プロ 初 打席 満塁 ホームラン。 北川博敏の伝説の逆転満塁ホームランがスゴイ!現役時代の成績や現在は?

【初打席初本塁打】達成者 一覧 (日本プロ野球編)

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

ESPN ESPN Internet Ventures. また埼玉県勢は前年ののでが2回戦で川之江に5-6でサヨナラ負けし、この第75回選抜高等学校野球大会に花咲徳栄とともに出場した浦和学院が3回戦で智辯和歌山に延長12回6-7でサヨナラ負け、ではが準々決勝で江の川に1-2でサヨナラ負けし、県勢は3季連続で4校がサヨナラ負けを喫した(花咲徳栄がサヨナラ勝ちした2試合を含めると3季で6試合のサヨナラゲームを経験)。 の阪神対巨人戦(阪神甲子園球場)で、阪神のが巨人のの敬遠球を打ち、三遊間を抜くサヨナラ安打にした。 打者、1塁走者、2塁走者、3塁走者の4人が本塁を踏む事になるため、 満塁ホームランでは4点入る。 両リーグにまたがって達成した選手はまだいません。 翌年からはリーグ再編問題をきっかけに現在のオリックスバファローズに移籍しました。 同年ので2回戦でが明徳義塾に延長11回6-5でサヨナラ勝ち、続く3回戦で滝川第二が長崎日大に9回3-2でサヨナラ勝ちした。 Reuters. 日本プロ野球史上2度目の投手によるサヨナラ本盗を決めており、8年前とは逆となった。

次の

【プロ野球記録】左右両打席ホームランを達成した選手 スギノールこと日本ハム杉谷選手が19人42回目の快挙

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

これは、1956年7月25日に、外野が広いことで知られるで行われた試合で、がを9-8で破った。 シュルジーは5月29日の試合で、5-3のリードを守るためにのとして登板したが、2点を取られて追い付かれてしまい、試合はに突入した。 スコアは3x - 2。 だがこれによって新庄は前位の走者(田中幸)を追い越したことになってしまい、新庄にアウトが宣告され本塁打は取り消された。 またサヨナラスクイズは極まれだが攻撃側1点ビハインドで二三塁の場面でスクイズをして同点の三塁走者生還、一塁送球打者走者アウトの間にサヨナラの二塁走者も生還(2ランスクイズ)なら可能性はある。 5回、満塁からメヒアが空振り三振で終了 6回、満塁から菊池が2球でファールフライを打って終了。 加治前はプロ1年目。

次の

満塁本塁打

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

San Francisco Chronicle Hearst. 2011年8月25日閲覧。 広野はその後この時の対戦相手の巨人に移籍しているが、の対戦においても、日本プロ野球史上3人目の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録している。 二死からのなし:() 何の因果か、上記の決定からわずか4日後、に記録された。 概説 [ ] 野球やソフトボールでは攻守交替が明確になされるため、両チームの攻撃回が同数となるのは自明である。 2019年の1回戦、八戸学院光星・下山選手の満塁ホームランは開会式直後の第1試合の1回表に飛び出しました。

次の

【プロ野球記録】左右両打席ホームランを達成した選手 スギノールこと日本ハム杉谷選手が19人42回目の快挙

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

2016年6月14日. 2018年9月30日閲覧。 ホワイトソックスは、1993年にが達成して以来のチームとなった。 巨人のは試合の途中から守備で出場しており、3対 3の同点で迎えた延長10回裏一死の場面にプロ初打席が回ってきた。 に行われた、球団最終試合の対オリックス戦では負けているので、球団として最後の公式戦勝利ともなった。 千葉功『プロ野球 記録の手帖』ベースボールマガジン社、2001年。 投打で最高のスタートを切ったが、良かったのはここまで。

次の

ロッテ中村奨吾「最高の形」初の満塁弾で4年ぶり5連勝!

