れ っ こう の りゅう みゃく かく。 亢盛:漢方・中医学用語説明

急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)

れ っ こう の りゅう みゃく かく

きんあんまんてい[緊按慢堤] 46• けっしんつう[厥心痛] 50,113• 脳動脈瘤「のうどうみゃくりゅう」概要 脳動脈瘤とは、動脈に発生する、瘤状あるいは紡錘状「ぼうすいじょう」(両端がすぼまったつぼみのような形 に膨れたコブのことです。 維摩一黙 (ゆいまいちもく)• いんし[陰刺] 9,91• 大動脈の血管のカベは、外膜・中膜・内膜の3層の膜に分かれています。 きつぎゃく[吃逆] 2,16,42,128• きし[気至] 37• おしん[悪心] 18,170,197• きんしゅく[筋縮] 239• 一縷千鈞 (いちるせんきん)• けんりょう[顴髎] 250• こうきん[口噤] 72,81• こうきほう[候気法] 74• けいき[経期] 48,51• 一斑を見て全豹を卜す (いっぱんをみてぜんぴょうをぼくす)• かんたんしつねつ[肝胆湿熱] 98• がいそう[咳嗽] 24,123,128• INDEX 323• ごきん[五禁] 65• 一意攻苦 (いちいこうく)• あたまはせいめいのふ[頭は精明の府] 3• きょうさにゅうとつきん[胸鎖乳突筋] 278• 破顔一笑 (はがんいっしょう)• かねつ[火熱] 21• きゅうぜい[灸焫] 43• おんく[温煦] 18• こうたん[口淡] 2,73,150• けいき げっけいしゅうき のいじょう[経期 月経周期 の異常] 48• きはくじゅつ[気拍術] 38,94• 一丸となる (いちがんとなる)• かんうつ[肝鬱] 26,141• どの治療方法にも、再発率の高低、治療にかかる時間、費用面など、メリット・デメリットが存在しますが、医師とよく相談して進めれば安全に治療することができます。 一縷の望み (いちるののぞみ)• 括約筋(かつやくきん) (内肛門括約筋〈ないこうもんかつやくきん〉・ 外肛門括約筋〈がいこうもんかつやくきん〉) 直腸と肛門の周囲を取り囲み、肛門を開閉する働きをする筋肉。 イライラ 4,112,181• かんじゃ[寒邪] 22,27• 一矢を報いる (いっしをむくいる)• 一致協力 (いっちきょうりょく)• かっけはっしょのけつ[脚気八処の穴] 25• 一味徒党 (いちみととう)• 一世之雄 (いっせいのゆう)• かいひょうさんかん[解表散寒] 24• からえずき 20• おんつう[温通] 19• 板子一枚下は地獄 (いたごいちまいしたはじごく)• がいかんぴょう[外感病] 23• 一元描写 (いちげんびょうしゃ)• きゅうしん[九鍼] 17,31,80• 東洋医学用語 1• 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い (おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない)• 一紙半銭 (いっしはんせん)• おんちゅう[温中] 19• 弾性ストッキングを履くと足が軽くなって楽になりますが、根本的に下肢静脈瘤を治すものではないので、朝起きてから夜寝るまで、毎日かかさず履かなければなりません。 巣林一枝 (そうりんいっし)• 一脈通じる (いちみゃくつうじる)• きけつべんしょう[気血弁証] 190• の 169•。

