小沢 健二 彗星 歌詞。 小沢健二の歌詞の魅力を風間俊介が熱弁 「これを文学と呼ばずして何と呼ぶ」

小沢健二が「彗星」で1995年と2020年の「今」を歌う理由|柴 那典|note

小沢 健二 彗星 歌詞

まるでその出自を思い出したような、ソリッドな演奏のライブであったことが垣間見れるようで、素敵でした。 絶対に確かなことが今、宇宙というのは確かだなと思って、それをはっきり確固たるものを歌いたいなと思って」と曲に込めた思いを述べる。 小沢健二さん『彗星』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 4kHz|192. もうね、ナナメ上とかいう次元じゃないっすよね。 そして最後のサビでは、その暮らしについて〈なんて素敵なんだろう!〉とし、聴き手に訴えるかのようにリズムも変えている。 IT'S A とても寒い日に 僕ら手を叩き 朝が来る光 分かりあってた! 『彗星』聴きながら号泣しちゃった」「小沢健二さん天才だー。

次の

小沢健二の歌詞の魅力を風間俊介が熱弁 「これを文学と呼ばずして何と呼ぶ」

小沢 健二 彗星 歌詞

まぎれもなく、自分の生活に、日々に、人生にとって、とてつもなく大切なもので大きなものでした。 株式会社ナターシャ. およそ13年ぶりに、オリジナルアルバム「So kakkoii 宇宙」をリリースする小沢さん。 そして「僕は、"1冊の小説を語っている"……そんな感覚で語っています。 そう、CDだって楽しかったんだよ。 その奇跡的な出会いをもって、現実は無条件に肯定され、その偶然的な出会いは宇宙的規模に開かれた奇跡である。 そして時は 2020 全力疾走してきたよね 1995年 冬は長くって寒くて 心凍えそうだったよね だけど少年少女は生まれ 作曲して 録音したりしてる 僕の部屋にも届く 今ここにある この暮らしこそが 宇宙だよと 今も僕は思うよ なんて奇跡なんだと 自分の影法師を踏むように 当たり前のことを 空を横切る彗星のように見てる 2000年代を嘘が覆い イメージの偽装が横行する みんな一緒に騙されてる 笑 だけど幻想はいつも崩れる 真実はだんだんと勝利する 時間ちょっとかかってもね 今ここにある この暮らしでは すべてが起こる 儚い永遠をゆく 波打ち砕ける 真っ暗闇を撃つ 太陽みたいに とても冴えた気持ち グラス高くかかげ 思いっきり祝いたいよね 今遠くにいるあのひとを 時に思い出すよ 笑い声と音楽の青春の日々を 再生する森 満ちる月 続いてゆく街の 空を横切る彗星のように あふれる愛 止まらない泉 はるか遠い昔 湧き出した美しさは ここに 今ここにある この暮らしこそが 宇宙だよと 今も僕は思うよ なんて素敵なんだろうと 澄む闇 点滅する赤い light 脈を打つよ街と 空を横切る彗星のように見てる あふれる愛がやってくる その謎について考えてる 高まる波 近づいてる 感じる. もちろんその時リアルタイムで買い求めた8cmの短冊シングルは今も手元にあります。

次の

彗星 歌詞『小沢健二』

小沢 健二 彗星 歌詞

IT'S A LOVELY LOVELY WAY. あらゆるものがギリギリで偶然的に存在し出会っている。 小沢健二はフリッパーズ・ギター時代から、80年代後半から90年代にかけてずっと、そして消えた後もずっとずっと。 こたにな々 2019年11月8日. 今遠くにいるあのひとを 時に思い出すよ 笑い声と音楽の青春の日々を 再生する森 満ちる月 続いてゆく街の 空を横切る彗星のように ここは小沢健二の1990年代に欠かせなかったスカパラのドラマー、青木さんのことや、当時周りにいたであろう人々のことを思い起こさせます。 このストリングスが奏でられるたびに現在から過去、過去から未来へと時間を飛び回っている。 これを文学と呼ばずして何と呼ぶ!」と力説しました。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

次の

小沢健二「彗星」の楽曲ページ|1008496970|レコチョク

小沢 健二 彗星 歌詞

それはどんどん加速していく「オザケン」を取り巻く熱狂に、自身が漠然とした不安を感じていたからかもしれません。 ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 この曲を聞くと、彼の全ての曲が、言葉が、円を描いて一つの輪の中にあるように見える。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 「〈ダンスフロアー〉の歌詞から始まり、力の抜けた感じ。

次の

小沢健二が「彗星」で1995年と2020年の「今」を歌う理由|柴 那典|note

小沢 健二 彗星 歌詞

TEXT 岡倉綾子. 彗星 [4:05] (作詞・作曲:小沢健二) や、大人数によるを主体としたとが融合された楽曲。 それから間もなく表舞台から姿を消した小沢健二が、2017年に音楽活動を再開し、満を持してのリリースしたのがアルバム『So kakkoii 宇宙』。 いろいろ分からないじゃないですか。 小沢健二は「人々の生活は宇宙の縮図だ」と考えているのかもしれませんね。 いや、むしろこの曲の持つ1995年から2020年のその間の時空間を自由に行き来するような魅力をより際立たせることが、起きます。 「あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。

次の

ラブリー 小沢健二 歌詞情報

小沢 健二 彗星 歌詞

CAN'T YOU SEE THE WAY? その様をどこか空を横切る彗星のように見ている。 海外でのフィールドワークを経験した小沢健二は「平凡な暮らし」がいかに恵まれているかを理解しているはず。 この曲が印象的なのは、「2020年」「1995年」「2000年代」と現在と過去を行き来していることだ。 自らの手におえない何かではなく、そのすぐ近くにある全てこそが「宇宙」であるということ。 前年夏に「ジュリアナ東京」が閉店した。 そして今回の、13年ぶりとなるオリジナルアルバム『So kakkoii 宇宙』の発表。

次の

彗星 (小沢健二の曲)

小沢 健二 彗星 歌詞

株式会社ナターシャ. この1995年の小沢は最強だった、とも言えます。 様々なライターの方が、興奮と共にこの楽曲について書いていたので、思いっきり参考にさせて頂きますが、この詞に出てくる1995年の冬は、そしてと、世が大きく混沌の中に飲まれていた時代であり、小沢氏としては、「強い気持ち、強い愛」がリリースされた年のようです。 小沢健二の「全肯定」の思想であると。 宮室信洋(メディア評論家) *** は年末にかけて「彗星」という曲を引っさげて活動していた。 楽しみを超えて、聞いてしまうのが恐ろしくすらありますな。 小沢の恐ろしいところは、そのプリーチャーとシンガーとを兼ねてるってとこ。 4分程のポップソングが世界を塗り替えるように感じる。

次の