キリン ビール コロナ。 コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由 (1/3)

新型コロナ:キリンホールディングス、期限定めず出社上限3割に :日本経済新聞

キリン ビール コロナ

アサヒビールの主力商品である「アサヒ スーパードライ」(中央)。 オーナーは国や本部の支援の薄さを嘆く。 その背景にある要因を考え、わが国のビール企業に求められる取り組みを考えてみたい。 その中でも注目したいのがアサヒの経営だ。 それは、ビール酒造組合が公表していた市場動向レポートから確認できる。 portrait-tablet-and-below• 本当に職場は不要か、意外なメリットにも迫る。 業務用ビールの多さがあだに 一見するとアサヒビールの影響は他社より小さく見える。

次の

コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由 (1/3)

キリン ビール コロナ

説明するまでもなく、アサヒは大ヒット商品「スーパードライ」で一気に業容を拡大したという歴史を持つ。 今月27日の株主総会で、医薬・健康事業を売却し、その資金で最大6000億円の自己株取得を実施すること、取締役のインセンティブ報酬の比重を増やすことを提案している。 だが、アサヒはスーパードライを前面に押し出し、1998年にとうとうキリンとのシェアを逆転させた。 それができれば、企業はより長期の視点でヒト・モノ・カネをひきつけ、さらなる成長を目指すことができる。 それまでのビール市場は基本的に営業力が決め手になると考えられていたが、90年代は時代がシフトするタイミングであり、市場の構造が大きく変わり始めていた。

次の

新型コロナで投資余力を再考、企業買収は抑制=キリンHD常務

キリン ビール コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 それに伴い、円高や買収した企業の業績悪化などのリスクは顕在化しやすい。 終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。 キリンは取手工場、アサヒは守谷工場から、それぞれ1万2千リットルのビールを木内酒造の蒸留所に提供。 アサヒビールの2019年販売数量の実績を見ると、ビール類のうちスーパードライなどのビールが62%を占める。

次の

コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由(ITmedia ビジネスオンライン)

キリン ビール コロナ

合理的に説明できる範囲の事業を展開している」とした上で、「シナジーも検討しているし、定量化できるものは出そうとしている。 重要なことは、不確実性が高まり、需要低迷への懸念がある中にあっても、多くの人が欲しいと思うヒット商品を生み出すことができれば、企業の成長は可能ということだ。 その背景にある要因を考え、わが国のビール企業に求められる取り組みを考えてみたい。 新型コロナの影響がコンビニ加盟店を直撃。 その背景の一つとして、同社が「スーパードライ」のヒットを実現した影響は大きいだろう。 その1つとして、2020年からアサヒが販売数量の公表を止め、カテゴリー別の売上を金額ベースで公表しはじめたことを考えてみたい。

次の

コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由(ITmedia ビジネスオンライン)

キリン ビール コロナ

landscape-tablet• 投資の優先順位が高いのは、屋台骨であるビール事業の設備投資や医薬事業のパイプライン強化など。 中国では人の移動が大きく制限され、世界のサプライチェーンが混乱している。 だが、競合相手が哀れみの目を向けるのには理由がある。 現在、アサヒは世界的なプレミアムビールメーカーになろうとしている。 横田CFOは「競合と比べて株価の変動は軽く収まっている」とし、事業の多角化が奏功していると語った。 同時に「外飲みができない分、家飲みを充実させたい」というニーズも顕在化してきており、同社クラフトビールの缶商品も、5月の販売数量が前年比約8割増と大幅に伸長した。 それが理解されれば、市場の評価も高くなってくる」と述べた。

次の

キリン一番搾りCMで堤真一がビールとふたりきりで海辺のコロナ対策!?

キリン ビール コロナ

飲食店向けの業務用市場は、「ビール市場の約半分」(業界関係者)と大きなウエートを占めており、これがビール大手の販売数量が激減した最大の要因だ。 wide-browser-and-larger• アサヒビールは主力ブランド「スーパードライ」が28%減。 業務用ビールの販売が落ち込んでいるのは各社共通だが、ビール比率の高いアサヒの場合、業績への影響が大きくなってしまうのだ。 アサヒグループ本社ビル(東京都墨田区、提供:ゲッティイメージズ) 「業務用ビール」がコロナ禍でピンチ ビール大手各社における5月の販売動向は、発泡酒や新ジャンル(第三のビール)を含む「ビール類」のカテゴリーで、キリンビールが9%減、サッポロビールが20%減、サントリーが4%減、数量ベースでの公表をやめたアサヒは金額ベースで22%減だった。 関連記事• 金額ベースでもビールが72%と、大きな収益柱になっている。

次の

新型コロナが追い討ち「ビール離れ」に悩む各社の次の手 ついに「シェア非公開」に至った背景

キリン ビール コロナ

中国の需要を取り込んできた新興国や資源国をはじめ、世界各国の景気下振れ懸念は高まっている。 そのため、ビール業界全体の動向データの作成基準が変更され、ビール酒造組合が公表していた出荷データの公表頻度は月次から四半期に、さらには半期ごとに変えられることになった。 企業は守りの心理を過度に強め、成長のためにリスクをとることに慎重になってしまった。 日本国内だけでなく、海外でも店舗の一時閉鎖やイベント・外出の自粛などの措置が取られ、キリンが主力にするビールや飲料事業も打撃を受けている。 すでにキリンの医療事業は売上全体の約16%を占めるまでに成長した。 4月からウイスキーの原酒を消毒用アルコールとして販売している木内酒造(茨城県那珂市)は、キリンとアサヒに余ったビールの活用を提案し、3社の協業が実現した。 業務用ビールの販売は、宴会自粛で居酒屋が経営不振に陥っていることから急激に減少しており、すぐにこの状況が改善するとは考えにくい。

次の