ドロップ ダウン 解除。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方:Word(ワード)2010基本講座

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を解除/削除する

ドロップ ダウン 解除

プルダウンリストに表示させたいデータを選択します• 「データの入力規則」ウィンドウの「すべてクリア」ボタンをクリックして選択する• Delete Next c End Sub 前述のようにセルを範囲指定して、実行します。 「コンテンツ コントロールの削除不可」の設定も可能です• プルダウンリストを設定したい範囲を選択します• 操作を繰り返すたびに 1 つずつ入力します。 「なぁんだ。 こちらの記事もご覧ください。 「すべてクリア」とあるので押すとドロップダウンリストを削除することができます。 ただし、リスト以外の項目(たとえば『100,200,300』と入力した場合)は100・200・300以外の文字をそのセルに入力できなくなるので注意してください。

次の

【決定版】エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を設定・解除する方法

ドロップ ダウン 解除

ここではsheet1にあるC2セルをドロップダウンリストにします。 それならばと、ファイル形式を旧オフィス(Microsoft Excel 97-Excel 2003)形式からExcel2007形式に変えて保存してみたところ、無事にドロップダウンリストが表示されるようになった。 こちらの方法を使用すると候補値を変更する場合、セルの値を変更するだけで候補値の変更が可能です。 エクセルで絞込み選択できるドロップダウンリストを作成できます ドロップダウンリストで入力するとミスが防げ、データが分かりやすく、時間短縮にもなります。 その列ごと削除すると、小さい(コメントが入力されているときの赤い表示くらいの大きさ) 灰色の点が残るので、その列の左右1列ずつ、計3列を削除しないと完全には消えません。 「データツール」グループにある「データの入力規則」をクリックして選択する 「データ」タブをクリックしたら 「データツール」グループにある 「データの入力規則」をクリックして 選択しましょう。 「 塗りつぶし」タブでセルの色となる色を選択し、「 OK」ボタンを押してください。

次の

【決定版】エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を設定・解除する方法

ドロップ ダウン 解除

プルダウンリストを削除(解除)するセルをドラッグして選ぶ• プルダウンリスト以外の入力規則も合わせて一気に解除 プルダウンリストを解除したい範囲に、入力時メッセージや、など、プルダウンリスト以外の入力規則も設定されていて、それらも合わせて一気に解除したい場合、 プルダウンリストを解除したいセル範囲を。 セルを選択する画面が出るので選択肢のセルを囲っていきます。 シート名の変更 一番下の「Sheet〇」など、シート名の上でダブルクリックすると文字入力が可能に なる リストを入力。 「データの入力規則」ダイアログボックスが出てきた。 右クリックで「削除」をクリックしても削除できます。 (これもドロップダウンリストだね) 右側の「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認。 プロパティ ダイアログでタイトルやタグなどの設定ができます。

次の

エクセルでプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの方法|ちあきめもblog

ドロップ ダウン 解除

エクセルのワークシートで「入力規則」を設定しているのに「ドロップダウンリスト」が出なくなってしまったらしい。 候補値以外の入力を許可する方法 候補値を設定しても、例外として候補値以外を入力したい場合に、エラーが表示されて入力できないという場合は、エラーメッセージを非表示にしましょう。 立ち上がった「 新しい書式ルール」でルールの種類を「 数式を使用して、書式設定するセルを決定する」を選択し、ルールの内容を編集します。 下図は参考です。 2.「A2:A10」に貼り付けます。 Alertstyle 省略可能 入力規則でのエラースタイルを指定する事が出来ます。 更に項目が出てきますので、ここでも「データの入力規則」を選択します。

次の

【Excel】ドロップダウンリストを設定する(追加・削除)

ドロップ ダウン 解除

ダイアログボックス左下の[すべてクリア]ボタンをクリックすると、ダイアログボックス内の入力規則の設定が、他のタブにある設定も含めて、すべて規定値に戻ります。 プルダウンリストを解除するやり方 それでは始めていきましょう! プルダウンリストを解除したいセル範囲をドラッグして選択する まずはプルダウンリストを 解除したいセル範囲を ドラッグして 選択しましょう。 フォーム左下にある「 すべてクリア」を選択します。 エクセルでドロップダウンリストを作る際に参考にしてみてください。 同じシートには作りたくない場合は、 別のシートに記載してもOKです。

次の

Excelでプルダウン!状況別ドロップダウンリストの作り方

ドロップ ダウン 解除

ドロップダウンリストに登録した表示名と値が設定されました。 プルダウンリストを解除することは できましたでしょうか? プルダウンリストを解除するには 「データ」タブの入力規則機能で できます。 入力できないわけではないですが、リストに何があるのかわかりづらかったりして、管理しづらいです。 入力が終わりましたら、OKボタンを押して完了です。 つぎに、メニューバーのデータをクリックしてその中にある『入力規則』をクリックしてください。

次の

【Excel VBA入門】ドロップダウンリストの作り方。複数リストの連動方法も解説

ドロップ ダウン 解除

そしてOKをクリックすれば、選択したセルにプルダウンメニューが表示され、そこから選ぶことができます。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックし、[数式] と [書式] を入力して [OK] をクリックします。 3.リボンの[データ]~データツールグループの[データの入力規則]をクリックします。 デザインモードを解除すると、下図のように変わりました。 sheet1を開き、ドロップダウンリストをクリックすると、事前に設定した都道府県のリスト項目が選択できるようになりましたね。 「データの入力規則」ダイアログボックスが開きます。 つぎに、メニューバーのデータをクリックしてその中にある『入力規則』をクリックしてください。

次の

【エクセル2013】プルダウンリストを解除するには?

ドロップ ダウン 解除

Row 'ワークシート「項目マスター」のC列 補助科目 の最終行を取得 With ws01. ウィンドウ枠の固定 …[表示]タブ-[ウィンドウ]グループ• 上記のように、開く際にブックを修復することで解決する場合があります。 次の2点も原因となる場合がありますので、設定があるかを確認し、一度解除してみてください。 ただし、ちょっとコツがあります。 ドロップダウンリストに項目を追加する ドロップダウンリストを作成したけれど、あとから ドロップダウンリストに項目を追加したい場合もあります。 「データ」タブをクリックして選択する 解除したいセル範囲を選択したら 次に 「データ」タブをクリックして 選択してください。

次の