金木犀 くじら。 【くじら/夜桜(feat. めいちゃん)】歌詞の意味を徹底解釈!正体は冷めかけ男のラブソング?

金木犀

金木犀 くじら

。 まさに冷めの予兆を感じている主人公にとって 「蝶がいない」とは春が遠のく心情と、冷めを予感しているさまのダブルミーニングが含まれていると考えることができるのです。 ではお待たせしました。 思い切ってこのまま別の誰かと付き合ってしまおうかという、元恋人ではない全く別の誰かを求めることを踏み切ろうかという思考に対して 「実際はそんなことはできないし、できるわけがない」と心では分かっている為「泣いている」と解釈することができます。 ラストまで一番サビと同じ歌詞だったことから、「あの日」や「幸せな生活」の記憶を 何度も思い返しては咀嚼して「また戻りたい」と思ってしまっていると解釈ができます。 誰しもが無意識に行うであろう 「後悔の振り返り」を答え合わせと表す点は、歌い出しながらも詞のセンスを感じさせられる。

次の

くじら「金木犀」の楽曲ページ|1008720586|レコチョク

金木犀 くじら

くじら『ねむるまち feat. 順に歌詞を追っていきます。 つまり本歌詞での 踏切は一つ上の文の 他の誰かを求めることにかかっていて、それは心にもないことだから「泣いていた」という表現が繋がっているのだと思います。 duct — くじら WhaleDontSleep 冷えきった部屋。 こちらの心情については続くBメロがさらに強調させていきます。 午前五時半の憧憬 10. 解釈してみると 「金木犀」というタイトルの起用に、改めて「くじら」さんの洒脱なセンスが垣間見えます。

次の

piapro(ピアプロ)

金木犀 くじら

まだ元恋人を忘れられず恋い焦がれ続けることは疲れてしまうことが頭では分かっている為、 囚われている過去の記憶に対して「さよなら」を告げようとしていることが分ります。 「遠い誰かが私を照らしている」から、いつか将来主人公を愛してくれる人のことを指しているように考えることができますよね。 くじらさんの楽曲は他楽曲も考察していますので時間がある方はぜひご覧ください。 寄せては返す憂鬱の波からようやく解放されつつあるのです。 最後の一行までは全て一番の歌詞と全く同じなのですが、 最後の最後で「もういっか、さよなら」と締めくくられています。 春に多く目にする「蝶」がいなくなった=春の象徴である恋がなくなった と解釈することができますが、蝶にまつわる話まで深読みするとさらに面白いことが分かりました。 付き合っていた恋人と別れ、それまで過ごしていた日々の自分たちを思い返しては 「あの発言がいけなかったのかな?「あの行動が別れるきっかけになってしまったのかな?」と 悶々と自分の頭の中で、正解を導くことができないに答え合わせをしてしまう様子が想像できます。

次の

「金木犀 / クジラ」の歌詞を徹底的に解釈しました

金木犀 くじら

蝶は「予兆」という言葉と深い因果関係があるそうです。 最後まで前向きな描写がある歌詞が出てこなかったことから ポジティブな明るい「さよなら」ではないと考えられますよね。 「もしかしてこの曲の歌詞は恋人と死別した女の子の物語を描いているのか…?」とも考えられますよね。 はじめのはじめから聴き続けていたということは生粋のボカロおたくみたいですね! このを読むと分かりますが、気取ったところが全くなくて正直なとても好感のもてる方なのがわかります。 そして歌い出しのAメロでは、恋心を抱いていた君を手に入れた情景と、後に関係性に陰りが出てきたという2つの情景が描かれています。 これは何度もさよならを繰り返した主人公が、 ようやく吹っ切れたことを示しているのだと思います。

次の

くじら『ねむるまち bookqna.apps.bpce.fr』に対する海外の反応「理解はできないけど、美しい」

金木犀 くじら

|くじら|pixivFANBOX — くじら WhaleDontSleep 明日は来ないから — くじら WhaleDontSleep 名前がない頃から — くじら WhaleDontSleep. 変わらぬ魅力 どれをとっても主人公の心情に当てはまりますね。 それは 「隠世(かくりよ)」という言葉。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 君に触れられていないから私は 「温もりを忘れた」のです。 この一行をあなたならどう感じるでしょうか。

次の

金木犀 歌詞『くじら』

金木犀 くじら

歌詞の意味・解釈 1番 今になって答え合わせ そんなのどうでも良くて 憂いの波は寄せては返す 落ちてた吸殻はいて 地面に這った記憶を拾い集めてる 主人公は部屋でうなだれ、 離れ離れになってしまった君を回想している。 タイトル名解釈の欄でもお話ししましたが 「桜=恋心」だと仮説を置くと 「夜桜が散って ベイビー」というのは 「恋心が散ってしまった、、、」という前文歌詞と非常に辻褄の合う解釈を行うことができます。 ざっくりと金木犀の花言葉を見てみると、歌詞にリンクする部分も多く、 「恋」について描かれている歌詞と考えて良いでしょう。 感情には波があるので必死にそればかりを考えてしまい、鬱々とした気持ちが続くばかりではなく 急にふと「なんでこんな意味のないことをしてしまっているんだろう」とどうでもよくなったりを繰り返してしまうもの。 だから 「そんなのどうでも良くて」と無理やりポジティブに流そうとする。 悲しみと前向きの繰り返し。 「答え合わせ」は、何がいけなかったのか、何が原因でこうなってしまったのか、を自答している様子を表しているのでしょう。

次の

「金木犀 / クジラ」の歌詞を徹底的に解釈しました

金木犀 くじら

本題の歌詞を細かく見ていきましょう。 かなり生意気でわがままに聞こえるかも知れませんが、特に男は共感してしまいがちな部分ではないでしょうか。 一方的な別れを経験した人にとって、主人公の心情はかなり共感できるものだったのではと思います。 幽霊少女 06. しかし素敵なのはサウンドやヴォーカリストだけではありません。 その後に続く「金木犀の匂い」は金木犀の花言葉から「変わらぬ魅力」や「陶酔」の意味が込められているのではないでしょうか。 2019年4月1日から曲を投稿されはじめたようで、好きなものはワクワク、嫌いなものは満員電車だそう。

次の

金木犀 / Flower

金木犀 くじら

まず 「窮屈な窓辺に空いた半透明」は、君がいたはずの場所を示しており、いなくなったことで空いた隙間に対して寂しさを感じていることが読み取れる。 I love the scent of Osmanthus and this song! それを 夕暮れと言う。 そんな『くじら』さんですが、に少し自己紹介をされています。 2kHz|96. すなわち歌詞中の「君」です。 米津玄師はかつて「ハチ」という名前でボカロでの活動をしていました。

次の