レボル タイガー ダブル レイヤー。 MITSUWA TIGER|美津和タイガー

【2019年最新・M球号対応】草野球人必見!!「レボルタイガーイオタダブルレイヤー」

レボル タイガー ダブル レイヤー

その理由はやはり「飛び」。 またダブルレイヤーはトップバランスしかありませんでしたが、こちらはミドルバランスもラインナップされているので、ミドルバランス好きだけどトップ並のヘッドスピードがほしいなら、ワンサイドダブルで決まりですね。 83cmであれば他メーカーと重量的には差があまりなく、使いこなせる方は多いのではないでしょうか。 さらに打面側の特殊ゴムに重量があるので、さらなるスピードアップが見込めます。 ヘッドキャップには「ハイパーウィップ」を搭載しているので、自然とヘッドスピードが上がります。

次の

【2019年最新・M球号対応】草野球人必見!!「レボルタイガーイオタダブルレイヤー」

レボル タイガー ダブル レイヤー

両方ともJグリップを搭載しているので、自分のスイングのクセや直した方がいいところも見つかり、補正できるかもしれません。 引用(quotation): 日本では美津和タイガーが「Jグリップ」という名称でバットに搭載されています。 youtubeでも紹介されていましたが、軽くあてた 「軽打」でも外野まで飛んでいましたが、今回遂に美津和タイガーバットの代名詞とも言える「Jグリップ」と「ハイパーウィップ(HW)」をプラスした「レボルタイガーハイパーウィップダブルレイヤー(HWDL)」が登場します。 これかなり厚いです。 実際に表面のPU部分を指で押してみました。

次の

MITSUWA TIGER|美津和タイガー

レボル タイガー ダブル レイヤー

違和感を感じないようにスイングすると自然とインサイドアウトのスイングとなり、さらにはボールを線でとらえることができる「レベルスイング」ができるようになります。 「軽打」でもすごい飛距離で大人気軟式バットになった「レボルタイガーダブルレイヤー」に遂にスイングスピードが上がる「ハイパーウィップ」と「Jグリップ」が合体。 内側のDOOP COREは反発力もかなりあるので、ボールの変形を抑えつつ飛距離も伸ばせます。 二層目のiotaPUフォームの厚みが8mmと 合計16mmの高反発素材となります。 美津和タイガー「レボルタイガー イオタ ダブルレイヤー」の構造 レボルタイガー イオタ ダブルレイヤーのは大人用とジュニア用があるのですが、構造はどちらも一緒です。 衝撃の吸収と反発性というのは相反することなので、これを両立するのはかなり難しいのですが、実現させているところがスゴイ! 芯材とDOOP COREを装着したイメージがこれです。

次の

美津和タイガー レボルタイガー イオタ ハイパーウィップダブルレイヤー Jグリップ 軟式用FRP製バット トップバランス 84cm MT7HRB10 | BASEBALL PRO SHOP 甲子園|東京小平の野球用品スポーツ用品ショップ

レボル タイガー ダブル レイヤー

前のモデルからの変更はありません。 美津和タイガーがついに本気を出した。 最近のウレタンバットは押してもなかなかへっこまないタイプが多いのですが、イオタダブルレイヤーや力は必要ですが、押せますね。 動画を見ますと、かなり軽く振っているのにもかかわらず、かなりの飛距離を出しています。 ちょっと寄り道! よく勘違いされる場合もあるのですが、レベルスイングは地面とバットが水平になるスイングではありません。

次の

美津和タイガー レボルタイガー イオタ ハイパーウィップダブルレイヤー Jグリップ 軟式用FRP製バット トップバランス 84cm MT7HRB10 | BASEBALL PRO SHOP 甲子園|東京小平の野球用品スポーツ用品ショップ

レボル タイガー ダブル レイヤー

反発係数の異なる素材を合わせることにより、トランポリン効果を生み出し、一層の飛距離UPに繋げることができます。 数量限定での完全限定発売となっておりますので、気になる方はお早めに。 業界初!軟式バットで多重構造はあるけど、高反発(PU)素材の二重構造は初!どんだけ飛ぶか予想不能な美津和タイガー「レボルタイガー イオタ ダブルレイヤー」 2020年新作! 美津和タイガー軟式バット「ハイパーウィップ ダブルレイヤー」 詳細は別記事でご紹介しております。 youtube. スペックを確認すると、ミズノギガキング02の84cmが730g平均。 ビヨンド系のバットはいかにしてボールの変形を抑えるかがポイントです。 正直なところ、スイングは個性がありメジャーの選手などはアッパースイングの方が合っている選手もいますが、長距離のスラッガーにしろ、コンスタントにヒットを打つバッターにしろ、名打者というのはレベルスイングの選手が非常に多いです。

次の

ミツワタイガー イオタダブルレイヤー 入荷

レボル タイガー ダブル レイヤー

「Jグリップ」の構造 Jグリップはアメリカでは「Axe Handle(アックスハンドル)」と呼ばれており、AXE BAT(アックスバット)として使われています。 Engineered from handle to end cap, this bat is proven to give you better bat speed, more barrel control, and explosive pop. さらに一層目のDOOP COREの厚みが8mm。 重いというのはこの「押す力」が強いということになります。 80cmで590g平均ですので、ミズノのジュニア少年用ギガキング(1CJBY133)よりも少し軽いスペックとなります。 投手の球速が上がる中、力負けしないスイングが可能。

次の

3つの飛ばす機能を合体させた「レボルタイガーハイパーウイップダブルレイヤー(HWDL)」。飛ぶ軟式バットの究極に近づいているかも。「ワンサイドダブル」もご紹介

レボル タイガー ダブル レイヤー

バットスイングの基本、リラックスした状態でスイング開始してもヘッドスピードがあがるようにできているので、どこまで飛んでしまうのか予測できないですね。 美津和タイガー 軟式バット ハイパーウィップダブルレイヤー それではハイパーウィップダブルレイヤーのスペックを説明します。 売り切れも心配な軟式バットですので、予約が吉ですね。 なんと反発力の異なる2つの素材を打撃部に重ねた 「ダブルレイヤー」方式のバットが登場しました。 打面側を重くしてスイングスピードをアップさせた「ワンサイドダブル(One side Double)」も見逃せない。

次の