インド 電源 プラグ。 インド旅行情報部

インドのコンセント&プラグ形状

インド 電源 プラグ

ピン径5. 製品の取説や、ACアダプタの裏なんかに書いているので、ご確認ください。 125V A-3 オセアニア 他 オーストラリア ニュージーランド 中国 AS SANZ GB 2P 10A. コンパクトタイプだと、テスコムやパナソニックのドライヤーが値段も手ごろですよ。 また、スタビライザー付きが場所を取らず便利で、延長コードを持参すれば数が少なくて済むそうです。 また、インド旅行に向けての 電源プラグを用意したいという方向けに安く手に入れる方法をご紹介します。 日本のコンセントはAタイプなので、B3タイプまたはマルチ変換プラグが必要になりますが、インドでは様々なコンセントの形状がみられるため、どのようなコンセントの形にも対応できる 「マルチ変換プラグ」を持っていくことをおすすめします。 ホテルでは普通に使えたので、不安な方は用意しておいたほうが良いかも。 電気が復旧する際には、大きな電圧がかかるため家電製品が故障する恐れがあります。

次の

海外規格タップ

インド 電源 プラグ

スマートフォン スマホ、カメラは基本的に変圧器は不要。 なので、ドライヤーを使いたい人は 海外対応のドライヤーを持っていくのがおすすめです。 最近はインドの水のせいなのか、抜け毛が多くなっている気がして震えあがっています…。 作ると 2,000円分ポイントがもらえる• 日本ではほとんどの場所でこのタイプのコンセントしか見かけませんが、それぞれの国でコンセントの形は異なるもの。 あなたが抱いていた常識や価値観なんて一瞬でぶっ飛びますよ! インドはそれほどエキサイティングで魅力にあふれた国なんです。

次の

世界の代表的な国と地域の電源プラグ

インド 電源 プラグ

ランキング• 東エリアで使用している電化製品の周波数はインドと同じなので問題はありません。 海外へ渡航する際には複数タイプに対応しているマルチタイプの変換アダプターがおすすめです。 インドの電圧に対応している 延長コードもダイソーなどの百円ショップで揃えておくとよいでしょう。 折角だから、香港・インド対応って記載した方が売れそうだと思うのですが。 一部のホテル等で確認情報があるようです。 (YE)• (9I)• 各コネクタの画像をクリックしますと各国認証品の詳細参考図面が参照できます。

次の

インドの電源・コンセント(プラグ)事情

インド 電源 プラグ

インドに持っていくコンセント変換プラグの検討 インド在住の友達に聞いてみるも「うちのコンセントは変換プラグはいらないから持ってこなくても大丈夫なんじゃないか」との答え。 ネットで検索してもなかなか宿泊先ホテルの電源タイプまでは出てこないので、 迷ったらとりあえずこの2つをおすすめします。 日本からドライヤーを持ち込む際、 「海外対応、海外仕様」として販売されている製品であれば変圧器の必要がなくそのまま使用できます。 電化製品のアダプターに「INPUT: 100〜240V」と書かれていればグローバル対応、つまり 変圧器は不要です。 そのため、コンセントの形状が日本のものと異なる国に行く場合は、 コンセントの形状を海外のものから日本のものに変換する変換プラグが必要になってきます。 しかし、 旅行に持っていくような電化製品はほとんど広い電圧に対応しています。 ヘアドライヤー、ヘアアイロンなど製品によって、電圧を下げるダウントランスの変圧器が必要な場合があります。

次の

インドのプラグ・トランス・コンセント 世界のプラグ・トランス・コンセント

インド 電源 プラグ

そして電圧が不安定なので 時間帯によって電圧が低くなっていたり、逆に高くなりすぎることもあるのです。 コンセント部分にシャッターが付き、アース線にピンを差し込まないとシャッターが開かず、ピンを入れることができない仕組みです。 2,000円分ポイントがもらえる• サーマルプロテクタ(自動復帰)、ヒューズ内蔵の安全設計なので安心です。 そのため、どれかひとつ対応する変換プラグを持っていれば安心、とは言い切れないのが正直なところです…。 また、インドでの 変圧器の購入から、 おすすめの変圧器と変換プラグについてもご紹介いたします。 乾燥して砂が吹き込み易いという気候のせいもあるでしょうが、座席がざらざらとして砂っぽかったり、宿の荷物置きが汚れていたりなどします。

次の

インドの電源プラグ・コンセントはどれ??変換・変圧器は必要??

インド 電源 プラグ

年会費が 無料• インドではほとんどが最初に紹介した5つ穴のコンセント、もしくはB3タイプ用の3つ穴のコンセントが使われているのでB3の変換プラグがあれば事足りるでしょう。 このようにインドでは複数の電源プラグが使われていますが、 インドに行く際に持って行くならB3タイプの変換プラグがおすすめです。 変圧器を使えば不安定な電圧を100Vに安定させてくれ、そのようなトラブルを避けることができるので 余裕がある方は持っていくほうが良いでしょう。 コレと変圧器さえ持っていれば怖いものなしですね。 海外旅行をする際、日本と同じ電圧の国は少なく、変圧器で電圧を変える必要があります。 ちなみに 全世界に対応した変換プラグもamazonで2000円程度で購入できます。

次の