グランデ マーレ 馬。 グランデマーレ(グランデアモーレの17) 第2戦 葉牡丹賞 2歳1勝クラス

グランデマーレ(グランデアモーレの17) 第3戦

グランデ マーレ 馬

リングハミ。 強い内容だったと思います」(藤岡佑介騎手・デイリー馬三郎) 「ゲートを練習を行なってもらっていたおかけで、いいスタートを切ることができましたね。 いつでもハナ主張の馬ですからね(笑)。 まだ心身共に成長途上ながらこの時期に2勝目をあげられたのは素直にうれしいですし、今後さらに楽しみになりましたね。 使って大きく変わるということはありませんが、新馬戦の前から完成度が高かったのでコンディションを維持してくれれば十分ですね。 やや突っ張る感じもありました。

次の

【POG】ドゥラメンテ産駒で母グランデアモーレの2018となるグランデフィオーレの2歳情報

グランデ マーレ 馬

白老産• まずはこのグランデアモーレとフロアクラフトの初子を確実に獲り、以降はこの4頭の子は全て所持するつもりです。 付加賞が25.9万円。 スーパーホーネットとのコンビでは2008年にマイルチャンピオンシップで2着に健闘し、2010年に安田記念で2着している。 不気味なくらい動きの良いローレリスト、札幌2歳はロスがあっても3着の実力馬ダーリントンホールなど一筋縄ではいかない相手が揃ってしまいました。 3連単は3が残るとは🤔 — ナベ silkcarrot グランデマーレが葉牡丹賞を勝利! 勝ち時計は1. 2019年• 祖母ビワハイジの母系からは、"ブエナビスタ"・"マンハッタンカフェ"をはじめとする数多くの一流馬たちが名を連ねています。 【今週は4頭出走】まずは阪神1レース2歳未勝利芝1400グランデフィオーレ tomoちゃんの愛馬 来週の芝1600の予定が急遽前倒し相手関係が理由か距離短縮や仕上がり具合が理由かわからんが…兄の グランデマーレの二の舞だけは勘弁してや阪神9レース出石特別芝1400ロードベイリーフ前走は距離伸ばして1800使ったがええとこなし今回は距離短縮の一戦!どうやら持ち時計メンバー1みたいやわ時計通りなら期待できるかな阪神10レース京橋特別芝2000ゴールドティア tomoちゃんの愛馬 秋を見越して一気の距離延長ここで結果出せば秋華賞も視界に入る前回はブリンカー効果絶大で快勝今回距離延長やから外して、チークにするみたいやけど…大丈夫か学ちゃん~函館12レース松前特別タンタラス tomoちゃんの愛馬 微妙な成績続きの彼女は今回ブリンカー着用学ちゃん、馬具好きなんやね 【一口仲間Bさんの出資実例 その10 グランデマーレ】Bさんの出資馬紹介、第十弾は17世代の グランデマーレとなります。 次走次第でクラシック云々が語れるところです。

次の

【ニンジン馬鹿クラブ週報⑩】先週はグランデマーレがレコード勝ち!今週はアグリュームの激走に期待!【キャッロット一口馬主】

グランデ マーレ 馬

もはや期待はこのグランデマーレとピクチャーポーズの2頭の2歳馬となっていました。 グランデマーレはゲートを普通に出て、そこからが前走同様速いですね。 11月30日 中山9R 葉牡丹賞 2歳1勝クラス 芝2000m 混合 特指 馬齢に藤岡佑介騎手で出走予定 と発表されました。 この連勝記録を伸ばし続けて欲しいですね。 今日はメンバー的にも押し出される競馬もあると思っていたので、無理に抵抗せず、出たなりのレースをしました。 2kmの無料の環状高速道路(アウトストラーダ)。 今後については様子を見たうえで判断していきます。