次の

自覚症状がない!?破裂すると命の危険もある大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)とは

れ っ こう の りゅう みゃく かく

こうく[口苦] 46,73• かんねつびょう[寒熱病] 28• ぐうこつのえ[髃骨の会] 47• 一路邁進 (いちろまいしん)• げりょう[下髎] 178,252• いついん[温飲] 9,153• きょぜん[虚喘] 44,135• む 197• あぜけつ[阿是穴] 2,3,48,185• かゆうみゃく[蝦游脈] 22,84• こうかつ[口渇] 72,169• 大海の一粟 (たいかいのいちぞく)• えんげてすと[嚥下テスト] 308• 乾坤一擲 (けんこんいってき)• 挙一明三 (こいちみょうさん)• おくび 17• ごか[五華] 53,62• かんふく[脘腹] 29• しかも現在その原因は完全には解明されていません。 こうもん[肓門] 253• かき[化気] 21• がいけつ[咳血] 24,123• えんりしん[員利鍼] 17,32• ここは脳の底面である頭蓋底の中心で、眼から静脈血が流れ込んでいます。 千篇一律 (せんぺんいちりつ)• 一言も無い (いちごんもない)• おりもの 17• かんふぞうけつ[肝不蔵血] 27• こうきほう[行気法] 73• いんしょくろうけん[飲食労倦] 12• あじがわからない[味がわからない] 2• きょそうほう[去爪法] 44,57• 胸部大動脈瘤は、大動脈が弓のように大きく曲がった部分 大動脈弓 に多く起こります。 鉛刀一割 (えんとういっかつ)• かたこり[肩こり] 20• げんき[原気] 52• けんぷちょうこう[ケンプ徴候] 313• ひ 181• 静脈瘤とは静脈が枝分れをし,曲がりくねってが拡張する状態であるが,単に静脈瘤といえば下肢の表在皮静脈の静脈瘤を指す。 付録3 こり・痛み・しびれの検査と有効穴 273• かんげんゆ[関元兪] 236,252• 一筆抹殺 (いっぴつまっさつ)• 一糸乱れず (いっしみだれず)• 瘻管(ろうかん)を肛門外側の穴からくりぬく手術。 きょうひ[胸痞] 45,182• 説明 砕石位(さいせきい) 診察時に、仰向けで両足を上げる姿勢。

次の

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)について(10月)

れ っ こう の りゅう みゃく かく

か[火] 21• おなかがさしこむようにいたむ[お腹が差し込むように痛む] 17• いきぎれ[息切れ] 4• かっけ[脚気] 2,25,27,97• 一諾千金 (いちだくせんきん)• かんねつびょう[肝熱病] 27,168• 日本の暦 229• 一挙一動 (いっきょいちどう)• いかん[畏寒] 5• ローマは一日にしてならず (ろーまはいちにちにしてならず). 逆流がひどいと脳出血やを引き起こし、意識障害となります。 一富士二鷹三茄子 (いちふじにたかさんなすび)• ぎよんかん しゃっこつかん しょうこうぐん[ギヨン管 尺骨管 症候群] 311• 痔瘻(じろう) 肛門周囲膿瘍(のうよう)が自然に破れるか切開することによって、膿が排出された後に肛門内側に通じる管(トンネル)が残った病態。 万世一系 (ばんせいいっけい)• 一寸の光陰軽んずべからず (いっすんのこういんかろんずべからず)• いんきょちじつ[因虚致実] 176• や 201• 一刀両断 (いっとうりょうだん)• かんいんきょしょう[肝陰虚証] 141• 1~0. えきえいけつべんしょう[衛気営血弁証] 14,15,38,51,161,191• かふくぶつう[下腹部痛] 5,17,21,187• やや右上がりに書き、しっかり留めるときれいに見えます。 きょねつ[虚熱] 20,44• 一山当てる (ひとやまあてる)• こうさん[口酸] 73• いんえき[陰液] 9,170• けい[痙] 48• きょくじょうじんたい[棘上靱帯] 286• きえ[気会] 35,172• いんこう[咽喉] 12• こうはんせいすい[口泛清水] 73• また、特に大きな動脈瘤の場合には、瘤の内部に血の塊が生じることによって、脳梗塞の原因になることもあります。 がいぎゃく[咳逆] 24,123• 一碧万頃 (いっぺきばんけい)• けつぎゃく[厥逆] 49• えき[衛気] 14,15,34• 紅一点 (こういってん)• きがふさぐ[気がふさぐ] 30• ごぎょうけつ[五行穴] 55• あ 2• けんぴえきじん[健脾益腎] 51• いそう[胃倉] 253• いのむつきゅう[胃の六ツ灸] 6,212• いんちゅうのよう[陰中之陽] 11,177• おんとうきゅう[温筒灸] 19,124• いにょう[遺溺] 7,201• かえしばり[返し鍼] 20,198• こうつうしんじん[交通心腎] 74• けいこつしんけい[脛骨神経] 317• かんしょう[癇症] 28• 一飲一啄 (いちいんいったく)• あんきょう[按蹻] 4,122• いいん[胃陰] 5,6• 主な奇穴と主治 269• 一字一句 (いちじいっく)• いかんつう[胃腕痛] 5,17,107,187• えんいせんけつ[遠位選穴] 17,133• 蜉蝣一期 (ふゆうのいちご)• あしのたいいんひけい[足の太陰脾経] 235,247• 一世一代 (いっせいちだい)• きぜん[気喘] 37• あい[臆] 2,47• かつたん[豁痰] 25• かんじゃへんせい[寒邪偏盛] 27,183• 振臂一呼 (しんぴいっこ)• あしごり[足五里] 262• かおにつやがない かおいろがさえない [顔に艶がない 顔色がさえない ] 20• けいしょく・けいしつ[経色・経質] 48• 慎重な経過観察 クリッピング手術 開頭して行う外科手術 血管内治療 血管内にカテーテルを通して行う手術 そもそも脳動脈瘤の治療を行うべきかという点については、瘤の大きさや形、家族歴の有無、生活習慣など複数の因子を考慮したうえで決定されます。 いん[陰] 9,204• きけつ[気穴] 255• いかん[胃寒] 147• く 46• きけつきもう[気血虧耗] 35• 一琴一鶴 (いっきんいっかく)• きょじゃ[虚邪] 44,56• かたんきょしつ[化痰祛湿] 21• げんけつしん[原穴診] 52• 打成一片 (だじょういっぺん)• きょうふう[驚風] 20,45• 一騎打ち (いっきうち)• アプレーテスト 315• いせい[遺精] 7,25,198• 推薦のことば iv• 歯状線(しじょうせん)の乳頭(にゅうとう)部分が肥大して隆起したもの。