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

しかし、この試合終盤、勝利を確信していたオリックスはDHだった選手を一塁守備に就かせ、DHなしの打線を組んでいたのだ。 リーグ戦再開後の5試合で、打率. 32〜35 、p. 2005年のシーズンでは5017本の本塁打のうち、2. 藤村富美男(1956年6月24日)• 成立しにくく、また大量得点の攻撃であるため、において記録的な出来事の一つである。 クリーンナップ3者連続ホームランによるサヨナラ勝利、およびこれに始まる3夜連続サヨナラゲーム [ ] 、DeNA対広島(横浜スタジアム)の対戦カードの初戦であった。 and Mouat, Mike 2011年8月25日. photo• 高校野球 [6月29日 9:01]• 達成者一覧 [ ] (2009年) 達成 人数 達成者 達成 年月日 所属球団 通算 本塁打数 対戦球団 備考 1 () 1895年9月10日 3本 MLB初 2 () 1898年4月21日 6本 、 3 () 1906年4月12日 ビーンイーターズ 25本 4 () 1921年8月8日 1本 初、 5 () 1922年5月7日 2本 初球本塁打 6 1929年4月16日 238本 開幕戦 7 () 1929年4月27日 3本 フィリーズ 投手、初球本塁打 8 () 1930年5月24日 ロビンス 8本 9 () 1936年4月14日 1本 カブス 開幕戦、、初球本塁打 10 () 1937年4月30日 2本 代打本塁打 11 () 1937年9月9日 アスレチックス 4本 12 () 1938年4月19日 36本 フィリーズ 開幕戦 13 () 1938年4月19日 ドジャース 17本 ロビンス 開幕戦 14 () 1938年6月10日 レッドソックス 1本 投手、初球本塁打 15 () 1942年5月31日 69本 パイレーツ 初球本塁打 16 () 1942年9月11日 カブス 6本 ジャイアンツ 17 () 1943年9月8日 ジャイアンツ 31本 フィリーズ 18 () 1944年4月23日 タイガース 1本 インディアンス 19 1945年7月5日 ジャイアンツ 114本 カージナルス 20 () 1946年4月22日 レッドソックス 20本 セネタース 21 () 1947年8月26日 ドジャース 1本 パイレーツ 投手 22 () 1948年4月20日 タイガース 12本 ホワイトソックス 開幕戦、初球本塁打 23 () 1948年5月21日 ジャイアンツ 2本 カブス 代打本塁打 24 () 1949年9月14日 フィリーズ 3本 パイレーツ 25 () 1950年9月14日 レッズ 5本 ドジャース 代打本塁打 26 1951年9月14日 ブラウンズ 125本 レッドソックス 2打席目も本塁打 27 1952年4月23日 ジャイアンツ 1本 ドジャース 投手 28 () 1954年4月13日 カージナルス 142本 カブス 開幕戦 29 1955年4月12日 21本 開幕戦、初球、代打本塁打 30 () 1956年5月7日 ジャイアンツ 202本 カージナルス 31 () 1957年5月24日 カブス 2本 ブレーブス 32 () 1961年6月18日 パイレーツ 15本 カージナルス 33 () 1961年9月1日 カブス 1本 ジャイアンツ 34 () 1962年5月19日 レッドソックス 79本 35 () 1962年9月5日 63本 代打本塁打 36 () 1963年5月5日 3本 タイガース 投手 37 () 1963年6月19日 タイガース 84本 レッドソックス 代打本塁打 38 1964年7月23日 アスレチックス 79本 ツインズ 初球本塁打、4打席目も本塁打 39 () 1964年9月30日 タイガース 1本 ヤンキース 代打本塁打 40 () 1965年9月12日 セネタース 38本 エンゼルス 初球、代打本塁打 41 1966年9月11日 ヤンキース 2本 レッドソックス MLBも本塁打 42 () 1968年7月11日 ツインズ 20本 タイガース 43 () 1968年8月7日 アスレチックス 9本 ヤンキース 代打本塁打 44 () 1970年9月2日 タイガース 4本 レッドソックス 45 () 1972年5月24日 エンゼルス 1本 アスレチックス 投手、初球本塁打 46 1974年8月27日 38本 47 () 1974年9月1日 タイガース 3本 アスレチックス 48 () 1974年9月3日 ジャイアンツ 4本 ドジャース 投手 49 () 1975年7月30日 アストロズ 1本 投手 50 () 1975年8月22日 ツインズ 21本 タイガース 51 () 1975年9月2日 ジャイアンツ 22本 ドジャース ランニング本塁打 52 () 1977年4月7日 35本 ホワイトソックス 開幕戦、初球本塁打 53 () 1978年6月21日 エンゼルス 1本 ツインズ 54 1980年9月6日 260本 ジャイアンツ 55 1981年9月20日 ツインズ 360本 56 1983年8月22日 カブス 108本 レッズ 57 () 1983年9月13日 メッツ 48本 フィリーズ 58 () 1984年6月29日 ツインズ 1本 タイガース 59 1986年4月8日 ジャイアンツ 284本 アストロズ 開幕戦 60 1986年9月12日 アスレチックス 162本 インディアンス オールスター初打席も本塁打 61 1986年9月29日 