横浜 カジノ 説明 会 司会。 市民は激怒!横浜市のカジノ誘致説明会―市長のらりくらり、司会者は質問打ち切り

横浜市のカジノ誘致に市民猛反発 説明会は司会の渡辺真理にヤジが飛び、釈明騒ぎも

横浜 カジノ 説明 会 司会

(客席からの発声続く) はい、ということで、じゃあ、ここちょっとご覧ください。 身を引いて新しい体制をつくっていただく」と退任を表明し、了承された。 「有権者一人一人に行動してほしい」と呼び掛けた。 主な事業は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致実現に向けて、ギャンブル依存症などの懸念事項に対する調査・研究や、国に認定を申請する区域整備計画の策定などの推進費(4億円)を計上。 (客席から複数の発声) そして、IRに設置(客席から複数の発声)、ここから聴いてくださいね、IRについての説明いよいよ始めますね(「カジノ、カジノ」など客席から複数発声)。

次の

【IR考】横浜新市庁舎挟み「カジノよりコロナ対策!」 誘致反対市民150人が抗議集会

横浜 カジノ 説明 会 司会

林市長は今年8月、カジノを含むIRの誘致を表明。 市は超党派の国会議員連盟による法制化の動きがあった2014年度から2018年度まで、当初予算に調査費名目で1,000万円を計上。 初めて参加したという飯島ちひろさん(38)=同市旭区=は「カジノで地域を活性化しようとか、市の税収をカジノに頼ろうとは思わない」と説明。 林文子市長が登壇、IRは「戦略的に必要」と誘致の意義を改めて説いた。 これらの数字ですが、なんでこんなに差が出ているのかということなんですが、事業者ごとに想定する投資や施設規模などが異なるために数字に幅が出ているわけです。

次の

横浜カジノIR誘致&構想予定地ニュース速報(みなとみらい)

横浜 カジノ 説明 会 司会

カジノなしの施設を求める意見に対し、市長は「観光客が繰り返し訪れる決定的なコンテンツがない」「カジノなしでは運営ができない」と反論。 しかし、同じ大都市の大阪府を見ますと、訪日外国人の観光消費額は1兆2984億円となっております。 これは絶対建て替えしなくちゃなりません。 しかし、これらの依存症が非常に不安感、問題ですね。 こういう観光先進国、日本は観光先進国としては遅れているから、もっともっと収入を増やしたいとして(客席から発声)観光立国というのを目指してきましたけど、この実現するためにIR整備法というのは、国が法律を作って、カジノは違法ではない、という法律をちゃんと作りました。 目次 1. もう、横浜市にこれらが出来てまいります。

次の

カジノ誘致の横浜市民・横浜市長・説明会が話題

横浜 カジノ 説明 会 司会

(客席から発声) ですから、こういう取り組みを進めてまいる、また、後ほどご質問にも、副市長も詳しくお答えできると思います。 お願いしますから、聴いてください。 21%(前回29. (「聞いたことないぞ」など客席から発声)。 2カ月間で有権者50万人分が目標。 そのお金が入ってきたら増収にはなるでしょうが、そういうお金を使うことについて、市長や役員、議員の方々がどう考えているのかお聞きしたい」 これに対してIRへの旗幟を鮮明にしていない横浜市の説明は、明確さや方向性を欠いており、参加者からは不満の声が漏れた。 大阪市を見ても上場企業数は横浜の3倍です。

次の

市民は激怒!横浜市のカジノ誘致説明会―市長のらりくらり、司会者は質問打ち切り

横浜 カジノ 説明 会 司会

(会場から発声続く)東京23区の4分の1にとどまっています。 多くの住民が懸念する依存症対策については、横浜市立大学等との連携を検討していることと併せて、わずか3千人が対象の調査にて実態把握していくことが説明されました。 開催スケジュール、会場について(2019年12月開催分) 今後横浜市の全18区で市民説明会を実施予定とのことですが、2019年12月は6区で開催することとなっています。 住民「林市長、なんでここで市民とお話をしないんですか」 司会者「みなさまとこれから夜を徹して話しましょうという機会ではないです。 横浜市の歳入にとって、(「カジノのこと話せよ」など客席から発声)、あのすみません、ちょっとこれお話しないとなぜ(「よくわかる」「読めばわかる」など客席から発声)あのすみません、なぜカジノを誘致したのかというお話をするというお約束で今回説明会やっておりますので、(客席から発声続く)ちょっとお待ちください、休憩時間挟んで、いたします(「休憩なんかいらないよ」「聴こえない」「出ていけよ」「うるせえ」など客席から発声の応酬続き市長の発言が止まる)。

次の

横浜市がIRの市民説明会を実施するも反対意見が噴出

横浜 カジノ 説明 会 司会

会見で林市長は「市内の宿泊客は他の自治体より少なく、将来に強い危機感がある。 その見通しから「戦略的に考えて、お金を生み出していかないといけない」と語り、カジノを含むIRの有用性を指摘した。 経済効果を期待 説明会当日は、林市長をはじめ小林一美副市長らが登壇。 (「広報で資料で分かっているよ」「広報読んでます」など客席から複数の発声続く) まず、グラフをご覧ください。 どうもありがとうございました。 横浜の将来のためにIRを実現する必要があると総合的に判断した」などと答弁し、「治安や依存症対策など、日本型IRの優良なモデルとなることを目指す」と回答した。

次の

横浜で初のIR市民説明会 市長、意義強調も参加者不満「一方的だ」

横浜 カジノ 説明 会 司会

誘致は地域経済の活性化と市の財政改善が狙い。 横浜市では18の区すべてで市民説明会を行う予定だ。 では、横浜はどうでしょうか。 皆様のお時間、本当に貴重なお時間をお預かりしております。 横浜市は素晴らしいんですよ。 しかし、一番右をご覧ください、横浜市はそれに比べまして107社しかありません。 協力した事業者は12社で、このうち3社は公表を希望しなかった。

次の

【横浜市】カジノを含むIR(統合リゾート)市民向け説明会を実施!開催スケジュールなどの情報をご紹介します!

横浜 カジノ 説明 会 司会

(「えー」など客席から複数の発声続く) はい、はい、後ほどどうぞご質問でお願いいたします。 ご来場お待ちしております。 手をあげていただいて、私たちに提出いただいた。 ただ、横浜市議会はIR誘致の予算案に賛成した自民、公明両党会派が過半数を占めており、条例案の可決は見通せない。 「中立」と自称する元TBSアナウンサーの渡辺真理氏が司会者を担い、進行を務めました。

次の