トク する サポート。 ソフトバンク「トクするサポート」がわかる解説!特典適用までの流れ

ソフトバンク「トクするサポート」はお得?48回払いのデメリットと注意点を解説

トク する サポート

そのため、いつごろに機種変更すればよいのかなどしっかり確認したうえで購入するといいでしょう。 そうなると機種変更だけでなく、新規契約などの動きもにぶくなり、事業者としては耐えられない状態になることは目に見えており、各社はそれぞれに知恵を絞って対応を開始しました。 5インチiPad Pro 64GB:43,920円 256GB:52,920円 512GB:64,080円 iPad mini4 34,920円 iPad 第6世代 取扱い無し Lenovo TAB5 12,600円 MediaPad M3 Lite s 10,800円 AQUOS ケータイ3 14,400円 かんたん携帯10 16,560円 DIGNOケータイ2 14,400円 トクするサポートは9,360円のプログラム利用料がかかるので、ケータイのような格安の携帯電話は相性が悪くなっています。 ではでは良いiPhoneライフを。 ソフトバンク機種をドコモ・au・MVNOで使う! たとえば、ドコモに契約中の方が、トクするサポートを利用して機種を購入し、SIMロックを解除してドコモの通信契約で利用する。 2年ごとに最新端末に機種変更できて、端末代金が実質半額になります。 ミニモンスター のいずれかで申し込みをした場合に、申し込みの 翌月から6か月間毎月980円が割引、または「」で申し込んだ場合に1年間毎月使用可能データ容量が1GB増量されるというキャンペーン。

次の

【ソフトバンク】トクするサポートのデメリットとは?プログラム利用料は無料?

トク する サポート

その際、できれば機種は一括購入がお勧めです。 ソフトバンク回線を選択することで、SIMロック解除も不要です。 製造番号(IMEI)を確認できる 製造番号(IMEI)が確認できない端末はトクするサポートの特典を受ける事ができません。 トクするサポートでは最新のiPhone 11シリーズも対象なので、機種変更を検討中の方は必見です! 新規契約、乗り換え、機種変更 の相談をしたい方はこちら ソフトバンクの「トクするサポート」とは? 「トクするサポート」とは? ソフトバンクの「トクするサポート」は、48回割賦で購入できるSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを対象したサービスです。 【疑問】端末割引(値引き)が駄目なのか? そもそもの話、総務省の指針の1つに過剰な端末の値引きの抑制があります。 25ヶ月目~48ヶ月目での 対象のソフトバンクの機種を購入する• ソフトバンクの販売ページではこの「トクするサポート」を適用した分割料金と値引き前の総額が表示されます。 また、端末返却時にスマホが壊れてたりすると最大20,000円の支払いが必要になるので、トクするサポートを利用してスマホを購入する場合には、特に破損・紛失にはご注意を!. 一括・24回・通常の48回払いで機種代金の総額を支払うより、安く購入できますし、1年買い替えオプションで最新スマホにどんどん乗り換えることも可能です。

次の

トクするサポート+

トク する サポート

ドコモの値引き後の値段は50,000円くらいなのでそこまで大きな差ではないですね。 破損している場合は特典の対象外となります。 本プログラムの解約、解除、終了その他理由を問わず、提供条件書に定める場合を除いて、プログラム利用料の返金はいたしません。 (こちらも詳しくは後述します!) トクするサポートの対象機種 対象機種には主な最新機種がほとんど含まれており、iPhone11も対象となっています。 48回払いの内24回支払えば良いので、同じ支払い回数の24回払いや一括払いに比べて機種代金は安くなるので「トクする」訳です。 その後、iPhone返却時から残りの分割分を払わなくてよくなるという値引き方式です。 他には「トクするサポート」でサイト内検索すると出てきます。

次の

ソフトバンク、新端末購入プログラム「トクするサポート+」を3月27日から提供 プログラム利用料なし

トク する サポート

2年後に機種変更する理由は、それが残債免除の条件の1つだからです。 そうなるとソフトバンクユーザー以外の方にはオススメできないと言えますね。 契約する 人数分の現金還元(2台なら2倍)致します。 液晶表示が異常・タッチパネルの動作不良• つまり、トクするサポートに加入しているだけで、 38,640円も安くなるんです! 残債48,000円-利用料9,360円 スマホが高ければ高いほど、支払い不要になる金額も大きくなるのでより一層お得になります。 まとめ(加入するメリット&デメリット) いかがでしたか? トクするサポートに加入するメリットとデメリットをまとめましたので、加入を検討されている方は参考にしてみてください。

次の

「トクするサポート」徹底解説!10月10日に「半額サポート+」から名称変更。旧プログラムとの違いは?

トク する サポート

「トクするサポート」で購入できる機種 iPhone• 後述しているプログラム利用料がかかるので、一時期ソフトバンクがうたっていて「半額」までとはいきませんが、半額に近い金額でスマホを購入する事ができます。 ほぼ 名称変更のみで内容自体に変更はありません。 「安く機種変更したい」「スマホにあまりお金をかけたくない」方にとっては、恩恵が大きいサービスといえるでしょう。 ボタン・カメラ部分に破損・欠損がある• 例えば定価96,000円のスマホを「トクするサポート」で購入した場合、毎月2,000円の端末代の他に、プログラム利用料390円が加算されるため、機種変更までの2年間の総支払額は57,360円になります。 メリットは? 次回機種変更時に端末を返却するのを条件に残りの機種代金の残額が免除されるので、トクするサポートを利用することで次回機種購入時の機種代金の負担を減らすことができる。 電源ボタンが正常に機能しない場合• アップルよりソフトバンクのが15,000円近く高いですね。 AQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gは3月27日に発売する予定。

次の

ソフトバンクの「トクするサポート」はどんな人におすすめ?プログラム内容を検証した結論

トク する サポート

ソフトバンクしか取り扱っていないスマホを格安で入手したい時に活用すれば、 他社ユーザーも機種代金の半額+プログラム利用料で購入可能です。 むしろ、長期で同じスマホを使うユーザー、中古や型落ち機種で妥協できるユーザーにとっては、スマホにかかる料金を大幅に節約できることになるはずです。 ソフトバンク契約中のユーザーが特定の条件を満たせば、100日以内でも受付可能ですが、基本的に分割支払いを組むトクするサポートは、101日目からSIMロック解除できると覚えておきましょう。 壊れてたり無くしたり返せないその時々事情が出るかもしれませんからね。 これらの条件を満たせない場合、残債は免除になりません。

次の

改悪?料金が高くなる?ソフトバンク「トクするサポート(半額サポート+)」で注意すること|iLaboo

トク する サポート

ただし裏を返せば、今後もソフトバンクを使っていくユーザーにとっては大したデメリットにはなりません。 例えば、。 この端末のSIMロックを解除すると、ドコモ・au・格安SIMどこでも端末が使えるようになるのです。 25か月目に買い替えなかった場合でも、48か月目(分割払い終了)まではいつ買い換えてもその月以降の支払いが免除されます。 ソフトバンクで機種購入しないと適用不可• 例:iPhone11 Pro 等。 いくつかの条件があります。

次の