群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し。 千と千尋の世界すぎる!群馬県の四万温泉「積善館」がとても素敵

【「千と千尋の神隠し」のモデル宿で過ごす】赤い橋を渡ると広がる異空間へタイムトリップ旅! 積善館 本館

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

日本有数の情緒と歴史を兼ね備えた旅館だと思います。 以上、群馬県【四万温泉】の「絶対外せない観光スポット」をご紹介!「千と千尋の神隠し」の雰囲気も楽しんできました!の記事でした。 こち亀にも登場した事を知った。 こちらが 「浪漫のトンネル」で「本館」と「山荘」をつなぐトンネルです。 最後に浴場の見取り図を貼っておきます。

次の

群馬県【四万温泉】の「絶対外せない観光スポット」をご紹介!「千と千尋の神隠し」のモデルとなった積善館は超ジブリだった!

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

上品に盛り付けられて、とっても美味しかったです。 この豊田屋旅館には歴史小説家の司馬遼太郎氏も泊まったことがあるそうで、2001年の駅前通りの拡張工事に伴って現在地に移動しましたが、高崎駅前に創業した当時は、今の場所よりも更に駅寄りであったそうです。 温泉が胃や腸、肝臓などに作用する効果があり、四万温泉街にも、飲泉所があります。 ついつい長湯してしまいそうになります。 個人的にお饅頭が好きで、旅館のすぐ近くで売っていたお饅頭を旅館の外で食べながらホテルの外観を眺めるのがジブリファンの私としては最高で至福のひとときでした。

次の

千と千尋の神隠しの油屋?四万温泉 積善館から温泉巡りで尻焼き

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

山荘は本館よりは良い部屋になっているが年季は感じられる作りになっている。 icotto公式Instagramをはじめました あなたの疲れを解きほぐす"心みちるたび"の情報をお届けします。 「万緑」という懐石コースを頂きました。 また、近年は「テルマエロマエ2」という映画の撮影でも登場しています。 「道後温泉」は愛媛県松山市にある、日本三古湯の一つに数えられる歴史の古い温泉地。 積善館へのアプローチ バス等で来た場合は恐らく最初にこの建物と看板が目につくだろう。 岐阜県• 積善館のお食事 夕食のワンショット。

次の

レトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】建物編

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

[PR] 四万温泉とは?• 40分は短く感じるかもですが、貸し切りなのでそうでもなかったです。 浴槽の目の前が脱衣所で、磨りガラス越しに人が来たのがわかるのでちょっとドキドキします。 布団の上げ下ろしなどは今も宿泊者自身で行うものの、重要文化財指定である事から自炊は不可なので、食事はお弁当形式で用意されています。 園内をじっくり見学しようと思えば1日がかりになりそう。 蓋物の「麦花蒸し」です。 木の窓枠と朝日の色がレトロな感じを浮かび上がらせてくれている。 とっても飲みやすくておいしいので全ての方におすすめできるお酒です。

次の

積善館

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

現在は3階建てですが、 元は2階建てで、3階部分は増築されました。 一回500円。 かなり大きい温泉旅館です。 部屋食用のプランもあるようだが、食堂用のプランもあり、上記はその食堂となっている。 ちなみにここの温泉は、飲んで体を癒すことができる飲泉が用意されていて、これが不思議とキノコっぽいダシが効いているような味がして(あくまで私の主観です)、とてもおいしい。 積善館本館と山荘を結ぶ「浪漫のトンネル」。 内湯は大きな浴室と湯船で、一面ガラス張りの窓からは木々が見えて癒されます。

次の

レトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】建物編

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

共同浴場• 私が訪れたのはちょうど正午くらいだったが、アーチ型の大きくてかわいい窓から入ってくる自然光と、教会を思わせるような高い天井で、風呂に入る前からすでに気持ちがいい。 泉質などを考慮した上で、適量を飲んで下さい。 お弁当はお部屋でもお召し上がりいただけます。 暗すぎて写真撮れませんでした。 こちらも男女別です。 Contents• 夏場はカヌーなどのアクティビティも楽しめ、春には桜、秋には紅葉など、四季を通じて楽しむ事ができる場所です。 シブリ感 5. お土産屋や手打ちそば、旅行雑誌やテレビでよく紹介されるパチンコ・スマートボールの「柳谷」があります。

次の

四万温泉【群馬】でノスタルジックな千と千尋の世界を満喫する!

群馬 四万十 川 温泉 千 と 千尋 の 神隠し

この赤い橋が印象的ですね。 さっぱりとした甘さで食後のデザートにぴったりの一品です。 フロントから我々の部屋まではエレベーターや階段を使い、廊下を歩いて5分くらいは軽くかかる感じでした。 人がいたので、写真撮れなかったのですが、 温泉が流れる川に入るというダイナミックな温泉です。 あと、飲食店以外も全体的に夕方にはほとんどのお店が閉まってしまいます。

次の