シータ ミッツ ァイル。 【殿堂構築】シータエモGミッツァイルと《無双と竜機の伝説》

現環境トップシータミッツァイルデッキ解説

シータ ミッツ ァイル

ナンバー撃たないで マグナ2回撃つ選択もあったのでひよったかも。 次の自分のターンのはじめまで、相手は各ターン1度しか、クリーチャーで攻撃もブロックもできない。 が登場した期に確立。 も最近ミッツァイルデッキに採用されることも多く、ジョーカーズ型のシータミッツァイルに入れる事で注目されています。 長所 [ ] クリーチャーを出す方法が全て召喚扱いなので、相手のが実質ただのだけしか持たないと化す。 (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す) 出典: 《ダダダチッコ・ダッチー》は強力な効果を持っていますが、このデッキにはその効果で出せないものも少なくなく、約半分の確率で失敗してしまいます。 言うまでも無く詰めの性能は高く、理想的なフィニッシュの際に相手が通れる抜け道がの革命0トリガーでを持つを引くことと、相手も予め大量展開してを捲り当てること程度しかない。

次の

【シータミッツァイル】デッキの全てがわかるガチ解説

シータ ミッツ ァイル

と指摘はされましたが バルガから捲れる母数増やしたいって言ったら 皆受け入れてくれたのでこのままになってます。 因みに、【赤緑ジョーカーズミッツァイル】は6人使用の使用率6位を記録していた。 そのため、では採用型が台頭した。 この赤単構築は登場当時から考案されていたが、環境で目立った活躍はしないまま、とのによって環境から姿を消した。 つまり、このクリーチャーを召喚する時に破壊対象に選んだクリーチャーの数を参照するため、破壊対象に選ばれたクリーチャーがエスケープやセイバーなどの破壊置換効果、《不死身のブーストグレンオー》などの破壊されない効果などによって破壊することを免れてもきちんとカウントされる。

次の

【ミッツァイル】

シータ ミッツ ァイル

受けも強くメタカードも刺さりづらい【シータミッツァイル】には相変わらず不利が付いてしまいますが《》《》を中心としたGRクリーチャーによる攻撃力の高さは健在です。 赤単バルガは自分の判断ミスで落としてしまったので、本来まだやれたデッキだと思っています。 幸いなどのようにの火力に引っかからないパワーラインのクリーチャーの比率も低くないのでならまだ何とかなるが、などの全体はどうにもならない。 この中継は決闘者ように、新しい殿堂入りとその反対の殿堂解除が書いてあるんです。 少し過剰かも。 vs青緑ジョラゴン このデッキは基本有利に立ち回れます。

次の

【ミッツァイルデッキ】ミッツァイルリペアの2020年優勝デッキレシピ解説|回し方,相性の良いカードを考察

シータ ミッツ ァイル

このデッキとかなり相性のいいカードとなってます。 」収録、 「音奏 プーンギ」 ところで、メタビート的なコンセプトは既に環境に存在している。 強化されたGRクリーチャーたちにより、 《BAKUOOON・ミッツァイル》の召喚はほぼ確実な勝利と同義となりました。 ならばどうするか? そう、それは禁忌のアイデア。 この場合、をコストにして頭数をより多くすることができる。 おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! そして一番使用するのは5枚目の手札を自由に切れる生き物。

次の

【デュエルマスターズ】シータミッツァイルのデッキレシピと簡単な解説 (12月5日更新!)|デネブログ デュエマの速報・環境

シータ ミッツ ァイル

目指すべき終着点は見えていたので。 以下相性に対して記載。 出典: 《ダダダチッコ・ダッチー》の効果で出ると非常においしいパワーカードです。 vs赤白サンマックス 赤白サンマックスは赤単よりも仕掛けるのが遅いため、ブーストが結構間に合います。 中盤までは大型に対する除去ができないため、速い段階で高パワー・高コストのクリーチャーで猛攻を仕掛けるビートダウンにも弱め。

次の

シータミッツァイル概要

シータ ミッツ ァイル

「青黒弱いよこれ。 そこで《》など横展開可能なGRクリーチャーが捲れた場合、たった1枚のカードから合計4体以上のクリーチャーを並べることができ、場にクリーチャーが1匹も居ない状態でも《》の1コスト召喚までたどり着けます。 《キングジャックポットン》は受けではなく単純に手札と場に触れるカード。 No reproduction or republication without written permission. ここから先は有料で「シータミッツァイル調整記 通常 新殿堂対応」になります。 何とも皮肉めいた結果ではありますが、恐らく《》が環境に居座り続ける限りこの構図は変わることはないでしょう。 相手のデッキには、《堕呪ギャプドゥ》が入っているため、SSTケアも忘れずに vsシータミッツァイル ミラー この対面はいかに相手を妨害しながら自分が展開できるかが勝負になります。 GRゾーンは下三桁500を11枚とマリゴルドにすればもう何でもいいです。

次の

DMGP9th:TOP8プロフィール

シータ ミッツ ァイル

1つは初動に採用される《ジョラゴン・オーバーロード》の出力を上げるためです。 ただし現状では受けの強力なデッキはそれほど多くないため、フィニッシュそのものを《「本日のラッキーナンバー!」》に頼る型が主流か。 出典: GRクリーチャーたちの活躍で場数を並べたら、それらを破壊して 《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚しましょう。 適切なメタクリーチャーを引けるかわからないというのなら。 そのため、《BAKUOOONミッツァイル》で詰めに行く時は必ず2体以上出してから殴るよつにしましょう。 大会にループが持ち込まれるのは メタゲームの結果だ。

次の

GP64位シータミッツァイル解説|ゴリ|note

シータ ミッツ ァイル

まずはリストです。 ミッツァイルデッキの主流はジョーカーズ採用のミッツァイルデッキで、アドバンテージを稼ぎつつGR召喚を大量に召喚して攻めるというデッキであり『シャッフなどの制限が逆に環境を1強にした皮肉もある』のが特徴です。 候補カード [ ] 防御 1付き 付き このデッキの回し方 [ ] からGR召喚呪文を連打し、次のターンにに繋いでする。 ここでの最強カードは《DROROOONバックラスター》。 最初はハイオリーダを引っこ抜きましょう。 マナアンタップさせなくても勝てる、1枚でも多く《ガチャマリン》積んだ方が強い。 基本的に自分はマグナに執着して、勝てない様では意味無いので、マグナは要らないと思ったら、すぐマナに埋めてます。

次の