ヨシムラ カタナ。 スズキ GSX1100S プロが造るカスタム

カタナが原付にも!? スズキ GAG(ギャグ)をカタナ風にアレンジ!【GAGATANA(ギャガタナ)】|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

ヨシムラ カタナ

「MINI-KATANA(ミニカタナ)」にはシートの長さが異なる「8インチ用」と「10インチ用」があった。 写真は10インチ用。 新型KATANA発売から4カ月、各部品メーカーから様々なパーツが続々と発売されており、新たなカスタムの楽しさが今後広がりそうです。 でも、現代技術をもってすれば、かなりの部分を解決できる。 強度が違うわけだ。 永くご愛用頂くためにクシタニでは修理から再染色 など各種アフターサービスをご利用いただけます• 低いカム山で、バルブリフト量を稼ぎながらヘッドをコンパクトにしようという狙いなんだけど、面圧が高くなってカジる。 Others• これはヨシムラがレースで使用しているGSX-Rと基本構造は同じであり、そのレーシーなサウンドはもちろん、パフォーマンス的にもレーシングサイレンサーとほぼ同等のパワー曲線を描くほどの高性能ぶりを見せるという。

次の

スズキ GSX1100S プロが造るカスタム

ヨシムラ カタナ

これぞカタナだと。 今ナンバーが付いている位置は、フルボトムした時でも当たらない且つ横から見た時にスタイリッシュな位置です。 (文:中村浩史) 『』では、6ページにわたり、この1135Rの特集をしています。 1986年(昭和61年)に発売された、原付レーサーレプリカの元祖「スズキ GAG(ギャグ)」。 新型カタナの登場で再び脚光を浴びる、旧型のカタナ(GSX1100S)たち。 About• フリクションロスを低減し、耐久性も上がる 4バルブを動かすカム、ロッカーアームまわりの動弁系のレバー比も良くなかった。 マフラーは、大排気量車に人気のカーカー製。

次の

ヨシムラ第2の集合管「ヨシムラ・サイクロン」

ヨシムラ カタナ

「カタナのスーパーバイクで最初に出たのがカム山のカジり。 これまでにも多くの名車と呼ばれるマシンを次々と世に送り出してきた。 50-17 で、チェーンラインなどを最適化した ステップまわりのパーツと色見本。 とにかく1135Rはファクトリーマシン並みのハンドメイドだった。 これが1135Rが開発される事になった経緯。

次の

ヨシムラカタナ・市販予定のセパハン仕様はこれが完成型か!?

ヨシムラ カタナ

限定5台だけ製作された1135Rは、たとえばベ ースモデルをもっと多く確保していても、これ以上の台数を製作するのは難しかっただろう、と言えるほどの仕上がりだ。 4ccとなることに由来する。 けれども、各部の熱強度が足りず、焼き付いたりカジったり・・・・・・。 ヨシムラ仕様の新型KATANAに装着されたセパレートハンドルやフェンダーレスKITなど注目のパーツについてヨシムラ 国内営推進部 鈴岡幹也さんにお聞きしました。 ST-1にレートの高いバルブスプリングを合わせると、面圧が高くなってカジりやすくなる。 レースアーカイブズ• 写真はヨシムラがプロデュースしたGSX1100Sカタナ改。 ライダーはウエス・クーリー で、未勝利に終わった。

次の

製品概要

ヨシムラ カタナ

なお、とくに断りがない限り、本コーナーの時系列は記事製作当時に準拠しており、名称や価格などもそれ自体に歴史的な意義があると判断し、可能な限り記事そのままとしていることをご了解いただきたい。 当然ながらヨシムラの耳にも入ったんですが当時ヨシムラは前年に発表した隼のコンプリートマシンX1で手一杯でカタナまで手が回らない状況だった。 FRP製カウルや本格派ツートンシートの外装パーツでカスタマイズされた、GAGベースの「GAGATANA(ギャガタナ)」 スズキGAGベースの「GAGATANA(ギャガタナ)」。 Others• この新作タンクはカタナ/1135Rのそれと同じようにカウルとの合わせラインもまったく違和感がなく作られた(これは同店・平田さんの見識で、ラインずれで試作1個目は没)上に、1135Rのブラックとカーボン地を生かしたサイドワインダーズによるペイントも施される。 「鍛造化と同時に、ピストン裏をオイルで冷やすジェットも付けた。 そのパフォーマンスは明らかに他車を圧倒するものだった 独自の理論にもとづき開発された第2の集合管 そんなパーツメーカーとしてのヨシムラのこだわりが随所に見られるパーツの一つが今回紹介する『ヨシムラ・サイクロン』だ。 KATANAミーティングでお披露目されたセパレートハンドルKITは、プロトタイプで実際の製品はまだ先となりそうです。

次の

カタナが原付にも!? スズキ GAG(ギャグ)をカタナ風にアレンジ!【GAGATANA(ギャガタナ)】|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

ヨシムラ カタナ

4気筒エンジンの歴史を変えた『集合管』 パーツメーカーとしてはもちろん、1954年の創業以来、つねに国内のレースシーンをリードし、トップコンストラクターとしての地位を守り続けてきた『ヨシムラジャパン』。 一方、エンジンはまだまだ手が入る余地を残したST-1仕様といえる内容ながら、それでも優に150psを超えているという。 4kgも軽い197. Muffler• そこには先代のポップ吉村の時代から受け継がれる、マフラー製造における『造りと性能へのこだわり』はそのままに、あくまで時代のニーズに合わせて環境を考慮した高性能・高品質の車検対応マフラーを生産するパーツメーカーとしてのプライド、堅実な姿勢が垣間見られるようである。 ベースはファイナルエディションで、車体もエンジンもヨシムラがすべて手を入れた。 吉村不二雄氏がレギュレーション作りに大きく関与した、市販車改造のスーパーバイク・プロダクションレースに参戦し始めたころだった。 潤滑用でしょう」(不二雄) そしてカムは、'01年市販された1135Rの時点で見直され、Z用に続いて中空カムも市販された。 GS系2バルブから4バルブになり、パワーは出た。

次の