グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後。 ジョルジュ・スーラ『グランド・ジャット島の日曜日の午後』

ジョルジュ・スーラ

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

それだけ画家の心を捉えて離さない空気感や潤いがあったのでしょう。 この大作はにのが手に入れ、以後常設展示されている。 兵役は一年間であったが、その後も学校には戻らず、アマン=ジャンとパリで共同のアトリエを借りた。 その壁画は、2015年、同地に建設された静岡市上下水道局庁舎の壁面に設置され、七間町の往時を偲ぶモニュメントとなっている。 これも色点の効果。 好色 などなど人間以下と 罪や悪徳の象徴となっています。

次の

【美術解説】ジョルジュ・スーラ「点描絵画の創始者」

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

しかし、この絵は見事に光と陰を描き分けています。 西洋美術館に展示されていたシニャックの絵を初めて観たときも、その細かさに目が疲れてしまいました。 23歳のスーラにとって初めて一般に公開された作品だった。 ぜひ自分なりに作品を推理してみると グランジャット島の日曜日の午後を より楽しめると思います。 アートのなかでも、サイエンスに近いのが点描ではないでしょうか。 ん? よく見ると、この貴婦人は、お サルさんをペットとして連れて来てる? そしてお隣は男性ですよね。

次の

【美術解説】ジョルジュ・スーラ「点描絵画の創始者」

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

(オリジナル作品との)色合い・筆致の微妙な違いにつきましては、あらかじめご了承ください。 彼は足繁くグランド・ジャット島に通い、絵のイメージを具体化させるため、習作をたくさん描いたり、描き直したりして公園の風景から見えてくるものをデータベース化していたのかもしれません。 典型的な中産階級の家庭に生まれ、正規の美術教育を受けたスーラは、早世したという点を除いては特に波乱のない平穏な人生を送った。 スーラは何度もこの場所に通って、人間観察をしたのでしょう。 実のところ傘の中から大きな蛇が降りて来て顔に被さっているらしい。

次の

ジョルジュ・スーラ

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

画面中央に赤い日傘を差したご婦人が立っています。 左手がボヤッとしている。 セーヌ川に浮かぶ島で思い思いにくつろぐ人たちの情景が描かれています。 この作品は当初のに出展される予定であったが中止となったため、翌5月の第8回印象派展に出展された。 2018年5月5日閲覧。 当初はモノクロのデッサンに尽力していたが、そのうち今までの印象派の絵画の技法を更に進化させて、点描で絵を描いた画家として有名になる。 これも蛇だけで形作られた架空の人間っぽい。

次の

グランド・ジャット島の日曜日の午後

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

完成までに30枚ほどの習作を繰り返し 縦2メートル、横3メートルの画面を構成しました。 皆さんはこの絵をどこかでご覧になったことがあるのではないでしょうか?とにかく有名な絵ですね。 スーラは、野外の色の研究や、印象派のパレット同様の軽い色調を保持して、印象派がこだわりとしていた要素を採用した。 私がこの絵で気になったのは、日傘をさした女性の顔の白さです。 批評家のポール・アレクシスは「ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌにそっくりだ」と評した。 色彩を分割するため分割主義とも呼ばれます。 スーラは、この絵の制作に約2年もの歳月をかけています。

次の

ジョルジュ・スーラ

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

(大好き) なんで全部点で描いたのかというと、 光を表現するためです。 筆触分割とは、絵の具を混ぜずにカンヴァスの上に直接置くことで、混色による濁りを防ぎ、明るく鮮やかな色彩を表現することができる手法です。 絵に登場する人たちは、みなさん裕福そうに見えますが、服装は前の時代のものと比較すると、ずいぶんシンプルになってきました。 スーラが描いたグランジャット島は フランスのパリ市から1. ゆったりとした情景にサル… たまたまペットとして連れていたのでしょうか? 犬だけでもよくね?ということで 作品の右端の二人連れは夫婦ではなく 愛人なんだということを示すために サルを描いたと解説しています。 いまの時代に近づいてきた感じですね。 川面をぼんやり眺めている人、ぼーっとしている人、自分の趣味に没頭している人。

次の

スーラ【グランド・ジャット島の日曜日の午後】

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

スーラはどんなふうにして、壁を乗り越えていったのでしょうか。 部屋に飾って皆に自慢して下さい。 この絵は現在もこの額縁に入れられて展示されている。 描写方法においては、小さな色点で画面を構成する科学的な「色彩混合」の理論、つまり、点画描法が用いられており、それが観る者に印象を与える。 下から・横から大蛇に齧られて赤ん坊は断末魔の叫びを上げているかのようである。 つまり普通に色を混ぜ合わせると、色は鈍くなり、光の効果が失われるという結論に達するのです。 この絵を見てもわかりますが、印象派に特徴的な光と色彩のきらめき、とどまることなく変わっていく、あの流動的な空気はありません。

次の

グランド・ジャット島の日曜日の午後とは

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

ほかの印象派の画家たちの絵にも登場します。 当時出版された光学理論や色彩理論の研究に基づき、とそのの油絵具の細かい点を、色の比率を考えながら観る者の目の中で単一のをなすように並べていった。 そこでスーラは、シャルル・アングラン、アンリ=エドモン・クロス、ポール・シニャックらとともに「独立芸術家協会」を組織し、会費を払えば誰でも無審査で出展できる展覧会「アンデパンダン展」を開催した。 ちゃんと描けますけどなにか????という絵です。 ピサロはこれによって筆触の色の濁りや不鮮明さから逃れることができると考え、昔の仲間たちを「ロマン主義的印象主義者」、スーラやシニャックを「科学的印象主義者」と呼んだ。

次の