コロナ ウイルス 中国 テロ。 謎深まるコロナウイルス感染源 中国内の報道から検証

中国の新型コロナウイルスは人類崩壊の序章か

コロナ ウイルス 中国 テロ

陰謀論者の主張を裏付ける科学的根拠は何一つありません。 新型コロナウイルス対策で中国・武漢からチャーター機で帰国した日本人のうち、2人がウイルス検査に同意しなかったことを受け、「チャーター機搭乗の条件として誓約書を書かせるべき」と訴えた。 で、今回のコロナウイルスで、武漢や閉鎖されている地区に軍を投入。 記事内容は、必ずしも本サイトの見解を反映するものではありません。 ランセット誌に掲載されたMMRワクチンを巡るトンデモ論文 しかし何かの意図を持って都合の良い情報やデータだけを切り取って誇張して伝えるのは政治家やメディア、情報機関だけではないようです。

次の

ただのバイオテロじゃねーか…中国の新型コロナウイルス肺炎にみんなの反応は

コロナ ウイルス 中国 テロ

いやいや、中国に限らず、まだまだ不衛生な国はたくさんあるわけです。 ツキノワグマは元来、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスなど東南アジア地域で密猟されてきたが、乱獲に伴い、ツキノワグマの数が激減。 著書に『アジアの脅威:なぜ中国の夢が世界秩序への新たな脅威なのか』など。 しかし、生き残った戦闘員は逃亡し続け、アジアや中東、アフリカなど各地ではイスラム国を支持する武装勢力が活動しているのだ。 まぁ当たり前ですね・・・。

次の

新型コロナウイルス→中国人=ウイルステロ という認識でいいです...

コロナ ウイルス 中国 テロ

まぁ、あくまでマコちゃんの妄想がたっぷり入ってますし、真実は分かりませんけども。 中国では、米国が中国国民に対して意図的に生物兵器を解き放ったという噂がインターネット上で拡散している。 彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「 武漢病毒研究所」で、もう1つは「 武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。 各国政府も無反応。 新型コロナウイルスによる大きな影響はそれだけではない。 1月24日に武漢金銀潭医院副院長らが「ランセット」という著名な国際医学雑誌に掲載した論文にも、最初に入院した41人の患者のうち27人が「海鮮市場」に行ったと書いてあった。

次の

「新型コロナは中国の人造ウイルス」陰謀論はなぜ広まるのか(木村正人)

コロナ ウイルス 中国 テロ

なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙の取材を拒否している。 彼を単なる過激派だと非難する人々には、張氏が第18回中央委員会(2012—17年)の委員であり、国防大学の前学長であることを心に留めてほしい。 しかし、たとえ証拠がなかったとしても、それは何の証明にもなりはしない。 まったく研究されてこなかったということはないだろうが、 現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。 今度は中国共産党を潰す方向に行っているとか。 P4とは国際基準で危険度が最も高い病原体を扱えるバイオセーフティーレベル(BSL)の最高防護レベルを表し、高度に危険な研究やいまなおワクチンや治療方法が知られていない病原体を専門的に扱う研究施設で用いられる。 ただ、安心してもらいたい。

次の

新型コロナウイルス→中国人=ウイルステロ という認識でいいです...

コロナ ウイルス 中国 テロ

同氏がパンダの赤ちゃんの取材のためにベルリンの動物園に行き、動物園の職員から話を聞こうとしたところ、職員の人が後ずさりをし、明らかに遠ざかろうとしたエピソードがに書かれています。 中国生物兵器説の根拠となっている情報は主にふたつある。 テロの脅威にさらされる危険性があるのは英国だけではない。 劣悪な状況下に置かれた野生動物間では、さまざまなウイルスが介在するといわれている。 この市長は、何れにせよ失脚だろうな。 イギリスの元首相、ブラウンさんが 世界政府つくろーぜ!! なんて言い出しましたけども。 複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。

次の

【新型コロナウイルス】 公表前に危険を警告した中国人医師が死亡

コロナ ウイルス 中国 テロ

偶然か? 私はそうは思わない。 TV UNNTV1 — Tone tone3436 きったねぇー!!! 中国国内ではツバを飛ばしたり、擦りつけたりと普通の人では考えられない行動している人が多く見られるそうで。 しかし、すぐに米国とイランの緊張が高まり、市場関係者らの中東リスクへの懸念が拡大。 日本人も見習わなければ。 TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• 狙っている。 最近、ツイッターではこんな動画が。

次の

謎深まるコロナウイルス感染源 中国内の報道から検証

コロナ ウイルス 中国 テロ

武漢の設備は最先端だったのかもしれないが、中国の安全基準は一般的に著しく緩いと言われている。 〝真相〟は今後の調査に待たれるが、中国ウオッチャーの龍氏がこれまでの報道などをまとめ、検証した。 どちらか分からない時には正しいと思われる方にウェートをかけて両論を併記するのが原則です。 告発者の一人である李文亮(Li Wenliang)医師が新型コロナウイルスの感染によって亡くなったことを受けて、今や彼らは国民のヒーローとして崇められている。 中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。 日本では3月8日頃から、いくつかのメディアに、 アメリカの生物兵器専門家の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏が登場し、中国の生物兵器説の可能性に言及した。

次の

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

コロナ ウイルス 中国 テロ

もはや戦争なんてしている場合じゃない。 SARS発生の際、中国政府と早期診断検査法を開発した米国のコロンビア大感染症免疫所のリプキン所長は「このような野生動物の売買を厳しく取り締まり、市場を閉鎖できれば、今回のような大流行は起こらないだろう」と話す。 事実、各国でその兆候が見られているようだ。 とにかく彼らは人口削減が目的なわけですよ。 ホントかウソか自分では判断できなかったからです。

次の