次の

【ニンジン馬鹿クラブ週報⑩】先週はグランデマーレがレコード勝ち!今週はアグリュームの激走に期待!【キャッロット一口馬主】

グランデ マーレ 馬

どちらも初年度産駒から牝馬三冠アーモンドアイを輩出したロードカナロア産駒で、募集価格が高いのなんの。 2018年• 今回と全く同じコースでグランデアモーレには最も合うコース。 先々が楽しみになる内容でしたが、残念ながらレース後に骨折が判明して全治6か月。 速い脚はないかもしれませんが、これからも安定して走ってくれそうですね。 馬体重と入れ込みをパドックで確認して取捨は決めたい。 少しうちにモタれたりする所がある馬ですが、ハナに立って、上手くハミが抜けて、リズム良くレースが出来ました。

次の

【ニンジン馬鹿クラブ週報⑩】先週はグランデマーレがレコード勝ち!今週はアグリュームの激走に期待!【キャッロット一口馬主】

グランデ マーレ 馬

ここでの走りしだいで期待値急上昇も。 産駒なし• それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第10回目のスタートです。 デビュー当時は作田誠二厩舎所属。 何故かと言うと根拠はないみたいです。 」(同)と前向きです。

次の

【ニンジン馬鹿クラブ週報⑩】先週はグランデマーレがレコード勝ち!今週はアグリュームの激走に期待!【キャッロット一口馬主】

グランデ マーレ 馬

それだけに芝で再チャレンジできることを前向きに捉えていたのですが、いざレースへ行ってみるとまだまだということを感じさせられました。 スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。 遅れを取ったと言っても最初にかなり後ろから追走していますし、相手は一杯、こちらは強めで加減していますから、字面ほどの心配はしなくて良いでしょう。 4コーナー手前から他の馬がしごきながら上がってくる中、持ったままで先頭にたちそのまま押し切って優勝。 今後、多頭数や揉まれる競馬など課題も出てくるでしょうが、その辺をクリア出来れば、能力的にもっと上を目指せる馬です」(藤岡佑介騎手・ラジオNIKKEI) 「能力があることは分かっていました。

次の

【ニンジン馬鹿クラブ週報⑩】先週はグランデマーレがレコード勝ち!今週はアグリュームの激走に期待!【キャッロット一口馬主】

グランデ マーレ 馬

そして今回の勝利でついに年間目標の5勝目に到達!!年間5勝というのは4年ぶりとなります。 兄 グランデマーレは父ロードカナロアで新馬、葉牡丹賞を2戦2勝で快勝している。 こ、これは・・・!と期待感は半端なく。 今週末、もしくは来週中にゲート試験を受ける見込みで「いい馬です。 少頭数の場合は、スローの上がり勝負となるのが必至。 兄は2018年のダービーでも1番人気に支持されるほど、前哨戦で世代屈指のパフォーマンスを披露してきました。

次の

繁殖牝馬情報:牝系情報|グランデアモーレ|JBISサーチ(JBIS

グランデ マーレ 馬

ホープフルステークスや皐月賞と同じ中山芝2000mを1分58秒9の2歳日本レコードで駆け抜け無傷の2連勝!! この走りなら皐月賞でも上位は濃厚。 まだ心身共に成長途上ながらこの時期に2勝目をあげられたのは素直にうれしいですし、今後さらに楽しみになりましたね。 次走次第でクラシック云々が語れるところ。 なお、中山競馬場芝2000mのコースレコードは、2018年12月1日(5回中山1日)の葉牡丹賞でシークレットランが記録した1分59秒6だったが、これも更新した。 競馬ブック誌の推定タイムは良馬場で2分00秒8、実にそれを2秒も凌ぐコースレコード!! やはりパワーがあり中山向きでした。 デビュー前もそしてデビューしてからもグランデマーレの追い切りに乗り続けていただき馬を育ててくださっています。 前走は押し出される形になったけど、今日は2番手でしっかりと折り合って運べました。

次の