インディアンス 195本 ツインズ 初球本塁打 62 () 1988年7月17日 フィリーズ 55本 アストロズ 63 () 1989年5月4日 ブルージェイズ 55本 アスレチックス 初球本塁打 64 1990年8月19日 ドジャース 53本 エクスポズ 65 () 1992年4月10日 パドレス 1本 ドジャース 投手 66 () 1992年6月8日 カブス 4本 カージナルス 投手、初球本塁打 67 () 1993年5月14日 3本 レッズ 初球本塁打 68 () 1993年6月16日 1本 カブズ 69 () 1994年5月19日 ドジャース 3本 ロッキーズ 代打本塁打 70 1995年4月29日 42本 ヤンキース NPB初打席も本塁打 71 1996年5月17日 ブレーブス 325本 レッズ 72 () 1997年4月16日 エクスポズ 2本 アストロズ 投手 73 1997年9月2日 エクスポズ 114本 レッドソックス 代打本塁打 74 () 1998年9月8日 フィリーズ 63本 メッツ 代打本塁打 75 1999年5月7日 ホワイトソックス 358本 アスレチックス 76 1999年6月9日 エクスポズ 2本 レッドソックス 投手 77 2000年6月4日 1本 メッツ 投手、初球本塁打 78 2000年6月26日 5本 アストロズ 代打本塁打 79 () 2000年7月4日 カージナルス 3本 レッズ 代打本塁打、2打席目も本塁打 80 () 2000年7月17日 カージナルス 34本 ツインズ 初球本塁打 81 () 2001年4月17日 カージナルス 1本 ダイヤモンドバックス 投手、初球、代打本塁打 82 2002年6月10日 ヤンキース 115本 ダイヤモンドバックス 初球本塁打 83 2002年9月15日 ホワイトソックス 145本 ヤンキース 84 () 2003年6月27日 アストロズ 1本 レンジャーズ 代打本塁打 85 2004年4月6日 メッツ 32本 ブレーブス 開幕戦、初球本塁打 86 2004年4月8日 カージナルス 15本 ブルワーズ 87 2004年9月8日 46本 インディアンス 代打本塁打 88 2004年9月26日 ヤンキース 14本 レッドソックス 初球、代打本塁打 89 2005年8月21日 メッツ 100本 代打本塁打 90 2005年8月31日 マーリンズ 65本 カージナルス 満塁、代打本塁打 91 2006年5月4日 エンゼルス 238本 タイガース 92 2006年5月24日 カージナルス 8本 ジャイアンツ 投手、初球本塁打 93 2006年9月2日 インディアンス 85本 レンジャーズ 初球、満塁本塁打 94 () 2006年9月4日 アストロズ 2本 フィリーズ 初球、代打本塁打 95 2006年9月18日 ホワイトソックス 34本 タイガース 代打本塁打 96 2007年4月2日 デビルレイズ 31本 ヤンキース 開幕戦 97 2008年6月5日 カージナルス 1本 ナショナルズ 投手 98 () 2008年8月6日 オリオールズ 5本 エンゼルス 99 2008年9月8日 アストロズ 1本 パイレーツ 初球、代打本塁打 100 2009年4月5日 ブレーブス 12本 フィリーズ 開幕戦 101 2009年5月13日 ダイヤモンドバックス 61本 レッズ 102 2009年8月28日 ダイヤモンドバックス 6本 アストロズ 代打本塁打 103 2010年4月5日 ブレーブス 101本 カブス 開幕戦 104 2010年4月28日 ツインズ 8本 タイガース 105 2010年5月7日 カブス 72本 レッズ 106 2010年6月12日 レッドソックス 25本 フィリーズ 初球、満塁本塁打 107 2010年8月7日 ブルージェイズ 80本 初球本塁打、4打席目も本塁打 108 2011年5月6日 レイズ 21本 オリオールズ 109 2011年9月3日 ナショナルズ 1本 メッツ 投手、初球本塁打 110 2011年9月6日 ジャイアンツ 9本 パドレス 111 2012年7月26日 パイレーツ 55本 アストロズ 初球本塁打 112 () 2012年8月2日 パドレス 1本 レッズ 113 2012年9月2日 レンジャーズ 10本 インディアンス 114 2014年8月27日 カブス 20本 レッズ 115 2015年5月6日 ツインズ 16本 アスレチックス 初球本塁打 116 2015年8月19日 タイガース 1本 カブス 投手 117 2016年6月19日 カブス 12本 パイレーツ 初球、代打本塁打 118 2016年8月13日 ヤンキース 5本 レイズ 119 2016年8月13日 ヤンキース 4本 レイズ 上記のオースティンとの2者連続弾 120 2017年5月28日 カージナルス - ロッキーズ 脚注 [ ]• 自分のスイングで芯に当たったので、ホームランになるなと思いました」 4日に東京ドームで行われた巨人-中日戦。 開幕戦からサヨナラあり、1点差試合ありと、印象深いゲームが多かった。 準々決勝の戦は延長15回引き分け再試合にもつれこみ、再試合の延長10回裏、福本真史投手の暴投により5-6でサヨナラ負けした。 2016年6月15日. (1971年5月30日、1972年6月9日)• また明徳義塾はのは準々決勝でに2-3でサヨナラ負け、は1回戦でに6-5でサヨナラ勝ち、準決勝でに6-7でサヨナラ負けしていたため、前年春から4季連続の甲子園出場で5試合のサヨナラゲームを経験し、4季のうち3度サヨナラ負けで敗退した。

