埼玉 補選。 参院埼玉補選、上田氏が初当選=投票率20.81%:時事ドットコム

立花氏「ぶっ壊す」上田氏「地方重視」 埼玉補選第一声

埼玉 補選

毎日新聞. 衆議院および参議院では、の対象となる当選人不足数 をあわせて定数の4分の1を超えるとき このうち3. 2018年12月27日閲覧。 時代の衆議院では、選挙区の欠員が2名に達した時に補欠選挙が執行されていた(ただし定数1のは例外)が、定数3人から5人を基本とする中選挙区制で欠員が2名に達した事例は少なく、第二次世界大戦後に中選挙区制が存在した49年間で補欠選挙は19回に留まった。 議員辞職に伴う参議院の埼玉選挙区補欠選挙で、元埼玉県知事の上田清司氏(無所属)と、7月の参院選に当選したばかりの「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志氏=議員は自動失職=が立候補している。 10月10日 木 に告示された参議院議員埼玉選挙区補欠選挙 27日投開票 には新人2人が立候補し、選挙戦は最初の連休を迎えました。 参院埼玉補選を面白くしたN国の戦略のすべて! そのような中で登場したのがN国(NHKから国民を守る党)の党首、立花孝志氏です。

次の

【埼玉補選】N国・立花氏、上田前知事に“まさかの勝利”はあり得る?コケにされる野党

埼玉 補選

憲法改正に関しては「9条は自衛隊の存在が重きをなす条文になっているべきだ」と述べ、改憲論議の活発化に意欲を示した。 また、無所属で大阪12区を地盤とする元の(比例近畿ブロック単独)も補選への出馬を表明し、1月28日付けで議員辞職した。 衆議院・参議院の選挙区で欠員が生じたときに、最下位当選者と同票を獲得しくじ引きにより落選した候補者がいる場合は、その候補者が繰り上げ当選となり、補欠選挙は行わない(第97条第1項)。 ・投票率13%代、これに驚いてしまった。 埼玉県参議院補欠選挙はとても面白いので注目です。 埼玉の補選は立憲民主党や国民民主党が支援する上田清司前埼玉県知事(71)以外に有力候補が出馬しないことから、立花氏は当選が難しくても1対1の構図となり、注目を集められる。

次の

N国党・立花党首が辞職 “異例鞍替え”で参院埼玉補選出馬へ

埼玉 補選

また、選挙無効訴訟が起こされている選挙区では、補欠選挙を実施することができない(第34条第3項)。 総務省の資料によると、戦後の国政選で投票率が低いワースト5はいずれも参院の補選だ。 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が参院議員を辞職し、参院埼玉選挙区の補欠選挙(10日告示、27日投開票)に出馬の意思を固めたことが7日、本紙の取材で分かった。 選挙区では通常選挙における当該選挙区の議員定数(すなわち改選議席数)の4分の1を超えるとき(、、、及びで2人 、それ以外の選挙区では1人)• 知事選の投票率(32・31%)は4年前の前回選に比べ5・68ポイントアップした。 2018年9月13日. は、現職の党首が参院議員を失職する形で辞職して出馬する意向を表明した。 上田氏は27日夜、記者団に「国政で問題提起したい」と強調。

次の

補欠選挙

埼玉 補選

)又は補欠選挙のうち、同法第三十三条の二第二項の規定により選挙を行うべき期日が平成三十一年四月二十八日となるものの期日は、同項の規定にかかわらず、同月二十一日とする。 産経新聞. 一方、日本共産党は、上田の支援については「改憲を進める議席は絶対に認められない」とし、憲法への態度を見極めて対応を判断するとしたが 、共産党埼玉県委員会は総会を開いた末、対抗馬擁立を断念し、自主投票とすることとした。 回数があまりも多いために、選挙事務にかなりの費用がかかり、有権者の関心も薄くなってしまったため、2000年の公職選挙法改正によって、原則として年2回に統一する現在の方式になった。 さらに、上田氏は出馬表明の記者会見の席上、 「憲法は時代に合わせて変えてゆくべき」といった憲法改正を容認する発言をしたことで、これ以上地方選で負けられない自民党が対立候補を立てず、上田氏に相乗りすることを決定します。 埼玉県参議院補欠選挙の過去のデータは? 2019年4月15日閲覧。

次の

補欠選挙

埼玉 補選

最終的に、立花氏は何を目指しているのでしょうか? 結論を言えば、 彼の狙いは「参議院」にあると考えられます。 まあ、何があってもおかしくないのが政治の世界だから、何があっても驚かないが、有権者が投票したくなるのはやはりそれにふさわしい出来事が起きた時。 国政選挙で、自民、立憲民主などの主要政党が擁立を見送る異例の選挙となる。 なお、のまではでも同じ規定が適用された。 一方、上田氏は9月20日の出馬会見で「地方重視の政治をやっていかなければならない」と強調。

次の

2019 参院埼玉選挙区補選

埼玉 補選

例えば、改選定数5(通常改選定数4)の場合、1位から4位の当選候補者は通常と同じ6年間の任期を務められるが、5位の当選候補者は補欠選挙の当選者であるため、任期は3年となる。 これが立花氏の「最終戦略」です。 当選後3ヶ月以内に欠員となった場合は、参議院選挙区と同様、繰り上げ当選が優先される。 その結果は、案の定とはいえ、愕然とするものだった。 この内、上田氏は支援を受ける立憲民主党、国民民主党など野党各党の支持層から5割強の支持を集めています。 2019年10月の埼玉県選挙区の補選において、2019年7月の通常選挙でから比例代表で当選したが立候補し落選したものの、同党のが繰上げ当選し同党の参議院での議席を維持した。

次の