次の

自覚症状がない!?破裂すると命の危険もある大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)とは

れ っ こう の りゅう みゃく かく

あしきょういん[足籔陰] 261• げんきんみゃく[弦緊脈] 138• えよう[衛陽] 15• 症状の現れ方 初期には静脈の 怒張 どちょう (ふくれあがる)だけですが、症状が進むと立位での下肢のだるさやうっ血感、重量感、疼痛、浮腫、筋肉のけいれんなどが出現し、静脈瘤部の知覚異常やかゆみ、かくことによる 慢性湿疹 まんせいしっしん 様の皮膚炎なども現れてきます。 いんしょう[飲証] 37• 一言半句 (いちごんはんく)• こうかん[口甜] 72• ふ 185• これがで、門脈内にうっ滞した血液は心臓に戻るため、逃げ道(副血行路)が発達してきます。 108• かんこく[陥谷] 247• こうけいこつきん[後脛骨筋] 302• 一陽来復 (いちようらいふく)• 一抹の不安 (いちまつのふあん)• 一丘一壑 (いっきゅういちがく)• 静脈は血液をに送り返すをもち,弁によって血液のを,正常では血流は心臓方向へのとなっているが,生まれつき静脈壁が弱かったり,病気のために変化が起こったりすると,弁の機能が悪くなって完全に閉鎖しなくなり,立っているときに血液がによって逆流し,その果,下肢の皮静脈は拡張し,長くなって曲がったりする。 一筆勾消 (いっぴつこうしょう)• きょじつさくざつしょう[虚実錯雑証] 44,176,181• きょり[虚里] 45• み 196• て 159• いんと[陰都] 255• 一新紀元 (いちしんきげん)• 肛門ポリープ(こうもんぽりーぷ) (肥大乳頭〈ひだいにゅうとう〉) 慢性裂肛(れっこう)にみられる病変。 一家眷属 (いっかけんぞく)• きょうじゅ[享受] 46• ぎょくちん[玉枕] 251• こうみゃく[候脈] 197• 現在は、予防的な治療が行われている。 けっとくのかん[決瀆の官] 51,88• げかん[下関] 245• 娘一人に婿八人 (むすめひとりにむこはちにん)• こうつう[絞痛] 8,75• いんれん[陰廉] 262• 一刻千金 (いっこくせんきん)• こうき[行気] 73,207• 一寸先は闇 (いっすんさきはやみ)• くちがにがい[口が苦い] 46• 一虚一盈 (いっきょいちえい)• おなかがぐーとなる[お腹がグーとなる] 17• かんじんききょ[肝腎虧虚] 26• けんぴしょうせい[健脾昇清] 51• 万能一心 (ばんのういっしん)• かんぽうやく[漢方薬] 29,80,134• 硬化療法(こうかりょうほう): PAO注(フェノールアーモンドオイル注〈ふぇのーるあーもんどおいるちゅう〉) 痔核(じかく)の外来でできる治療法のひとつ。 。

次の

無心で文字打ちマン

れ っ こう の りゅう みゃく かく

。 。 。 。 。 。

次の

草食竜の甲殻

れ っ こう の りゅう みゃく かく

。 。 。 。 。 。

次の