな手法で情報をクロスチェックし、信頼度の低い情報をノイズとして保留または削除していく作業が、今後も重要になってくる。 「ウイルスはアメリカから来たかも」びっくりツイートに「反撃開始だ!」 中国外務省の趙立堅報道官がツイッターで「アメリカでの感染はいつ発生し、何人が感染したのか。 人々が削除される前の一瞬の隙を狙ってPDFや写真など、別の形式で拡散し、リレーのように続いていく。 中国政府が感染源と主張し続けている武漢華南海鮮卸売市場 photo by Gettyimages しかし、この華南海鮮市場は上述した武漢NBLの所在地から直線距離で25キロメートル未満の場所にあり、武漢NBL内において、誤って新型コロナウイルスと接触したことで感染した職員が、華南海鮮市場を訪れたことも考えられる。

次の