ブレイザー ズ 対 ロケッツ。 ポートランド・トレイルブレイザーズ

ドン・ブラッシンゲーム

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

このことから、野村は「自分のの源流はブレイザーにある」と常々語っている。 のシーズン中に、かつてロケッツで選手として活躍したルディ・トムジャノビッチが監督に就任。 3得点、FG成功率43%という数字を残しているハーデンだ。 ロケッツ(24-19) FG 40. 5 3. com 2018年1月24日. 2013-14シーズンは、3人の主力との成長、中堅選手の補強により54勝28敗と、時代以降初めて50勝以上を達成した。 1982年はトリオ・ザ山内が揃って二桁勝利、が21セーブと投手陣が整備されたが、最多打点がタイロン、の48で、門田が故障で離れたのも痛く、打線が沈黙し、順位は年間最下位(前期5位、後期6位)に終わった。

次の

渡邉選手ロケッツ戦で16分出場

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

8 26. 1946• そしてシーズン終了後、ブレイザーズは大改革に乗り出し、まずは6月にをに放出、更にFA交渉が解禁された7月には、、、、との再契約を見送るなど、リラードを中心としたチーム構成で、一からチームを造り直すことを決意した。 871 3. ラムジーは80年代半ばまでチームの指揮を執ったがチーム勝率は5割前後、プレイオフでは1回戦で敗れるシーズンが多かった。 :1978-1979 50• 13m 265 lb 120kg 1970年代 プレイオフ進出:3回 ファイナル進出:1回 優勝:1回• ロケッツとグリズリーズは似たタイプのチームで、ハーデンとハワードの2枚看板を擁しているだけに、おそらく拮抗したシリーズにはなるだろう。 ( :1998-2005• 693 :12年 1444 5938 5296 731 1366 178 62 21 1731 308 105 60 62 13 552 15 15 462 43. また、デビューから最初の6シーズンで通算10000得点、2500アシストを記録した史上8人目の選手となった。 537 1回戦敗退 3, ブレイザーズ 0 1995-96 44 38. ハワードは、ペイント外からのシュート能力は高くないが、ボーガットよりも機動力に優れるセンターだけに、ウォリアーズもボーガット1人では防ぎきれない可能性も出てくる。 一方ではディフェンスにはやや難があると指摘されている。

次の

NBA2k20第1週

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

274. 429. 656 :3年 366 1501 1356 171 371 41 14 15 485 86 13 16 33 6 102 4 4 104 15. 368. 362. 2018年2月17日閲覧。 : 2014-2015, 2016• メンフィス・グリズリーズとのカンファレンス準決勝で、バーンズはフィールドゴール成功率50%、1試合平均5リバウンドを記録するなど、短いキャリアにもかかわらず、成長を遂げた。 : 2016-• 、アリゾナ州にて死去、満73歳没。 1 6. : 2012-2013• 」 キャット「第1Q同様序盤のロケッツは良くて、Tジョーンズのイージーバスケットが決まって逆転したんだ(29-28 その後もディフェンスで踏ん張りを見せたロケッツが、一気のランに行くかと思いきや、ジャズに早いボール回しからの加点を食らって劣勢になってしまう(31-37 ロケッツはテリーやハーデンの個人技で対抗するが、ジャズはミスが出ながらも、終盤を無難にまとめた感じで前半が終了。 このQも32得点取られて52-64と12点ビハインドで後半へ向かう。 とは1999年にカンファレンスファイナルで敗れて以来の対戦となった。 前回同様、バークス、フェイバーズは欠場。

次の

ヒューストン・ロケッツ

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

258. 375. 外部リンク [ ]• プレーオフ1回戦でカンファレンス8位の相手に4勝1敗でシリーズを勝利した。 2018年2月17日閲覧。 :1996-2000 50• com 2018年4月21日. 427 5位・6位 90. 598 1回戦敗退 4, ブレイザーズ 0 53 29. :1974-1979 C M 50• リン・ハーデン・ハワード [ ] 新体制としてヘッドコーチにを起用し、前年までのプレイヤーはほとんどが放出されることとなった。 359. 翌年も1位指名権を得たロケッツはを指名。 ロケッツはブルックスがスリーを決めて追いすがるが、ローズの速攻からカウントプレイが決まってしまう(14-19)。 メジャーリーグで顔の広くないブレイザーは目星の二塁手を見つけることが出来ず、仕方なく獲得したのがヤクルトを解雇されただった。 このあっという間のプレーに、当時全盛期で一塁走者だった(南海)はなぜ自分がアウトになったのか分からず、二塁ベース上で呆然とするしかなかった。

次の

ドン・ブラッシンゲーム

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

4 21. 375. :1989-1996 1990年代 プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回• 2月14日に行われた戦で44得点、8アシストを記録、ウォリアーズに123-117で勝利した。 いやこのゲームはかなり接戦になる、そしてやはり72勝果たした最強チームのメンバーが負けるとは思えない。 7 82 82 35. 9 5 5 40. チームは49勝33敗と初めて5割を上回る勝ち星をあげた。 試合後、リラードはMCからマイクを受け取ると「Rip City!! 524 34 32. 3 2. 2002 - 2003• 結局ブルズのオフェンスを止められないまま前半終了。 444. 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身 3. 、40勝42敗と平凡な成績に終わったロケッツは、マローンなどの活躍もあってプレイオフで奮闘。 第3戦のアウェイ初戦で1ゲームを落としたが、4勝1敗でセミファイナルへ進んだ。

次の

ロケッツ対ブルズ: キャットのロケッツ通信

ブレイザー ズ 対 ロケッツ

攻撃時にドワイト・ハワードの役割は大きくなる? ハワードは、ロサンゼルス・クリッパーズとのカンファレンス準決勝でデアンドレ・ジョーダンとマッチアップした。 監督がからに交代した2007-08シーズンには NBA歴代2位となる22連勝を記録するなど、周囲を驚かせたが、プレーオフでは2シーズン連続での前に敗退している。 戦でもハーデン選手が30得点、ウェストブルック選手は33得点。 577 68 222 200 18 43 9 0 1 55 11 2 1 4 0 18 0 0 21 0. 03m 240 lb 109kg 3. メジャー時代 [ ] コリンス高等学校からを経て、にへ入団し、9月20日の戦()でメジャー初出場を果たす。 246. 329 1970-71 40 42. 0 ポジション 背番号 0 身長 191cm 6 ft 3 in 体重 88kg 194 lb ウィングスパン 202cm 6 ft 8 in シューズ 基本情報 本名 Damian Lamonte Ollie Lillard ラテン文字 Damian Lillard 誕生日 1990-07-15 (29歳) 国 出身地 出身 () ドラフト 6位 選手経歴 2012- 受賞歴• 419. そのハーデンに次ぐ攻撃の中心はスミスで、3P成功率36%という数字を残している。 NBA. 620 1回戦敗退 3, ロケッツ 1 1999-2000 34 48. 720 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 ブレイザーズ 3, 1 ブレイザーズ 4, 1 4, ブレイザーズ 3 2000-01 50 32. 対初戦で、持ち味のオフェンス力が弾け、124-99で勝利したが、第2、第3戦でスパーズのディフェンス力との活躍に押し切られ連敗した。

次の