努力 値 計算。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

個体値カリキュレーター(ソードシールド対応)|ポケモン徹底攻略

努力 値 計算

分かりやすくHPが極端に高いカビゴンで計算してみます。 HP4、攻撃252、防御0、特攻0、特防0、素早さ252 合計508 510まで振れるが、最後の2は切り捨てなので、どこに振っても構わない。 ご了承いただければ幸いです。 今回の例として挙げてきたドラパルトは、最速や元々持っていた火力を犠牲にして耐久値を上げることで「サザンドラの悪の波動を耐える」というできることを増やしています。 87, 0. 0〜31の値を取ります。

次の

【ポケモン剣盾調整論】努力値配分の逆算方法とツール【振った数値を忘れたときに】

努力 値 計算

今回完成した眼鏡ドラパルトの調整については、耐久調整のために特攻を削りすぎており、本来の高速アタッカーとしての役割がこなし難いように感じたため、ミミッキュのダイフェアリーとサザンドラの悪の波動の乱数をもう一つ甘えて以下のような調整にしました。 (努力値0から使った場合は各10個まで)• 今回はCSベースから「スカーフサザンドラの悪の波動を耐える」ように調整したかったので、元々担っていた役割である一貫を作りやすい高火力高速エースとしての役割、ウオノラゴン・パッチラゴンのストッパーとしての役割を意識しつつ、特殊耐久を大きく上げ、ついでに物理耐久も少し上げる形になっています。 私はこのiPhoneアプリを使っています。 ポケモンの配分や育成論を考えるときに役立つ知識ばかりなので、ぜひ覚えてほしいです。 (HP4 攻撃252 素早さ252 合計508) 足し算と掛け算だけなので、計算ミスの無いように振っていけば大丈夫だろう。

次の

個体値カリキュレーター(ソードシールド対応)|ポケモン徹底攻略

努力 値 計算

9、その他は1. 詳しくはをどうぞ。 多分、例を挙げたほうが分かりやすいと思うので、今回以下の例を用意しました。 0として計算します。 確認したいポケモンのステータスの六角形が表示される画面でXボタンを押すと、表示したポケモンの個体値が黄色の六角形で、努力値がオレンジまたは水色の六角形で表示されています。 努力値20(実数値3)• 「がくしゅうそうち」を使う場合、手持ちポケモン全てに努力値が入る。 走れる陸地が少な目、波乗り必要• 他には、「 種族値」「 個体値」と呼ばれる値が、ポケモンのステータスを決定しています。

次の

【ポケモン剣盾調整論】努力値配分の逆算方法とツール【振った数値を忘れたときに】

努力 値 計算

「まじめ」など補正のない性格もあります。 技構成と与ダメージ計算 ここでは、高火力物理アタッカー 3大ウサギ のエースバーンとホルード、マリルリが呼ぶであろう受けポケモンに対して有効な攻撃技とその与ダメージ計算を行います。 どうぞよろしくお願いします。 努力レベルは0~63まである• この時、 HP の実数値が奇数になるように調整すると良いでしょう(弱点技はダメージが必ず偶数になるため)。 アイテムを使う ドーピングアイテムと呼ばれる道具を使って努力値を上げることも出来ます。 ほぼガオガエンピンポイント対策の採用技です。

次の

【ポケモン剣盾】素早さ努力値計算ツール『Speed Calc』の紹介

努力 値 計算

性格補正は6つの能力値のうち一つを1. 画像サイズの変更や画質の劣化があると数値がズレる可能性が高まります。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ただ、最終盤はリリバの発動機会がそこまで多くなかったのも課題。 グループチャットのようなもので、情報収集したいと考えている人にもおすすめです。 努力値の限界が合計ではなく個別• ただし、1度使用するとなくなる。

次の

努力値調整・耐久調整の効率的なやり方【剣盾ランクバトル】

努力 値 計算

経験値と同じように「 」で努力値も分配される• 両刀ポケモンなどはまた話が変わってきますが、一般的に1. 「 HPが低い」: HPを増やす• 倒したポケモンの種族値と同じ分だけ努力値が加算される• これらの数値の存在や、計算方法は公式にはあまり明らかにされていません。 戦闘に出ているポケモンがポケルス感染、又は強制ギプス等の努力値増加道具を持っていても 学習装置所持ポケモンには通常通りの努力値しか入りません。 「 新しく結果を計算」ボタンをクリックします。 などです。 ポケルスは戦闘終了後に、非常に低い確率で発症するが、こうした自然発症を狙うのはかなり厳しい。 つまり、ポケモン対戦では「 努力値」を考えることで そのポケモンの個性を色付けます。 ポケルスに感染させるのを忘れた、パワー系アイテムを持たせるのを忘れた、倒した数を忘れた、などが起きないように注意すること。

次の