調理 できる 電気 ケトル。 「LUCTUS クックケトル」はご存じ?湯沸かしだけじゃなく調理もできる斬新な電気ケトル

これでいいかも!電気ケトルで料理もできる「おりょうりケトル ちょいなべ」

調理 できる 電気 ケトル

茶こしの中身を捨てた後、食器用洗剤を使って洗います。 ベースの電熱部分を含めても、重さはとっても軽量。 クックケトルは最小で400ml、最大で800mlの水量に対応しています。 私は鯖缶やカレー缶などの缶詰をちょいなべで湯せんしてみましたが、こうすると中身を出してレンジで温めるよりも手軽だし格段に美味しくなるのでおすすめ!卓上で温められるのでキッチンのコンロに付きっきりにならなくてもいいし、熱燗を一緒に温めておつまみとしていただくのにも便利です。 ティーポット要らずでそのままお茶を注げます。

次の

お茶や調理ができる 電気 ケトル 温度調節 クックケトル 保温 ガラス 0.8L SE6300 :se6300:ベイビーベイビーベイビー

調理 できる 電気 ケトル

生クリームか牛乳を100ml入れます。 ケトルは丸洗いできるうえ、フッ素加工を施したアルミ製なのでニオイも付きにくい 自在な温度調節でおいしく仕上げて、そのまま「いただきます!」 「ちょいなべ」の調理機能の利用シーンは想像以上に幅広い。 ・つぼ型容器ポットで・・・湯せん調理として。 つぼ型ポットに、刻んだチョコレートを入れ、本体にセットする• 同容量の電気ケトルに比べて、消費電力に差があるため、「できるだけ短時間でお湯を沸かしたい」というニーズにはちょっと向かなさそうです。 オリーブオイル 小さじ1• また、電気ケトルとしてもご利用可能です。 その後、塩もみして、水気を絞ります。

次の

【レビュー】調理が出来る電気ケトル「クックケトル」を使ってみた!

調理 できる 電気 ケトル

クックケトル本体の内部も洗浄可能です。 ホットな飲み物調理 甘酸っぱくてほっこり、こちらは甘酒とすりつぶした苺を一緒に温めたホットドリンクです。 付属のレシピブックによると、温泉卵は70度のお湯に15分漬けるとのこと。 大きければ大きいほど場所をとる• 40度から90度までの温度が設定可能です。 コード部がマグネット式で本体から取り外しできるため、キッチンからテーブルへの移動も楽々です。

次の

料理も作れるシロカの電気ケトル「おりょうりケトル ちょいなべ」が想像以上に“アリ”!

調理 できる 電気 ケトル

その他にも、溶かしバターの準備など、お菓子作りをする方にも役立つと思います。 電気ケトルは今やほとんどの家庭にある必需品。 火を使わないから安心。 オシャレでシンプルな「クックケトル」をご紹介! 久しぶりに、ワクワクするような家電を購入したのでご紹介したい!その名も 「クックケトル」!! 今まで「電気ケトルがあったら便利だろうな~」なんて考える事もありましたが・・・今までの電気ケトルに魅力を感じず、お湯が必要な時はやかんで沸かしていまいた。 紅茶、チーズフォンデュ、温泉たまご、ホットスープ、ホットサングリア。 お茶、デザート、スープにと多様の使用が可能。

次の

調理もできる電気ケトル「クックケトル」。ゆで卵もできる便利アイテム

調理 できる 電気 ケトル

疲れていてキッチンに立ってお料理する気力がないな〜って時でも、ちょいなべがあれば卓上で手軽にあったかメニューを作れますね。 クックケトル本体でお湯を沸かし、付属の茶こしに茶葉を入れます。 沸くとアラームで呼び出してくれる• チョコレートが溶けたら具材にチョコをつけて、クッキングシートに並べて冷蔵庫で冷やす• 紅茶、チーズフォンデュ、温泉たまご、ホットスープ、ホットサングリア。 ・茶こしで・・・お茶淹れ、お出汁作りに。 掲載商品情報:シロカ siroca)「おりょうりケトル ちょいなべ」(SK-M151) ・電圧:AC100V ・消費電力:1200W ・容量:1L ・本体重量 約 :1. 使いやすいガラス製 中身が見えるから、お茶やちょっとした調理道具として使える 又、お湯への臭い移りがなく、汚れが確認できるのでお手入れしやすい。 ですが、デメリットとして保温はできません。

次の

調理もできる電気ケトル「クックケトル」。ゆで卵もできる便利アイテム

調理 できる 電気 ケトル

3 高さ cmとコンパクトで、重さは約1. ゴチャゴチャと装飾を足すことなく、ミニマルを貫いているところに「洗練」が感じられる。 ヒーターや操作部が備えられた台座にアルミ製のケトルが載っているのだが、このケトルの形状が平型で、ルックス的にはケトルというより、小さめの鍋。 だから、立ったり座ったりのおっくうな移動もせずに調理・食事が楽しめます。 どちらにもメリット・デメリットがあるので、どちらを選ぶかは人それぞれだと思います。 お茶、デザート、スープにと多様の使用が可能。 フォンデュする具材(ウインナーや野菜、パンなど) 作り方• com最安価格)と保温機能付きケトルとしてはやや高めだが、卓上調理機能も兼備していることを考えれば、むしろ割安感がある ケトル、ヒーターを内蔵した台座、フタの3パーツに分かれている。 シチューやカレーの温め直しもシッカリ加熱できます。

次の