次の

【プロ野球記録】左右両打席ホームランを達成した選手 スギノールこと日本ハム杉谷選手が19人42回目の快挙

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

九回2死から3連打を浴び一発が出れば逆転というピンチで最後の力を振り絞った。 なにが起こるかわからないのが野球ですがほんとにわからないものです。 試合は同点で迎えた延長10回裏1死二塁の場面でがからライト前にタイムリーを放ち、近鉄球団最後の本拠地主催試合でサヨナラ勝ちをおさめている。 デイブ・コクレーン、チャック・ジャクソン、の3人で、試合も22-7で大勝した。 サヨナラゲームの場合に得点表記の後ろに「x」印をつけるのは、ここから派生し、「裏の攻撃が途中のうち(第3アウトが成立する前)に試合が終了した」ことを意味すると考えて差し支えない(コールドゲームの場合でも、そのイニングで第3アウト成立前に打ち切られた場合はそれが付けられている)。 スポンサーリンク 北川博敏の伝説のホームランがスゴイ!「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン」 2000本安打を達成したわけでもなく、打撃タイトルを2度も獲得したことがないのに有名になったな北川選手。

次の

満塁ホームランとは (マンルイホームランとは) [単語記事]

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

2014年1月9日閲覧。 も参照。 132球を投げ抜いた大瀬良は「たくさんの球種を使いながら芯を外した」と4奪三振で、打たせてとった。 (2005年4月6日・8日)• ドラフト関連情報はもちろん、ディープな記事に定評がある野球愛好家のバイブルともいってよい存在。 この9回裏に6点差を逆転したのは、現時点で日本プロ野球史上最大得点差の逆転サヨナラである。

次の

【高校野球】甲子園で出た満塁ホームラン一覧

プロ 初 打席 満塁 ホームラン

年という長いの中で2打席連続満塁ホームランは初めてのことであり、1試合1人8はそれまでPLの、のなどが保持していた1試合7の記録を塗り替えた。 Baseball 1845—1881 From the Newspaper Accounts. 名前:北川 博敏(きたがわ ひろとし) 出身地:兵庫県伊丹市 生年月日:1972年5月27日 身長:180cm 体重:95kg プロ入り:1994年 ドラフト2位 逆指名 所属球団:阪神タイガース 1995 — 2000 大阪近鉄バファローズ 2001 — 2004 オリックス・バファローズ 2005 — 2012 デビュー:1995年8月16日 北川博敏(きたがわひろとし)と言う名前は一度でも聞いたことがあるのではないでしょうか? 北川選手は 日本大学出身で、1994年に阪神タイガースからドフラト2位で指名されプロ入りしました。 3試合連続サヨナラゲーム [ ] 「」も参照 のに出場したは初戦となる2回戦でに延長13回4-3でサヨナラ勝ちし、続く3回戦でを擁するに9回10-9で2試合連続サヨナラ勝ち。 :() の対の一戦において、9回裏2死で0-1の状況から、当時の選手兼任であった(故人)によって記録された。 ご存じの通り、パ・リーグは指名打者制を採用しており、投手であるシュルジーが打席に入ることは、普通あり得ない。

次の